どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションをはじめると、聞いたことがない言葉をよく耳にします。

 

「ダイバージェンス」もその中の一つで、海にでも潜りそうな名前ですが、為替でインジケーターの状況を表す言葉として使用されています。

 

 

今回はこの「ダイバージェンスをバイナリーオプションでどう取り入れるのか?」について、解説していきます。

 

ダイバージェンスとは何か?

 

ダイバージェンスとは、「ローソク足とオシレーター系のインジケーターが逆に表わている状況のことをいいます。

 

 

オシレーター系のインジケーターには「RSI」「DMI」「ストキャスティクス」「MACD」などがあり、どれも画面の下に表示されるものです。

 

ダイバージェンスの概要

ローソク足は順調に上昇しており、たまにちょっと下降しながら高値を更新しているにも関わらず、オシレーター系では高値を更新せず下がっている状況が起こるわけですが、これを「ダイバージェンス」と言い、相場の反転を示唆しています。つまり、「この状況が表れたらそろそろ反転するので逆張りでエントリーするのが良いのでは?」という考えが起きるのです。

 

 

ラインを引くととても分かりやすいのですが、バイナリーオプションで初めて為替チャートをみた方には、このラインの引き方がいまいち分からなくなり、そこで挫折する方も多く居るはずです。

 

もし、そのような状況でしたら「ZIGZAG」というインジケーターがありますので、ラインを引くための手助けとして活用してみてください。

 

ヒドゥンダイバージェンスとは何か?

 

次に、「ヒドゥンダイバージェンス」ですが、先ほどの状況をもう一度おさらいします。

 

ダイバージェンスは、ローソク足が高値を更新しているのにオシレーター系は下降と説明しましたが・・・

 

ヒドゥンダイバージェンスについて

ヒドゥンダイバージェンスでは、ローソク足は上昇をしながらも下降を繰り返していますが、最低値を更新していないにも関わらず、オシレーター系では下降値を更新している状況なのです。全体的の相場の状況は変わりませんが、ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスでは、注目する点が変わっているのを理解しましょう。

 

この状況は、トレンドの継続を示唆しており順張りでエントリーするのが得策となります。

 

ダイバージェンスを利用すれば勝率は上がるのか?

 

ダイバージェンスを参考資料として利用すれば、勝率は上がります。

 

注意点

ただし、あくまでダイバージェンスは、そろそろトレンドが終了する示唆をしているので、短期決戦のバイナリーオプションでは、これだけでエントリーを決めるのは危ない賭けとなります。私の見解になりますが、ダイバージェンスはFXのように長時間できるものに対しては情報の一つとして強さを発揮しますが、ダイバージェンスが出現したからと言って、すぐに反転しない事も多々あり、バイナリーオプションでの活用は難しいです。

 

 

ただ、転売機能を利用する目安になる事は確かなので、エントリーポイントを探すよりも、利益を得るための転売ポイントとして利用することをお勧めします。

 

 

逆にヒドゥンダイバージェンスの方がバイナリーオプションでは有効です。

順張りで活用することになりますが、こちらの方がバイナリーオプション向きとなっています。

 

ダイバージェンスを利用した攻略法とは?

 

先ほどもお話ししたとおり、ダイバージェンスは転売機能で利用することをお勧めします。

 

 

ダイバージェンスは反転を示唆しているので、もし5分取引をしている時に、2分が経過してダイバージェンスが現れた際には、すぐにでも転売機能を使用できるようマウスを離してはいけません

 

利益をが出ている状況であれば、すぐにでも転売し、「のこり時間が1分だから大丈夫だろう」と、転売を実行しなければ、最終的に負けてしまうことが多々ありますので、出来るだけリスクを回避するようにしましょう。

 

ダイバージェンスに関するまとめ

 

「ダイバージェンスの見方は難しい!」と、毛嫌いされる方もいますが、FXをやられている方ならば注目されているポイントなのです。

 

為替チャートはバイナリーオプションでエントリーしたからといって、動きに影響を与えません。FX等を行っている投資家の集団心理で動いているのです。

 

その人たちが利用しているダイバージェンスは、知識として入れておくだけで利益を上げることが出来る方法です。

 

 

また、ローソク足の上昇とオシレーター系の下降状況は同じです。

 

ダイバージェンス

ローソク足が直近の高値を更新しているのに、オシレーター系が下降状況、つまりローソク足の高値に注目、この状況ではトレンドの終了を示唆し、もしエントリーをしているのならば転売を考えるようにしましょう。あくまでもエントリーポイントではありません。

 

ヒドゥンダイバージェンス

ローソク足は全体的に上昇していますが、オシレーター系は直近の下降値を更新、つまりオシレーター系の下降値に注目、この状況ではトレンドの継続を示唆し、順張りでエントリーすることを考えましょう。ローソク足が上昇しているので、ローでエントリーしている方はいないと思いますが、もし5分取引でローエントリーをしていた場合は、転売機能を使用することをお勧めします。

 

初めてこの2つの状況が理解できた際、自分も為替相場が分かってきたと自信が持てる時です。

 

ダイバージェンスを利用して、勝率を上げるという考えではなく、負けないために利用すると考えるのが良いかもしれません。

 

 

「ダイバージェンス」を活用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

 

 

ダイバージェンスは、ローソク足とオシレーター系のインジケーターが逆に表れている状況のこと、つまりは相場の反転を示すものですので、タイミングを見計らって、逆張りでエントリーをしていくのが効果的な使い方なわけです。が・・・

 

 

ただですね、実際にダイバージェンスを活用してエントリーしようとしたとしても、多くの人が失敗してしまうというのが現実です。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ダイバージェンスを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ダイバージェンスでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ダイバージェンスだけでなく、パーフェクトオーダー、それから移動平均線やボリンジャーバンドといったインジケーターを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出してくれるサインインジケーター「Mixsign」を利用し始めたわけですが・・・・

 

勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

①サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

この時に私は、「ダイバージェンスを活用する際に、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができる「Mixsign」を利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ダイバージェンスを活用する際には、「Mixsign」インジケーターを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「Mixsign」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

サインインジケーター①「Mixsign」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事