レンジブレイクをバイナリー取引で攻略する手法を解説!使うべきインジケーターも紹介!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

今回は、「レンジブレイク」について紹介していきたいと思います。

 

逆張りトレードをしている人は、あまり聞かない言葉だと思います。

 

ですが、相場の分析において、「レンジブレイク」は知っておかなくてはいけない需要な役割を果たします。

 

そこで!

今回は、「レンジブレイクをバイナリー取引で攻略するための手法」について、より具体的に紹介しておりますので、ぜひ読んでみてください。

 

レンジブレイクとは?

 

 

レンジブレイクとは、レンジ相場の高値(レジスタンスライン)や、安値(サポートライン)で反発せずに突き抜けることです。

(「ブレイクアウト」とも言います。)

 

相場は「8割がレンジ相場」、「2割がトレンド相場」だと言われています。

 

 

相場の動きについて

相場の主な動き方は、「レンジ→レンジブレイク→トレンド」と動くことが多いです。

そのため、レンジブレイクは1つのトレンド転換点にもなりとても重要な役割を果たしています。

 

バイナリーではレンジ相場でメインで取引されている方が多く、レンジブレイク、トレンド相場は危険とされています。

 

 

レンジブレイクやトレンド相場は、FXでよく使われます。

ですが、バイナリーでも取引できなくはありません。

使い方次第では、うまく使っていけます。

 

レンジブレイクを攻略する際に使うべきインジケーターとは?

 

 

レンジブレイクをを利用する前に

レンジブレイクを使う際、まずはレンジの「レジスタンスライン」、「サポートラインにライン」を引く必要があります。

初心者の方は、どこがレンジの高値になるのか、安値になるかがわからないと思うので、自動でレジスタンスライン、サポートラインを引いてくれるインジケーターを使うといいです。

 

 

ダマしを回避するためには?

また、レンジブレイクの時の「ダマシ」を回避するために、オシレーター系のインジケーターを使うといいと思います。

たまに、レンジブレイクで上に抜けたのに、オシレーターのインジケーターを見てみると、買われすぎ水準だったということもあります。

レンジブレイクだけでは判断できないことも、オシレーター系のインジケーターを組み合わせてみることで、ダマシに遭う確率を下げることができます。

 

オシレーター系のインジケーターは「RSI」や「MACD」をはじめ、いろいろあるので、自分が使いやすいインジケーターを使ってみると良いでしょう。

 

レンジブレイクを攻略する具体的なバイナリー取引手法とは?

 

 

レンジブレイクは、基本的にFXでよく使われています。

なぜかというと、順張りトレードに向いているからです。

 

レンジブレイクしたということは、トレンドの形成され始める可能性が高いということです。

そのため、ブレイクした方向に大きく動きやすいので、そこで順張りします。

バイナリーでも順張りトレードなら使っていけます。

 

 

レンジブレイクを攻略する手法について

具体的なトレード方法は、まずレンジ相場のサポートライン、レジスタンスラインを引きます。

そのラインに来るまでひたすら待ちます。

少しでもラインを抜けたらエントリーします。

また、「レンジ期間がどのくらい長いのか?」についても重要です。

レンジ期間が長いほど、レンジブレイクした時のパワーが強くなります。

パワーが強くなるというのは、強いトレンドになるということです。

そのため、FXでもバイナリーでも大きくpipsを抜きたい場合は、レンジ期間が長い通貨を選ぶと良いでしょう。

 

 

レンジブレイクを逆張りする場合

レンジブレイクを逆張りでトレードしたい方は、1回ブレイクしてから1回戻ってきたときに、逆張りでエントリーする方法です。

例えば、レジスタンスラインを上にブレイクすると、そのレジスタンスラインはサポートラインに変わります。

そのため、レジスタンスラインをブレイクして下に戻ってきてラインにタッチしたらHighでエントリー」します。

逆にいうと、サポートラインを下にブレイクすると、そのサポートラインはレジスタンスラインに変わるので、サポートラインをブレイクして上に戻ってきてラインにタッチしたらLowエントリー」します。

 

バイナリー取引でレンジブレイクを狙う際の注意点とは?

 

レンジブレイクを狙う際に注意しなくてはいけない点があります。

それは「ダマシ」です。

 

インジケーターでもよくダマシに逢いますが、レンジブレイクでもよく「ダマシ」に逢います。

(※ダマシとは、ラインをブレイクしたと見せかけて再び戻ってくることです。)

 

レンジブレイクしたときにすぐにエントリーしてしまい、ダマシに遭ってしまうと、当然負けてしまいます。

 

ダマシを回避するためには?

ダマシに遭うことを避けるためには、上記の章で紹介したインジケーターを組み合わせることも一つの方法ですし、1回目のレンジブレイクの時はエントリーしないというのも一つの方法だと思います。

1回目のレンジブレイクは入らず、2回目のブレイクでエントリーするようにするとダマシに遭う確率は下がると思います。

 

レンジブレイクに関するまとめ

 

さて、今回は「レンジブレイク」について紹介してきました。

 

FXトレーダーはレンジブレイクを注目して見ていますが、バイナリートレーダーはあまり注目していないポイントだと思います。

ですが、バイナリートレーダーもレンジブレイクを注目して見るべきなんです。

 

相場の分析力を身に付けるには?

レンジとトレンドの転換点はレンジブレイクなので、その点に注目していると、相場を分析する力がつきます。

その転換点がわかるようになると、危険な相場がすぐにわかると思います。

そのため、FXトレーダーやバイナリートレーダー関係なく、レンジブレイクに注目しておくことが大切です。

 

ぜひ、一度見てみてください。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事