どうもインベスターS.Tです。

 

肉体労働をしている人の中には、「今の仕事は何歳まで続けることができるのかな〜?」、「肉体労働を続けることは危険なのかな〜?」などと、不安に思っている人がいるかと思います。

 

私自身も、過去に肉体労働をしていた身でしたが、その時は何かと不安が募っていましたね。

 

 

しかし、私は肉体労働の仕事を辞めてから、在宅でお金を稼ぐことができる方法を知り、今では何不自由なく生活することができるようになりました。

 

 

そのため、今回は「肉体労働は何歳まで可能なのか?肉体労働を続けることは危険なのか?これからのお金の稼ぎ方とは?」というテーマで、お話していこうと思います。

 

 

肉体労働は何歳まで可能なのか?

 

 

肉体労働は何歳まで続けられるのかな〜?っと不安に思っている人もいるかと思います。

 

そこで私自身が、実際に肉体労働をしている人達からお話を伺い、肉体労働は何歳まで可能なのか?を調査してみました。

 

 

まず1人目の方に聞いてみたところ、肉体労働を65歳まで続けていくのは、非常に厳しいというお話でした。

 

その方は、建築現場で動力機械設備の作業だったり、ガス溶接作業をしている方なのですが、45歳を迎えてから急激に仕事がキツイと感じるようになったそうです。

 

・機械修理の作業は非常に激しい作業になるので、50歳を迎えた頃にはもうできそうにない

・集中力が大幅に低下したと感じるようになったので、危険な作業をすることが怖いと感じるようになった

 

などと、45歳を迎えてから、肉体労働をしていることに対して、不安を感じるようになったそうです。

 

 

この方は、肉体労働を始めてから26年ほど経つとお話していましたが、若い時期は体力と気力が有り余っていたので、辛いと感じることなく、作業することができていました。

 

しかし、45歳を迎えてから、体力が大幅に低下し、腰痛や神経麻痺を起こしてしまい、身体の自由が効かなくなってしまったとのことです。

 

それからこの方は、最近になって今まで勤めていた会社を退職し、別の会社で働き始めようとしているところであります。

 

身体にあまり負担のない肉体労働の仕事を探し始めました。

 

 

しかし・・・・

 

肉体労働の仕事はどれも厳しそうなものばかりで、なかなか希望が通らず、現在も仕事を探しているとのことです。

 

 

肉体労働をしている人の中には、65歳くらいまでは余裕でできるだろうと思っている人もいるでしょうが、45歳でピークを迎えてしまい、その後の仕事を見つけることができずにいる方もいます。

 

 

 

次に、2人目の方にもお話を伺ってみました。

 

2人目の方も同じく、肉体労働を長年されている方で、主に重機物を運ぶ作業をしているとのことでした。

 

若い時期は、身体も元気で、例え病気をしたとしてもすぐに回復できたので、なんの問題もなく仕事をすることができていたそうです。

 

 

しかし・・・・

 

35歳を迎えてから、急激に体力の低下を感じ始め、身体だけでなく頭が回らなくなってきたことによって、仕事の効率が徐々に悪くなっていると感じたそうです。

 

数年前であれば、余裕で運ぶことができたものも、35歳を過ぎてから運ぶのに一苦労するようです。

 

また、頭が働かなくなってきてから、集中力も低下し、作業中に危険な目に遭いそうになったことも何度が起こるようになったとお話されました。

 

 

この方は、今もまだ同じ会社で肉体労働の仕事を続けているそうですが、45歳になった頃には続けられなくなってしまう気がしてならないっと言っていました。

 

 

このように、肉体労働を定年まで続けることは非常に難しいようで、肉体労働の仕事は45歳までが限界であるという回答が多かったです。

 

肉体労働を65歳まで続けることは、不可能であると捉えた方がいいかもしれませんね。

 

肉体労働を続けることは危険?その理由とは?

 

肉体労働の仕事ができるまでは、なんとか続けていきたいと思っている人もいるでしょうが・・・・

 

実際問題、漠然と肉体労働を続けていくことは、この先非常に危険であると言えます。

 

ここからは、肉体労働を続けることが危険な理由について、お話していこうと思います。

 

 

機械化やAIの進展によって肉体労働の仕事がなくなっていくから

 

 

高度度経済成長期の時期というのは、物をたくさん作るために、たくさん工場を建てて、そこで作業をしてくれる人がいることによって、会社というのは利益を上げることができていました。

 

この時期では、細かな作業に関しては、機械に任せるよりも人に任せた方が、効率よく作業を遂行することができたので、肉体労働の仕事はたくさん存在していたようですね。

 

 

しかし・・・・

 

高度経済成長期が過ぎてから、機械やAIの技術が発達したことによって、細かな作業に関しても、機械やAIが行なった方が効率よく遂行できるようにまでなってきたわけです。

 

また、機械やAIを導入した方が、作業の効率が良くなるだけでなく、コストパフォーマンスに関しても、機械やAIを導入した方が良くなるので、人が肉体労働をしなくてもよくなります。

 

 

つまり、肉体労働の仕事は、機械やAIにとって代わられるようになり、人が行う仕事はどんどん無くなっていくことが予想されるわけですね。

 

 

このように、肉体労働の仕事は、機械やAIが作業することになっていくわけですので、肉体労働を続けていれば、最終的に仕事を失ってしまう可能性が高いです。

 

 

肉体労働や単純作業の仕事だけでは生活できなくなるから

 

もう1つ、肉体労働を続けることが危険な理由を挙げるとすれば、肉体労働や単純作業だけでは生活ができなくなってしまう

 

2000年に入ってから、インターネット社会が発達していき、スマートフォンやSNSが誕生していきました。

そしてそれと同時に、物をたくさん作ったとしても、誰も購入しなくなっていき、ものの需要が激減していきました。

 

つまり、そういった時代に突入したことによって、工場をたくさん建てて、作業員を増やしたとしても、利益を増やすことが難しくなることが予想できるわけです。

 

 

肉体労働や単純作業の需要が減っていくことになれば、当然収入も下がっていくことが予想できるので、肉体労働や単純作業をしているだけでは、生活することができなくなってしまう可能性も高いです。

 

 

このことから、肉体労働や単純作業だけをし続けていれば、収入が下がっていく一方で、いずれ生活できなくなってしまう恐れがあります。

 

 

これからの時代におけるお金の稼ぎ方とは?

 

ここまでのお話で、肉体労働を続けていくことは非常に危険であることをお話しました。

 

もちろん、肉体労働を続けることは危険であるわけですが、その他にも会社員として漠然と仕事をすることも、同じように危険であると言えます。

 

これからの時代は、とにかく機械やAIによって、いま存在する仕事は奪われていくに違いありません。

 

 

しかしだからといって、これから先、一体どういった仕事をすれば良いのか?っと疑問に思う人がたくさんいることだと思います。

 

 

その答えについてですが、それは・・・・・

 

機械やAIに奪われない仕事や稼ぎ方をしていくということです。

 

 

肉体労働や単純作業などに関しては、機械やAIの技術が進展することによって、とって代わられてしまう可能性が高いです。

 

 

ですが、例えばですが、ホスピタリティーが必要とされる仕事だったり、その人にしかできないパフォーマンスを披露するような仕事であれば、いくら機械やAIの技術が進展したとしても、とって代われることはないでしょう。

 

このように、機械やAIに奪われない仕事を始めていくことで、仕事ができなくなったり、生活ができなくなるようなことは起こりにくいと言えます。

 

 

在宅にいながら簡単にお金が稼げる方法とは?

 

 

先ほど、機械やAIに奪われにくい仕事をしていくことが重要であるとお話しました。

 

しかし、今からホスピタリティが必要となる仕事だったり、何かしらのパフォーマンスを磨いていくことは、現実的に難しいように思えてしまう人もいるかと思います。

 

確かに、こうした仕事は長年の経験を積んでいかなければ、現実的に稼げるかどうかは不確定であると言えるでしょう。

 

 

ただですね・・・・

 

現時点で、特別なスキルを持っていなくとも、機械やAIにとって代わられず、在宅にいながらでも誰でも始めることができるお金の稼ぎ方があるんですね。

 

その方法についてですが、それは・・・・・

 

「バイナリーオプション」という投資ですね。

 

 

バイナリーオプションとは何か?FXとの違いとは?

 

 

あなたは、バイナリーオプションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

バイナリーオプションというのは、FXと同じように為替取引をすることによって、利益を得ることができる投資になりますね。

 

 

為替取引をする投資と聞きますと、とても危険なイメージを持つ人は多いかと思います。

 

 

ですが、バイナリーオプションはFXと違って、ローリスクローリターンで投資をすることができるんですよね。

 

 

FXの場合は、証拠金を用意する必要がありますので、多額の資金が必要となるわけですが・・・・

バイナリーオプションの場合は、最低1000円からでも為替取引を行うことができます。

 

また、FXであれば、為替の値幅によって、利益と損益が確定していきますので、自分の予想を大幅に外した場合は、取引金額以上の損失をしてしまう可能性があります。

 

しかし、バイナリーオプションであれば、値幅の大きさに関係なく、取引した時点から為替の動きが上がるのか?それとも、下がるのか?を予想すればいいので、予想が外れたとしても取引した分以上の金額を損失することはありませんし、予想が当たった場合は取引金額の2倍近くの利益を得ることができます。

 

 

また、投資をしていく際には、投資の勉強をしなければいけないのでは、っと思っている人もいるでしょうが、難しい勉強をする必要はありません。

 

 

というのも、バイナリーオプションで取引をしていく際には、「インジケーター」という分析ツールを利用することによって、為替の値動きを分析することができるので、知識がなくても大丈夫です。

 

「インジケーター」を利用することに関しても、インジケーターをチャート画面に表示させるだけで、簡単に分析をすることができます。

 

チャートを分析することで、為替の値動きを予測することができるので、高い勝率を誇りながら、利益を得ることが可能になります。

 

 

さらに、バイナリーオプションはFXと違って、ワンクリックで操作することが可能ですので、作業することもほとんどありません。

 

パソコンやスマートフォン、それからインターネット回線が整っている場所であれば、自宅でもどこでも作業することができるので、誰でも簡単に操作することができます。

 

 

バイナリーオプションを始めてみたいと思ったら?

 

 

今回は、肉体労働や単純作業の仕事をし続けることの危険性と、これから時代におけるお金の稼ぎ方についてお話しました。

 

 

肉体労働や単純作業のような仕事は、身体的にも精神的にもいつまで続けることができるかわかりませんですし、定年を迎える前に、仕事ができなくなってしまう恐れがあります。

 

また、機械やAIの進展によって、肉体労働や単純作業の仕事の需要はますます減っていくことが予想できます。

 

 

これからそういった時代に突入していくわけですが、そういった時代でも生活を成り立たせていけるようにするためには、働き方やお金の稼ぎ方を変えていく必要があると言えます。

 

 

特に、今まで特別なスキルを身につけたわけでもなく、肉体労働の仕事を続けてきた人であれば、在宅にいながらでもできる「バイナリーオプション」に挑戦していく必要があると思います。

 

 

私の知人に、肉体労働の仕事を辞めてから、「バイナリーオプション」に挑戦していった人がいますが、インジケーターをしっかりと利用しながら取引をしていったところ、毎月20万円以上の利益を出しながら生活してます。

 

 

バイナリーオプションは、誰でも行えるお金の稼ぎ方ですので、肉体労働の仕事を辞めたいと思っている人は、是非始めていって欲しいと思います。

 

 

また、バイナリーオプションを始める際には、口座開設を行なっていかなければならないのですが、口座開設は「ハイローオーストラリア 」という業者から行うことがベストです。

 

ハイローオーストラリアは、一番操作しやすい取引業者であり、サポート体制も充実していますからね。

 

それから、「インジケーター」を利用するためには、「MT4」という無料ソフトをダウンロードする必要がありますので、是非ダウンロードして、「インジケーター」を駆使しながら取引をしていきましょう。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事