どうもインベスターS.Tです。

 

就活をしている最中の人の中には、就活がうまくいかず、就活を続けることが辛すぎて辞めたい、死にたいと思っている人がいるようです。

 

確かに、なかなか上手くいかない時には、就活を辞めたいと強く思ってしまうものだと思います。

 

しかし、就活を辞めたいと思っても、多くの人は就活を辞めることができず、無理をしてでも続けてしまうようです。

 

そこで、今回は「就活を辞めたいけれど続けてしまう原因と、就活を辞めるための方法」について、お話していこうと思います。

 

 

ここ数年で就活生の自殺が急増している?就活を辞めたいと思う原因とは?

 

新卒採用が始まったのは、明治時代の頃であり、厳密にいうと1875年に、慶應義塾大学の学生が卒業してから三菱入社した頃からですね。

 

その頃から就活システムというのは、長年適用され続けていき、大学を卒業した生徒達を一斉に企業が雇用するスタイルを取り続けてきました。

 

この新卒一括採用という就活システムは、学生側と企業側の両方にメリットがあり、学生はスムーズに企業に就職することができていました。

 

 

しかし・・・・

 

平成19年から平成25年にかけて、なんと就職活動が上手くいかなかったことで、自殺をしてしまった人が約218人もいることが判明したのです。

 

 

 

この原因について考えられることは、平成19年以前と平成19年以降とで、就活状況が変わっていったからだということが考えられます。

 

 

平成19年以前の頃であれば、高度経済成長期の頃ですので、企業側も学生を雇用する余裕があり、ほとんどの就活生が正社員として企業に就職することができていました。

 

しかし、平成19年以降からは、日本の経済が停滞するようになっていき、企業側が学生を雇う余裕がなくなってきたわけですね。

 

そのため、就職活動をしたからといって、100%正社員として企業に就職できるとは限らなくなってしまったのです。

 

 

平成19年以前であれば、就活に失敗する人があまりいなかったので、自殺をしようとする人はほとんどいなかったわけですが・・・

企業側が学生を雇う余裕をなくし出してから、内定をもらえず就職先が見つからない人が増えていったわけです。

 

このことから、内定をもらうことが困難になり始め、自分の将来に対して不安を募らせてしまったことによって、体力的にも精神的にも消耗してしまい、就活生の自殺が増加してしまっているということが言えます。

 

 

就活を続けるのが辛いと思えてしまう要因とは?

 

就活状況というのは、年々変化していっているわけですが、どうして就活を続けることが辛くなってしまうのでしょうか?

 

もちろん、先ほどお話したように、企業側が学生を雇用する余裕をなくしていることによって、就職先が見つけずらくなっていることも要因の1つではありますが・・・・

 

それ以外にも、就活を続けることができなくなってしまう要因があります。

 

 

自分のプライドが高いから

 

自分のプライドが高い人というのは、自分の能力を過信し過ぎてしまうあまり、有名な大企業に自分が就職できるのは当たり前であると思い込んでしまいます。

 

もちろん、自分に対して自信を持つことは大切です。

 

ですが、自分のことが見えなくなり過ぎてしまい、自分の適正までもがわからなくなってしまうことによって、就活が上手くいかなくなってしまうケースが多いです。

 

企業側も、過剰に自信を持っている人よりも、素直でしっかりと指示通りに仕事ができる人を雇いたいと思っています。

 

ですので、プライドを高く持って就活をしていると、内定をもらうことが難しくなってしまいます。

 

特にプライドが高い人は、内定をもらえないことに対して、極度に塞ぎ込んでしまい、自分で自分を追い込んでしまいがちです。

 

そのため、就活が上手くいかなくなってしまうと、自殺願望が生まれやすく、自殺してしまうことがあります。

 

 

 

気が弱く周りを気にし過ぎてしまうから

 

 

就活というのは、大学を卒業する見込みがある人達が一斉に行う活動ですので、周りの学生がどのような状況なのか気になってしまいがちです。

 

また、家族や友達、恋人などの近いし人達から、変にプレッシャーをかけられてしまう状況になりやすいです。

 

 

こうした状況の中で、気が弱く、極度に周りのことが気になってしまう人は、就活に対して大きなプレッシャーを感じやすいです。

 

 

このような人が、一生懸命に就活を続けていても、内定がもらえず就職先を見つけることができなくなってしまうと・・・・

自分を極度に追い込んでしまいがちです。

 

特に、自分の周りの人達は順調に上手くいっているにも関わらず、自分だけ上手くいっていない場合ほど、自分のことを責めてしまいます。

 

そのため、自分のことを責めすぎてしまい、自殺という選択を取ってしまう可能性が高いです。

 

 

就活を辞めたくても辞めることができない理由とは?

 

 

平成19年以降になってから、就活状況が厳しくなっているわけですが、「それなら自殺する前に就活を辞めてしまえばいいのでは?」っと思う人もいるかもしれません。

 

しかし・・・・

 

多くの学生にとって就活というのは、そう簡単に辞めることができないものなんですよね。

 

 

その理由ですが、就活を辞めてしまうことによって、自分の将来が終わってしまうと思っているからです。

 

もちろんですが、就活を辞めてしまうことによって、直接的に死が待っているわけではありません。

 

ですが、今の学生のほとんどは、「就活を辞めてしまえば、自分のキャリアが不安定となってしまい、安定した生活基盤を作ることができず、路頭に迷ってしまう」と思っているのです。

 

 

こうした思い込みは、年功序列の社会が生み出した考え方で、一度レールから外れてしまえば、二度と安定した生活を送ることができなくなってしまうという人生観が、世の中に浸透してしまっているわけですね。

 

 

「就活を辞めて、真っ暗な人生を歩んでいくよりかは、何が何でも就活を続けていきたい」

 

そういった思いが自然と強くなることによって、簡単に就活を辞めることができなくなるわけです。

 

 

それから、先ほどお話したように、日本人学生の多くが周りの目を気にしてしまうので、就活に失敗して、正社員になることができなかった場合、周りから厳しい視線を向けられてしまいます。

 

そのため、周りから認められるようにするためにも、正社員を目指して就活を続ける人が多いわけですね。

 

 

 

これからの時代は就活をするべきではないって本当?

 

就活を辞めることを恐れて、何が何でも正社員になろうと、必死になって就活を続ける学生は多いです。

 

確かに、正社員になることができれば、安定した生活が約束され、周りから暖かい目で見られるようになるので、なんとかして内定を勝ち取りたいと思う人は多いでしょう。

 

 

しかしですね・・・・

 

これから先の時代は、正社員が絶対に安定であるとは限りません。

 

 

なぜなら、経済不況によって、日本の企業全体の利益というのは減少しつつあり、年功序列のシステムが崩壊しているからです。

 

高度経済成長期の頃であれば、日本の経済も好景気で、企業全体の利益は上昇する一方でしたので、一つの会社に長く居続けることができれば、自然と収入も上がっていっていました。

 

 

しかし、少子高齢化に伴い、経済状況が悪化してからは、年功序列のシステムが崩壊していっているので、1つの会社に長く居続けたとしても、収入が増えるわけではありません。

 

 

むしろ、これから先10年、20年と経っていくにつれて、会社からの収入は下がっていくことが予想できます。

 

 

こうした時代において、頑張って就活を続けて内定を勝ち取ることができ、正社員として働くことができたとしても、安定した生活を送ることができなくなる可能性が高いわけです。

 

 

ですので、無理に就活を続けるくらいなら、別の選択肢を見つけて、自分のキャリアを築いていった方が、今後の将来のためになると言えるでしょう。

 

 

就活を辞めることができて誰でも稼ぐことができる方法とは?

 

先ほど、就活を辞めても問題はないというお話をしましたが、「そうはいっても、就活を辞めた後はどのような選択をすればいいのかわからない・・・」っという人もいるでしょう。

 

では、「就活を続けるという選択以外に、どのような選択をすることができるのか?」について、お話していこうと思います。

 

 

今の時代、インターネットが発達したことによって、パソコンやスマートフォンの技術が発達していき、誰とでも気軽に連絡が取れるような時代になりました。

 

 

そして、パソコンやスマートフォンを利用して、個人でお金を稼ぐことも可能になってきたんですね。

 

例えばですが、

・YouTuber

・動画制作

・ライティング

・コピーライター

・プログラミング

・デザイン制作

・インスタグラマー

・ブロガー

・サイト制作

・イラスト制作

 

などなど、個人で稼げる仕事には様々な種類があるんですね。

 

 

こうした仕事は、これからの時代もさらに重宝される仕事になるのですが、なぜ重宝されるのかというと、これからの時代はものではなく、サービスが売れる時代だからですね。

 

 

しかし、こうした仕事というのは、高いスキルが求められますので、ある程度の期間を要さないと、収益として得ることができません。

 

ですので、こうした仕事をすぐに始めることができるのであれば、就活を辞めることはできますが・・・

すぐにできなければ、就活を辞めることは難しいと言えます。

 

 

しかし・・・・

 

実は、そういったスキルがない人でも、パソコンやスマートフォンを利用してお金を稼ぐことができる方法があるんですよね。

 

ではその方法が何かと言いますと、それは・・・・・

 

「バイナリーオプション」というものです。

 

 

バイナリーオプションとは誰でも始められる投資なのか?

 

バイナリーオプションという言葉を耳にして、知っている人もいれば知らない人もいるかと思いますが、

バイナリーオプションというのは、FXと同じように為替の値動きを予測して、投資を行うものですね。

 

 

FXと似たような投資と聞きますと、「なんだか怪しいな〜」っと思う人がたくさんいるかと思います。

 

ですが・・・

 

バイナリーオプションはFXと違って、かなり良心的な投資なんですよね。

 

 

では、なぜ良心的な投資であると言えるのかという・・・・

 

・少額の資金(最低1000円から)でも取引を行うことができるから

・取引金額以上の損失をすることがないから

・為替が「上がる」か「下がる」かの二者択一の投資だから

・「インジケーター」という分析ツールを利用して勝率を上げることができるから

・短時間で取引を完了させることができるから

 

などといったことが挙げられるからですね。

 

 

FXの場合は、証拠金が必要となりますので、多額の資金を用意しなければ、取引していくのは難しいです。また、FXは値幅によって利益額、損失額が確定してきますので、下手に取引をしてしまえば資金額以上の損失をしてしまう恐れがあります。

 

 

ですが、バイナリーオプションであれば、上記でお話したことは起こりません。また、バイナリーオプションはどんなに値幅が大きくなったとしても、利益額と損失額の値は必ず同じですので、資金管理がしやすいです。

 

 

そして、バイナリーオプションはFXと同様に、インジケーターを利用して為替チャートを分析することができますので、勝率を50%以上にすることができれば、それだけ利益を得ることが可能になるわけです。

 

 

バイナリーオプションは誰でも始めることができるとお話しましたが、基本的にパソコンやスマートフォンと通信環境が整っていれば、誰でも始めることができます。

 

操作に関しても、ワンタッチで行えるようにシステムが作られているので、小難しいことはありません。

 

 

このように、何かしらのスキルがなくては、インターネットでお金を稼ぐことは難しいですが、バイナリーオプションであれば、スキルがなくても短時間でお金を稼ぐことができます。

 

 

バイナリーオプションを始めてみようと思ったら?

 

 

2000年に入ってから、就活を続けていくことに苦しんでいる人は大勢いますが、これから先の時代は、会社があてにならない時代に突入していきます。

 

ですので、就活を無理に続ける必要がないですし、周りの目を気にし過ぎていては、返って息苦しい生活を送るハメになってしまいます。

 

 

もしあなたが、就活を辞めてバイナリーオプションでお金を稼いでいきたいと思っているのであれば、始めた方がいいと思います。

 

 

バイナリーオプションでしっかりと自分で稼ぐことができれば、会社に依存せずとも、自由気ままに暮らすことが可能になりますので、まずはバイナリーオプション業者から、口座開設を行なってみましょう。

 

 

因みに、口座開設を行う際には「ハイローオーストラリア」という業者から、口座開設を行なった方がいいですね。

 

 

その理由としては、ハイローオーストラリアが一番操作しやすく、サポート体制がとても充実しているからです。

 

もし、何かしらトラブルが発生したとしても、ハイローオーストラリアであればすぐに対応してくれます。

 

是非、口座開設を行なってみてください。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事