どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションやFXで取引をする際に、インジケーターを利用して取引を行う人が多いかと思います。

 

インジケーターは、エントリーするべきタイミングを計算して導き出されるので、安心して取引を行うために利用している人も多いでしょう。

 

 

インジケーターにも、様々な種類があるわけですが、そん中で特に利用されているインジケーターは「ストキャスティクス」と呼ばれるインジケーターですね。

 

 

ストキャスティクスは、RSIと同じようなオシレーター系のインジケーターなのですが、とても便利に使えるインジケーターとして有名です。

 

 

ただ、「ストキャスティクスを利用したいとは思うが、実際にどう利用すればいいのかわからない…。」っという方もいるかと思います。

 

そのため、ここからは「ストキャスティクスの概要と利用方法」について説明していこうと思います。

 

 

ストキャスティクスとは何か?

 

ストキャスティクスは、ローソク足を表示させたチャートの下に表示されるものですが、いわゆる為替の売られ過ぎと買われ過ぎの状態を数値として表しているインジケーターになります。

 

※オシレーター系のインジケーターですので、ローソク足の動きを数値化させて計算されたインジケーターになります。

 

 

ローソク足の動きとストキャスティクスの動きを見てみると、一見同じような動きをしているように見えるのですが、よく見ると、ローソク足の動きは比較的滑らかになっているにも関わらず、ストキャスティクスの動きは激しくなっているということがあります。

 

 

このような状況は、ローソク足の始値と終値だけを見比べるとそこまで変化しているわけではないのですが、買われている量、あるいは売られている量が多いので、ストキャスティクスの数値も大きく変化しているということが言えるわけですね。

 

 

ストキャスティクスは、他のインジケーターと少し違って、2本の線がセットになって表示されるものです。

 

一般的には、以下の画像のように、一番下にある青い線と赤い線で表示されます。

 

 

 

因みに、青色の線がメインラインとなり、赤い線がサブラインであるシグナルラインとして表示されています。

 

ですので、画像を見るとわかるのですが、青色のメインラインの方が、赤色のシグナルラインよりも常に先をいくような線の引かれ方をしているんですよね。

 

 

ストキャスティクスを利用してエントリーできるポイントとは?

 

 

それから、ストキャスティクスのチャート画面を見てみると、一番右側に数値が表示されているわけですが、これはストキャスティクスを数値化したものの数値になります。

 

ストキャスティクスは0〜100までの間で数値化させて表すことができるわけですが・・・

 

例えば、売られ過ぎの状態が続くとストキャスティクスの数値は、どんどん下がっていきますし、買われ過ぎの状態が続くとストキャスティクスの数値は、どんどん上がっていきます

 

 

一般的に、ストキャスティクスを利用して、エントリーポイントを見極める際には、以下の画像のように、80の数値と20の数値が基準となると言われています。

 

 

 

 

どういうことかというと、ストキャスティクスの数値がどんどん上がっていき、メインライン(青線)が赤枠で囲った80の数値を超えて、なおかつ、シグナルライン(赤線)を下回った時というのは、売られ過ぎの状態が続いて、ストキャスティクスの数値が下がる可能性が高いと予想ができるんですよね。

 

 

逆に言えば、ストキャスティクスの数値がどんどん下がっていき、メインライン(青線)が青枠で囲った20の数値を下回って、なおかつ、シグナルライン(赤線)を上回った時というのは、買われ過ぎの状態が続いて、ストキャスティクスの数値が上がる可能性が高い高いと予想できます。

 

 

 

ストキャスティクスを利用してリスクなく勝率を上げるためには?

 

 

ストキャスティクスを利用して、リスクなく勝つためにはどうすればいいのか?というと、逆張りをするのではなく、順張りしてエントリーすることが重要であると言えます。

 

 

上記の画像を見て頂きたいのですが、ボリンジャーバンドのストキャスティクスを組み合わせた際に、青枠で囲っている場所というのは、ローソク足がボリンジャーバンドの線に触れていてかつ、ストキャスティクスの数値が20以下に差し掛かっているので、逆張りでエントリーを狙おうと考えることもできるのですが・・・

 

青枠のタイミングでエントリーを行なった場合、ストキャスティクスの数値がさらに下がり続けてしまう可能性もあるわけで、バイナリーオプションで取引した場合は、判定時刻の長さによっては、エントリーするべきポイントが少しずれてしまうこともあるわけです。

 

 

ですので、ストキャスティクスを利用してリスクなく勝つためには、ボリンジャーバンドも利用しつつ、ボリンジャーバンドの線にローソク足が触れているかつ、ストキャスティクスの数値が下回り、メインラインがシグナルラインを上回って上昇し始めている瞬間を確認することができた時に、順張りすることですね。

 

 

上記の画像でいうと、赤枠で囲っているところのように、ちょうどボリンジャーバンドの線に触れているかつ、ストキャスティクスのメインラインがシグナルラインを上回って、20の数値を越えようとしているところでエントリーするのがいいと言えますね。

 

 

ストキャスティクスを利用すれば100%勝てるわけではない?インジケーターを利用する際の注意点とは?

 

 

ここまで、ストキャスティクスの内容と利用方法について説明しました。

 

確かに、ストキャスティクスは便利なインジケーターの1つでもあると言えます。

 

 

しかしですね、これからFXやバイナリーオプションで取引をしようとしている方は、ストキャスティクスのようなインジケーターに完全に頼るような取引を行わないようにしてください。

 

 

その理由は、ボリンジャーバンドやストキャスティクスを組み合わせて取引を行うようなやり方では、前のローソク足の動きを把握していないことになるからです

 

 

ボリンジャーバンドやストキャスティクスを表示させる際、期間を設定してチャートに表示させるかと思いますが、期間というのは、ローソク足の区間を示しているものですよね?

 

 

例えば、期間を22に設定した場合、22本分のローソク足のデータからストキャスティクスやボリンジャーバンドの数値が表されるわけですので、本来であれば、設定した期間におけるローソク足の動きも確認しなければならないはずです。

 

 

しかし、実際にストキャスティクスのようなインジケーターを利用している人の多くは、「数値がエントリーすべきタイミングに達したからエントリーする」といったような考え方でエントリーしているので、仮にインジケーターに頼って取引を行い続けていては、いつまでも経っても負けた時の原因がわからずに取引を続けていることになりますよね。

 

 

これって私から言わせると、ギャンブルに近いものを感じます。

 

基本的に、全てのことに言えることですが、負けた原因がわからないものに勝負ごとを続けている場合は、ギャンブルをやっているのと一緒であると思います。

 

 

特にバイナリーオプションは、二者択一のトレードですので、何となく勝てるイメージを抱きやすいですが、なんとなくインジケーターに基づいて取引をするのと、正しいロジックに当てはめながら取引をするのとでは、勝率もだいぶ違ってきます。

 

 

もし、バイナリーオプションで勝ちたい、稼ぎたいと思っているのであれば、インジケーターの数値や目安に頼るのではなく、根拠を述べられるくらい知識とスキルを身につけるように努力した方がいいと言えます。

 

「ストキャスティクス」インジケーターを利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

 

「ストキャスティクス」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもストキャスティクスはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にストキャスティクスだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ストキャスティクスだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ストキャスティクスだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ストキャスティクスだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをストキャスティクスと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①ストキャスティクスとRSIとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「SRC」を利用

②ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示できるインジケーター「Rsi-Sto-View」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、収益を大きく上げることができたんですよね。

 

 

①サインインジケーター「SRC」
「SRC」というインジケーターは、主に逆張りの時に活用できる、オリジナルのサインインジケーターなのですが、設定したパラメータでの勝率を自動計算して表示させてくれるものなので、エントリーサインだけでなく、どのくらい勝っているのかを一目で把握することができる、非常に便利で優れたインジケーターです。
②インジケーター「Rsi-Sto-View」
「Rsi-Sto-View」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターになるのですが、ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示させることができるので、上位足を確認せずとも、ストキャスティクスとRSIの1分足と5分足の数値を、同時に一目で把握できるようになります。 ※MTFというのは、マルチフレーム分析といい、異なる時間足(上位足→下位足)のチャートを確認し、現在の相場状況を把握することで、エントリーポイントを探すといった分析方法です。

 

 

この時に私は、「ストキャスティクスを利用する際は、ストキャスティクスを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

それから私は、RSIを利用していく際には、「SRC」、「Rsi-Sto-View」、の2つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「SRC」、「Rsi-Sto-View」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「SRC」、②「Rsi-Sto-View」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事