ボリンジャーバンドとRCIを組み合わせた攻略手法とは?勝率を上げる秘訣を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

今回は、「ボリンジャーバンド」と「RCI」を組み合わせた攻略手法の解説です。

 

ボリンジャーバンドは聞いたことあるけど、RCIは初めて聞くと言ったトレーダーも多いのはでないでしょうか

以前まではMT4に標準装備されていたRCIですが、現在は消えてしまっているので、知らないトレーダーもいるかもしれません。

 

しかし、RCIは人気のインジケーターですので、MT4の標準装備でなくなった今も、多くのトレーダーが必要としているインジケーターです。

 

今回は、人気がある2つのインジケーターを組み合わせて、勝率を上げていきます。

 

ボリンジャーバンドとRCIを組み合わせるメリットとは?

 

 

「ボリンジャーバンド」と「RCI」を組み合わせるメリットは、勝率が上がるという点です。

 

ボリンジャーバンドは、ほとんどのトレーダーが利用したことのあるインジケーターなので、詳しい説明は不要なはずです。

 

ボリンジャーバンドをだけを利用していると、

σラインが抵抗になるのか

そのままバンドウォークを始めるのか

といった判断が付きにくく見誤ることもよくあります。

 

しかしですね、そのどちらに動くかを見極める手助けをしてくれるのが「RCI」です。

 

組み合わせる最大のメリットとは?

相場がどれほど過熱しているかを測り、それに対し現在が買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのかを判断します。

相性の良い2つの人気のインジケーターを利用することで、勝率が上がることは明白です。

これが、「ボリンジャーバンド」と「RCI」を組み合わせて利用する最大のメリットと言えます。

 

組み合わせる際の各種インジケーターの設定

 

それでは、各種インジケーターの設定方法を解説していきます。

 

ボリンジャーバンドの設定について

 

ボリンジャーバンドの設定は以下の通りです。

・期間…25
・表示移動…0
・偏差…3と2

ボリンジャーバンドは2σと3σの2つを表示させてください。

 

RCIの設定について

 

RCIの設定については、まず無料のダウンロードからはじめます。

検索サイトで調べると、いろいろな種類のRCIが見つかりますので、無料でダウンロードできるものを選んでください。

ダウンロードされたものにより、設定画面の表示が異なります。

 

今回の手法では、パラメーター設定を「9」にしていただければ大丈夫です。

また、見やすくするために、レベル表示で「0.8」と「-0.8」にラインを入れておきましょう。

 

RCIインジケーターは、2本のラインで表示されたり、3本のRCIラインからゴールデンクロスやデッドクロスを利用するものもあり、目移りするかもしれません。

どれも魅力あるRCIインジケーターですが、今回はシンプルなものを利用します。

 

ボリンジャーバンドとRCIを組み合わせた攻略手法とは?

 

 

それでは、ボリンジャーバンドとRCIを組み合わせた攻略手法の解説をしていきます。

 

具体的なエントリーのタイミングについて

エントリーするタイミングは次の通りです。

・ローソク足がボリンジャーバンドの+3σにタッチ
・RCIが、0.8ラインより上の状態
・ローソク足が+3σのラインから離れる
・RCIが0.8ラインを切り、しっかりと下がり始める

ここで3分取引のローエントリーで入ります。

もちろん、ハイエントリーの場合は、これの逆になるので注意してください。

 

大切なポイントは、しっかり上がってからエントリーをすることです。

これを見誤ると勝率も下がってしまいます。

この点は練習が必要かもしれません。

 

ボリンジャーバンドとRCIを利用すれば勝率は何%?

 

 

それでは今回の手法で、どれだけの勝率が上がるかを、過去のチャートから確認をしてみましょう。

大切なのは、しっかりと下がったことが確認できてからエントリーを開始することです

 

勝率を検証してみた結果

赤丸を付けた次のローソク足からエントリーを開始すれば、3分取引で確実に勝利していることが分かります。

ただ、3σに触れること事態がすくないので、2回のチャンスしかなかったですが、勝率は100%という計算です。

もちろんもっと検証をすれば、下がってくると考えられますが、少なくとも65%を切るような攻略法ではありません。

バイナリーオプションで利益を得るための十分な数値と言えます。

 

 

ボリンジャーバンドの逆張りのみの場合だったら?

もし、RCIを利用せずボリンジャーバンドの逆張りだけでエントリーをしていたらどうでしょうか。

ローソク足がバンドウォークを始めていることを見ると、確実に負けることが分かります。

ボリンジャーバンドとRCIを組み合わせることで、この負けを回避することができました。

 

バイナリーオプションは、いかに無駄な取引を減らすかがポイントです

ボリンジャーバンドとRCIを組み合わせることで、それを叶えたと言えます。

 

ボリンジャーバンドとRCIインジケーターに関するまとめ

 

ボリンジャーバンド」も「RCI」も素晴らしいインジケーターです。

特にRCIはMT4から消えたと言えども、いまだに根強い人気を誇るインジケーターとなっています。

 

ただですね、ダマシが起こる可能性があるインジケーターです。

ボリンジャーバンドも、反転するのか、勢いよく伸びるのかの判断は難しいと言えます。

 

組み合わせることで弱点を補える!

しかし2つを組み合わせることで、この弱点を克服ができるのです。

RCIには、まだまだ利用の仕方がたくさんあります

ほかのインジケーターと組み合わせることで、勝率の上がる手法が見つかるかもしれません。

せっかく無料で利用ができるインジケーターなので、使わないのは損です。

 

ボリンジャーバンドとRCIを利用して、今回紹介した手法とは別のものを考えることもできます。

お互いの特性を生かすことができれば、必ず勝率は上がることでしょう

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事