MACDの0ラインを利用したバイナリー取引攻略手法!順張りで勝率を上げる手法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「MACDの0ラインの概要やMT4及びMT5での設定方法、MACDの0ラインを利用した順張りを攻略する方法、この手法を活用して見込める勝率」について説明していきます。

 

順張りを使用した手法を使って取引したい

MACDを使って取引したい

資金的にある程度余裕がある

裁量を鍛えることが出来る手法を使いたい

 

などといった方に、ぜひ呼んでいただきたいです。

 

MACDの0ラインとは?

 

 

MACDの0ラインについて

MACDというインジケーターに表示されている0ラインとは、インジケーターの丁度真ん中に引かれており、トレンドの大きさを表す棒グラフがこれを境にして動く線のことをいいます。

この線よりも下に棒グラフが位置していて、なおかつ棒グラフの長さや範囲が大きければ大きいほど、下降トレンドが強いということを表します。

逆に、この線よりも上に位置していて棒グラフの長さ、及び範囲が広い場合は、強い上昇トレンドであるということを表します。

 

今回紹介する手法は、この0ラインを元にしてエントリーポイントを探し、エントリーを行います。

 

MACDの設定について

 

それでは次に、MACDをMT4、及びMT5で設定する方法について説明していきます。

 

MACDは、MT4およびMT5に既に導入されています。

そのため、インターネットからファイルをコピーし、MT4にダウンロードすることなく導入することが出来ます。

 

MACDの設定手順について

まず、MT4もしくはMT5の画面上にある「挿入」から「インジケータ」を開き、「オシレーター」から「MACD」を選択します。

パラメータはそのままでも大丈夫ですが、人によって合う合わないがありますので、合わないなと感じた場合は期間を少しずつ変えていって、デモトレードで試行してみると良いです。

また、スタイル(色)は何色でも構いませんが、見やすい色の方がエントリーポイントの判別がしやすいので、極力見やすい色で設定してください。

サブウィンドウにMACDが表示されましたら完了です。

 

MACDの0ラインを利用した順張り取引攻略する手法とは?

 

 

MACDには、ヒストグラムと呼ばれる棒グラフと0ラインを上下する線が表示されます。

MACDの0ラインを利用した手法では、この0ラインを跨ぐ線と0ラインを活用します

 

具体的なエントリーポイントについて

まず、MACDの線が0ラインを下から上に抜けた際は、次の足で「ハイエントリー」をします。

逆に、MACDの線が0ラインを上から下に抜けた際は、次の足で「ローエントリー」をします。

つまり、MACDが抜けた方向にエントリーするということです。

 

ただですね、全体的に見て単発勝ちの勝率があまり良くなく、1マーチンでの勝率がとても良いので資金的に余裕のある方にオススメできます。

 

この手法では、逆張りではなく順張りを使用するので、エントリーポイントに自信を持って取引することができ、メンタル管理がよりしやすくなります。

 

ただ、トレンドに有効な手法なので、値動きが少ないレンジ相場にはあまり効果は見られません。

ヒストグラムの範囲が広いものが転換するポイントが理想的なエントリーポイントとなります。

 

範囲が広ければ広いほどトレンドはより大きく、勝率もより良いものとなります。

安定的かつ高勝率を出したいという方は、レンジ相場とトレンド相場の見極めをデモトレードで練習してから取引すると良いです

 

実際に勝率はどれぐらい上がるのか?注意点はあるのか?

 

この手法を活用することによって、勝率は1マーチン制で平均83%ほど出すことが出来ます。

 

トレンドの見極めを入念にし、理想的なエントリーポイントを判別出来るようになれば、85%以上を安定して叩き出すことが出来るようになります。

相場の動きを全体的に把握するためには、デモトレードでMACDの動きと相場の動き方を照らし合わせて、自己分析すると良いです。

 

ただですね、注意点が2つほどあります。

 

1つ目の注意点について

1つ目の注意点は、1マーチン制であることです。

残念ながら単発勝率は他の手法に比べて低く、1マーチンでの勝率が高いです。

そのため、資金的に余裕が無い方にはあまりおすすめ出来ないです。

 

 

2つ目の注意点について

2つ目の注意点は、トレンド相場ではなく、レンジ相場だと極端に勝率が落ちてしまうということです。

トレンド相場はMACDのヒストグラムの大きさ、及び範囲を見ることで簡単に判別することが出来ます。

いきなりリアルトレードするのではなく、デモトレードで場数を踏む必要があります。

 

MACDの0ラインを利用した攻略手法に関するまとめ

 

本記事では、「MACDの0ラインの概要やMACDをMT4及びMT5に導入する方法、MACDの0ラインを活用した順張り手法、この手法を使用して見込める実際の勝率と注意点」について説明しました。

 

MACDと0ラインの概要まとめ

0ラインとは、MACDの真ん中ラインであり、これを境にして棒グラフ(ヒストグラム)が上下に動きます。

これを使って取引する際のエントリー条件は、MACDの線が上から下に0ラインを抜けたら次の足で「ローエントリー」を、下から上に0ラインを抜けたら「ハイエントリー」をします。

ただですね、この手法では順張りを使うのでトレンド相場でなければなりません

値動きが少ないレンジ相場では、勝率が低く出てしまいます。

そのため、大きなトレンド相場を見つけ、エントリー条件に沿って取引する必要があります。

 

トレンドとレンジ相場を判別するには、MACDの棒グラフの範囲が大きいかどうかを確認する必要があります。

範囲が広ければ広いほどトレンドが大きいものとなります。

 

いきなりリアルトレードするのは危険ですので、先にデモトレードで練習しておくと良いです。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事