BullsPower(ブルパワー)インジケーターとは?MT4での使い方や計算式について解説!

 

 

どうもインベスターS.Tです。

 

BullsPowerというインジケーターをご存知でしょうか?

 

 

あまり聞いたことの無いインジケーターですが、相場の勢いを教えてくれるインジケーターとして投資家の間では重宝されています。

 

 

今回はそんな「BullsPowerの使い方や計算式」について詳しく解説していきます。

 

BullsPower(ブルパワー)の概要と特徴

 

他のインジケーター比べるとカッコイイ名前をしてる「BullsPower」ですが、有名な「アレキサンダー・エルダー氏」が開発しました。

 

 

Bullsとは買いPowerは力を表していることから、言葉の意味通り、買いの力を表示してくれるインジケーターとなっています。

 

 

またBearsPower(ベアパワー)と呼ばれるインジケーターもあり、こちらは売りの力を表示してくれるのです。

 

 

相場を動かすのは、投資家の買いという行動と売りという行動で、この勢いとも言える圧力を分かりやすく数値で表してくれるオシレーター系のインジケーターなのです

 

BullsPower(ブルパワー)の計算式について

 

BullsPowerの計算式は、「現在の高値-指数移動平均線」になります。

 

 

指数移動平均線とは?
指数移動平均線とはEMAのこと、価格の平均値から直近の値動きを重視して計算することで、トレンドの発生や転換点等、他の移動平均線よりも素早く反応してくれます。

 

 

通常BullsPowerではこの指数移動平均線の期間を、デフォルト通り「13」と設定し利用される投資家が多くなっているので、できれば同じ数値で設定するようにしましょう

 

 

計算式を確認するとBullsPowerの内容が良く分かりました。

 

現在値の高値と移動平均線が、どれだけ離れているかを表しているインジケーターですので、これであれば、初めての方でも分かりやすく利用しやすいのではないでしょうか。

 

 

相場に関して強気な投資家が増えると、グラフが大きく振れていくというわけですね。

 

BullsPower(ブルパワー)の使い方を解説!

 

 

BullsPowerの見方は簡単で、0ラインより上にグラフがあれば買いの勢いが優勢となり、その長さで勢いの違いが分かります。

 

逆に下にあるときは、売りの勢いが優勢と考えられるのです。

 

 

BullsPowerの大事なポイントとは?
BullsPowerで大事な点は、表示されたローソク足の高値で計算されるということです。
例えば、トンカチと呼ばれる実体が下に短く上ヒゲが長い陰線のローソク足が出現した場合も、BullsPowerのグラフは、買いの勢いが強いことを表示してくれます。
このトンカチがチャートの天井圏で出現すれば、下落転換の可能性を示唆しているもの、いくらBullsPowerで買いの勢いがあるとしても順張りで乗るわけにはいかない、そのような見方をしなければいけません。

 

 

つまりトンカチが出現し、BullsPowerもかなり高いグラフになっているため、「ここから転換するのでは?」という使い方が好ましいという訳です。

 

 

また上昇トレンドを起こしている相場でも、BullsPowerは常に上がり続ける訳ではありません。

 

BullsPowerは常に上がるわけではない?
例えば、陽線が連続で9本出現したとしても、BullsPowerは常に右肩上がりをしているわけではないということです。
BullsPowerが、かなり高い数値から一旦下がったからと言って、下降するという判断を簡単にしてしまうのは危険な考え、そこを理解しているだけで使い方が大分変ります。

 

 

総合すると、BullsPowerを単体で使用するのは難しいということです。

 

 

出現したローソク足の状況やレジスタンスライン、サポートライン、移動平均線などで確認しながらサポートしてもらうといった、使い方が望ましいインジケーターとなっています。

 

BullsPower(ブルパワー)で攻略できるのか?オススメの組み合わせとは?

 

 

「BullsPower」は、他のインジケーターと組み合わせることでその力を発揮してくれます

 

 

 

オススメの組み合わせは、先ほど紹介した「BearsPower」、それから「ボリンジャーバンド」、念のため「移動平均線」を表示させる組み合わせになります。

 

 

「BullsPower」は「BearsPower」と組み合わせることにより、信頼度がアップするインジケーターのため、同時に表示させました。

 

 

 

エントリー手法について
チャート上で、ローソク足がボリンジャーバンドの+2σにバンドウォーク、移動平均線も右肩上がりになっているので上昇トレンドを確認、BullsPowerとBearsPowerが0ラインより上にあるタイミングで、順張りにハイエントリーを5分取引でおこないます。
エントリー途中でBullsPowerがあまりにも大きく上に上げた場合は、転売機能を使用し利益を得て、その後ローソク足が移動平均線より下に行かなければ、連続してハイエントリーを行っていくという手法になります。

 

 

利益は十分に出せるはずなので、まずはデモ取引で試してみてください。

 

BullsPower(ブルパワー)に関するまとめ

 

計算式から見たBullsPowerの内容はとても分かりやすいものでした。

 

ただ、単純に上にあるから上昇トレンドだと決めつけることができないのが「BullsPower」です。

 

 

BullsPowerの力を利用するのならば、まずはMT4に表示し自分の目で過去のチャートをよく見るのが大切かもしれません。

 

 

それにより計算式で学んだことがより深く理解できますし、他のインジケーターのサポート役として活用する意味が分かっていくはずです。

 

 

主役にはなれないけど大切な登場キャラクター。

BullsPowerにはそんな魅力が詰まっています。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事