どうもインベスターS.Tです。

 

為替を分析するには様々なインジケーターが存在しています。

 

 

その中で、「GMMAインジケーター」というのをご存知でしょうか?

 

チャートに表示させると、幾つものラインから形成されていることから、状況に応じては非常に奇麗なライン構成となることもあるインジケーターです。

 

 

今回は、「GMMAインジケーターの使い方や、オススメの組み合わせ方法」を解説させていただきます。

 

GMMAインジケーターとは何か?

 

 

GMMAインジケーターは、相場のトレンド状況やその強弱を判断するために利用するインジケーターとなっています。

 

開発したのは「Daryl Guppy(ダリル・ガッピー)氏」であり、彼の名前から「Guppy Multi Moving Average」と命名され、略して「GMMA」と呼ばれるようになりました。

 

 

指数平滑移動平均線(EMA)を12本表示させるのが、GMMAインジケーターです。

 

もしMT4のインジケーターに備わっていなければ、指数平滑移動平均線を12本表示させれば同じものになります。

 

GMMAの表示方法について
指数平滑移動平均線の表示方法は、「Moving Average」を選択し、移動平均の種別で「Exponential」を選択、期間を変更するだけで表示できます。
短期ラインの期間には「3・5・8・10・12・15」を使用し、長期ラインの期間には「30・35・40・45・50・60」を使用します。
あとは、短期ラインと長期ラインで色を変えれば完了です。

 

GMMAインジケーターの使い方について

 

まずは、GMMAインジケーターによる相場状況の見方です。

 

上昇トレンドでの見方
上昇トレンドが発生している時のチャートは、上からローソク足、短期ライン、長期ラインの順番で右肩上がりに形成されます。
このときに、短期ラインと長期ラインのそれぞれの束が、幅広い間隔ならばトレンドが強いと判断できます。
また、短期ラインと長期ラインの束が離れているのも強い場合に、トレンドが発生していると判断できるのです。逆に幅が狭い状態は弱いトレンドと言えるでしょう。

 

下降トレンドでの見方
下降トレンドの発生している時のチャートは、上から長期ライン、短期ライン、ローソク足の順番で右下がりに形成されます。
トレンドの強弱に関しては、上昇トレンドの状況と同じになります。

 

このように、非常に分かりやすくトレンドの状況を判断できるインジケーターとなっているのです。

 

全てのラインが平行で幅が狭い状態の時は、トレンドが発生しておらずレンジ相場という判断ができます。

 

 

基本的にGMMAインジケーターの使い方は、エントリーポイントを見つけるものでは無く、相場の状況を把握するものという利用方法がオススメです。

 

GMMAと組み合わせて使うべきインジケーターとは?

 

 

GMMAインジケーターは、非常にラインの多いインジケーターとなっています。

 

そのため、これ以上のラインを表示させるのは大変見にくくなりオススメできません。

 

よって、サブ画面で表示できるオシレーター系がオススメです。特に「RSI」との相性が良いと考えられます。

 

GMMAとRSIを利用した方法
GMMAインジケーターが明らかな上昇トレンドを示していたとしても、RSIの数値が70を超えていたらエントリーをするのは控えるといった利用方法になります。
もし、他のボリンジャーバンドと組み合わせたいという方は、2つの画面を利用した方が分かりやすくなります。

 

 

 

GMMAの長期ラインはサポートラインになる可能性の高いラインがあり、これに一旦下がってきたローソク足が触れたとします。

その際、ボリンジャーバンドの2σにローソク足がタッチしておらず、一目均衡表の雲より上にあるのであれば、上昇する可能性があるという判断も出来るのです。

 

 

あまりに多くの情報を見るためオススメとまではいきませんが、見やすくするのも一つの手なのです。

 

GMMAインジケーターを使う際の注意点とは?

 

GMMAインジケーターには、短期のチャートで表示するほど、ダマしが多くなるという欠点があります。

 

そのため、短期決戦がメインのバイナリーオプションには向いていないと言われる人もいるようです。

 

 

しかし、トレンドの状態を確認するインジケーターとしては、分かりやすく非常に使いやすいです。

 

バイナリオプションで利用する場合は、GMMAインジケーターを表示した15分チャートや5分チャートも確認しながら利用するようにしましょう。

 

 

GMMAで大切なこととは?
大切なことは、全体的なトレンドを確認し、順張り逆張りと有効な手法を選んでいくことです。
GMMAインジケーターの1分チャートだけでエントリーポイントを探そうとする手法は、止めておくようにしましょう。

 

GMMAインジケーターに関するまとめ

 

開発者の「Daryl Guppy氏」は、トレンドは発生した後に持続する可能性があるとしています。

 

そのため、GMMAインジケーターの利用方法としては、トレンドを確認しそれに乗ることが有効であると考えられているようです。

 

 

もちろん、投資の世界はトレンドに乗った手法が基本トレードなので、当たり前かもしれません。

 

ただ、短期トレードであるバイナリーオプションであれば、トレンドに乗った順張りエントリーだけでなく、レンジ相場中の逆張りエントリーにも利用できるはずです

 

 

GMMAインジケーターで明確な相場状況を把握し、その状況にあったエントリー手法を利用しながら勝率を上げるのが一番大事なことなのです。

 

 

「RSI」インジケーターを本格的に利用して利益を得たいと思ったら?

 

「RSI」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもRSIはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にRSIだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、RSIだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、RSIだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、RSIだけでなく、様々なインジケーターをRSIと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

 

例えばですが、

①RSIとストキャスティクスとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「SRC」を利用

②RSIとストキャスティクスの数値をMTFで表示できるインジケーター「Rsi-Sto-View」を利用

③RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

 

①サインインジケーター「SRC」
「SRC」というインジケーターは、主に逆張りの時に活用できる、オリジナルのサインインジケーターなのですが、設定したパラメータでの勝率を自動計算して表示させてくれるものなので、エントリーサインだけでなく、どのくらい勝っているのかを一目で把握することができる、非常に便利で優れたインジケーターです。
②インジケーター「Rsi-Sto-View」
「Rsi-Sto-View」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターになるのですが、RSIとストキャスティクスの数値をMTFで表示させることができるので、上位足を確認せずとも、RSIとストキャスティクスの1分足と5分足の数値を、同時に一目で把握できるようになります。 ※MTFというのは、マルチフレーム分析といい、異なる時間足(上位足→下位足)のチャートを確認し、現在の相場状況を把握することで、エントリーポイントを探すといった分析方法です。
③インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

この時に私は、「RSIを利用する際は、RSIを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、RSIを利用していく際には、「SRC」、「Rsi-Sto-View」、「BS signal」の3つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「SRC」、「Rsi-Sto-View」、「BS signal」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

サインインジケーター①「SRC」、②「Rsi-Sto-View」、③「BS signal」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

<引用元URL:https://binary-inception.com/binary-rsi-368>

 

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事