どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションやFXにおいて継続的に勝つためにはテクニカル分析の組み合わせが必要になってきます。

 

ただ、バイナリーオプションを始めたばかりの方にとっては、どのテクニカル分析がどういう特徴があって、どういう相場の時に役に立つのかわかりにくいです。

 

 

そこで!

 

この記事では、国内トレーダーも多く使っている「RCI」と「移動平均線」の2つの組み合わせでバイナリーオプションを攻略する方法をまとめました。

 

・どのテクニカル分析を使えばいいのかわからない

・具体的な攻略法がまだ決まっていない

 

といった方は参考にしてみてください。

 

RCIの概要と特徴について

 

 

RCIは「Rank Correlation Index」の略で、統計学では「スピアマンの順位相関係数」と呼ばれています。

 

また、RCIは「オシレーター系」と呼ばれるテクニカル分析です。

 

 

オシレーター系とは?

オシレーター系というのは「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を判断するためのテクニカル分析です。

ただRCIの場合、分類はオシレーター系ですが働きとしては、オシレーター系とトレンド系のどちらも兼ね備えているといえます。

 

 

では、「RCIはどのようなテクニカル分析なのか?」ということについて解説します。

 

 

RCIとは何か?

RCIは”時間の順位”と”価格の順位”の相関性を測っているものになります。

 

「時間の順位?」

「価格の順位?」

とよくわからない方も多いと思います。

 

 

簡単にまとめると、直近のローソク足から順番に「1・2・3」という形で順位をつけていき、それとは別に終値の高い順に「1・2・3」という形で順位をつけていくとします。

 

 

これら2つの数字が一致している場合はどういう場合かというと、一定期間内ずっと終値が上昇を続けていたという場合です。

 

逆に数字が全くの逆だった場合は、終値が下降し続けているということになります。

 

 

つまり、この2つの数字の一致不一致を−100%〜100%で示すものが「RCI」ということになります。

 

移動平均線の簡単な概要について

 

 

続いては移動平均線についてです。移動平均線には主に3つの種類があります。

 

 

移動平均線の種類について
その3つの種類というのは、「①単純移動平均(SMA)」「②加重平均(WMA)」「③指数平滑移動平均(EMA)」の3つですね。
最初はそれぞれの違いや特徴はわかりにくいと思うので、まずは単純移動平均を使うことをお勧めします。

 

 

次に、「移動平均線というのはどのような計算式で求められているか?」ということについてです。

 

細かい計算式は少し複雑なのですが、何を表しているのかはシンプルです。

 

 

それは「一定期間内のローソク足の終値の平均」が移動平均線です。

 

先ほどのRCIに比べるとイメージしやすいと思います。

 

この”一定期間”というのは自分で設定する必要があります。

よく使われる期間としては「5、20、21、90、200」などです。

 

 

使っている人が多い設定ということはもちろん多くのトレーダーが見ているテクニカル分析と似ているということになるので、設定は自分で適当に決めるのではなく使っている人が多い王道の設定にしましょう。

 

RCIと移動平均線を組み合わせた攻略法について解説!

 

では続いて、「RCIと移動平均線を組み合わせた具体的な攻略法」についてです。

 

RCIも移動平均線もトレーダーによって様々な分析方法がありますが、王道の手法で使うならば「RCIはレンジ相場」、「移動平均線はトレンド相場」で活用する方が良いです。

 

 

RCIはトレンド相場で使うべきでない?

RCIのようなオシレーター系のテクニカル分析はレンジ相場の時は、相場の過熱度などがとても分かりやすく使いやすいのですが、トレンド相場になるとトレンド方向に張り付いてしまい全く機能しなくなってしまうことがとても多いです。

ですので、トレンド相場においてはRCIはあまり役に立ちません。

 

 

移動平均線はレンジ相場で使うべきではない?

移動平均線の場合はレンジ相場でも全く活用できないというわけではないのですが、バイナリーオプションで活用するのは難しいです。

ある程度の経験を積んで新しい手法に挑戦する時に移動平均線をレンジ相場で活用するのが良いと思います。

 

 

移動平均線とRCIを利用する場合のエントリー方法について
移動平均線はトレンド相場の場合「パーフェクトオーダー」という短期・中期・長期の移動平均線が全て同じ方向を向いているという状態がとてもわかりやすいため、トレンド相場での活用をお勧めします
レジスタンスラインやサポートラインが見えた場合は、まずRCIで相場の勢いを見てみます。(これには少し慣れも必要になるので、デモトレードなどで分析してみましょう。)
そして、レジスタンスライン・サポートライン付近になって勢いがなくなった場合は、跳ね返ると予想し「逆張りでエントリー」をします。
逆に、移動平均線やRCIを見た結果、相場の勢いが強いと判断した場合は、トレンド相場になることを予想し「順張りでエントリー」をします。

 

 

これらの分析は1分足や5分足だけではなく、15分30分1時間など中期の足も確認することが重要になります。

 

バイナリーオプションでは、判定時間がとても短いので短期の足しか見ない方もいるみたいですが、全体的に相場を見るためには1時間くらいまでのチャートは確認しておきたいです。

 

RCIと移動平均線を利用する際の注意点とは?

 

バイナリーオプションで勝率が高い取引をするのであれば、レンジ相場の跳ね返りを狙うのが良いです。

 

なぜならトレンド相場を見極めることができたとしても、数秒の差で負けてしまうことも多々あるためです。

 

 

しかし、レンジ相場の跳ね返りを狙うといっても、

レジスタンスライン・サポートラインで跳ね返るのか

そのまま突き抜けてトレンド相場になるのか

というところを見極めはとても難しいです。

 

エントリーする際の注意点
今回解説したRCIと移動平均に関しても、100%その通りに機能するというわけではありません。
RCIが100%に近づいて行ってるからHIGHにエントリーしよう
移動平均線が全て上向きで上昇トレンドに入るからHIGHにエントリーしよう
といったように、1つのテクニカル分析に頼ったエントリーはとても危険です。
なので、RCIと移動平均線以外にもボリンジャーバンドだったり、ローソク足の形などの見方を勉強して、相場をもっと細かく見ることが重要になります。

 

RCIと移動平均線に関するまとめ

 

最後に、RCIと移動平均線のまとめです。

RCIと移動平均線はどれだけベテランのトレーダーであっても、一度は使ったことがあるテクニカル分析だと思います。

 

正しく見ることができればとても役に立つテクニカル分析ですが、先ほども書いたように過信はNGです。

どんなテクニカル分析を使うにしても慣れや分析、経験を積むことは必須です。

 

 

そのため、あれもこれもとテクニカル分析を追加するよりも、3〜4個くらいのテクニカル分析をしばらく使ってみたり、自分が目標としているトレーダーが使っているテクニカル分析を使ってみたりすることをお勧めします。

 

 

 

「移動平均線」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「移動平均線」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でも移動平均線はとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際に移動平均線だけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、移動平均線だけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、移動平均線だけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、移動平均線だけではなく、自作のオリジナルインジケーターを移動平均線と組み合わせて利用するようにしました。

 

 

特に、①移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーター「Mixsign」を利用し出してからは、勝率がどんどん上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

①サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

この時に私は、「移動平均線を利用する際は、移動平均線だけではなく、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができる「Mixsign」を利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、移動平均線を利用していく際には、「Mixsign」インジケーターを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「Mixsign」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

なぜなら・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「Mixsign」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

<引用URL:https://binary-inception.com/moving-average-342>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事