リターンムーブとは?ラインが戻る動きをしたバイナリー取引攻略法について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションを、行う際ずっとチャートを見ていると

あれ?このチャートの動き前もあったな

と思うことが何度も出てくると思います。

 

相場はトレンド時でも真っ直ぐではなく、上下にジグザグ動きながら価格が変わっていきます。

 

想像できない動きもありますが、基本的にチャートは人間の心理が現れるものなので、やはり同じ動きをしてしまうことが多々あるのです。

 

 

そこで!

今回は、「リターンムーブとは?ラインが戻る動きをしたバイナリー取引攻略法」について解説していきたいと思います。

 

リターンムーブとはそもそもどんな意味?

 

「リターンムーブ」とは、レジスタンスライン、サポートラインを超えてトレンドが変わるとなりそう、でもまたそのラインにレートが戻ってくる動きのことを言います。

ラインを超えてトレンドが変わると思ったけど戻ってくる、今のうちに売ろう!

 

と思って売りに出しても結局トレンド転換して、悔しいと思いをした方は多いと思います。

 

この動きは、レジスタンスライン、サポートラインを基準と考えているトレーダーの心理の現れです。

 

リターンムーブという名前の由来

リターンムーブは、その名の通り「戻る動き」でラインあたりに戻ってくる動きを指しますが、そのあとはまた反発して離れていくことが多いです。

その全ての動きを含めて「リターンムーブ」と呼ぶ人もいます。

 

リターンムーブが起きる時のチャート心理とは?

 

 

リターンムーブが起きる理由としては、先述した通り「世界中のトレーダー達の心理が現れている」と言っても過言ではありません。

多くのトレーダーはレジスタンスライン、サポートラインを使ってトレードしていることが多いので、そのラインを目安に決済することが多いです。

 

ラインを超えた!一度決済してしまおう

 

というトレーダーが世界中にいるので、ラインに近づくとブレイクアウトを狙っていたトレーダーたちの決済ポイントとなることが多く、いままで動きがなくてもライン付近でトレードが活発になり売りや買いが生じやすくなるのです。

 

例えばですが、「レジスタンスラインを超えたから一度決済してしまおう」という多くの考えがまとまると、リターンムーブを引き起こします。

サポートライン時も同じです。

 

一度利益を確定しておこう」という多くの人の考えがチャートに現れるのです。

 

リターンムーブが起きた後が重要なのか?

 

リターンムーブが起きると、トレンド転換の可能性が高いです。

「いままで抜けなかったラインを抜けて、ラインまで戻ってから反発」という流れが多いので、リターンムーブのあとは、トレンド転換する可能性が高いことを頭に入れておいた方がいいでしょう。

 

ダマシに合う確率も高い?

しかしだからと言って、ライン抜けしたからと言ってエントリーしても、よほど大きな力じゃない限りリターンムーブが起きますので、「ダマシ」に合う確率も多くあります。

ですので、リターンムーブが起きた後のエントリーがポイントになります。

 

リターンムーブを利用したバイナリー取引の攻略手法とは?

 

 

リターンムーブを利用したバイナリー取引の攻略法としては、「リターンムーブが起きた直後は手を出さない」ということです。

 

トレンドラインを超えたけれど、リターンムーブのあとは、はたしてトレンドが変わるのか?、また戻るのか?

 

とジャッチが難しいところでもあります。

ですので、ラインを超えてリターンムーブが起きて、ちょっとして流れが読めたときエントリーするのが賢明です。

 

リターンムーブでエントリーする具体的な例

例えばですが、サポートラインを越してリターンムーブが起きたとします。

そうしたら、また価格が下がるのを確認してから、「lowエントリー」しましょう。

リターンムーブが起きたからと言って、エントリーするとダマシに合う可能性もあるので気をつけてください。

反対に、レジスタンスラインを超えてリターンムーブが起きて少ししてから、「highでエントリー」というような感じです。

レジスタンスラインを超えたことによってサポートラインに、サポートラインを超えたことによってレジスタンスラインに変換されるのを待つのが安全です。

 

転売機能で安全に取引しよう

バイナリー会社によっては、転売機能がついているところもあるので、そのときはスキャルピング手法で少しずつ利益を出す方が安全に取引できます

大きいトレンドかはたまた小さいトレンドで、リターンムーブを待ってからでのエントリーでは、遅いかもしれないからです。

 

しかし、たまにトレンドライン付近で小さなレンジ相場になることもありますが、そのような場合はリターンムーブを使った取引は危険なのでやめておいた方がいいです。

根拠も薄いですし、その場合はリスクヘッジしてエントリーを控えて動きが出るまで待ちましょう。

 

リターンムーブを利用したバイナリー取引に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、「リターンムーブとは?ラインが戻る動きをしたバイナリー取引攻略法」について解説させていただきました。

 

リターンムーブは、世界中のトレーダーみんなの心理で相場の基本とも言えるので、この動きを理解していればその後の展開も絞られてくるようになります。

相場では必ずと言っていいほど、トレンドが起きる前はリターンムーブを起こします。

 

もちろん、ダマシもあるので、リターンムーブという動きを過信しすぎず、ほかのインジケーターと組み合わせて取引してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事