移動平均線を利用してバイナリーオプションを攻略!勝率を上げるための施策を解説!

 

 

どうもインベスターS.Tです。

 

世界で最も有名なテクニカル指標と言っても過言ではない「移動平均線」であるわけですが、現在も多くの投資家に利用されているツールとなっています。

 

移動平均線から売買サインが発生すると、ローソク足の動きが活発になることがよくあります。

 

そこで今回は、「多くの投資家が活用している移動平均線を利用して、バイナリーオプションでどのように勝率を上げていくか?」を解説していきます。

 

移動平均線の概要について

 

移動平均線とは、定めた期間の平均価格を計算しラインで表したものです。

 

相場は時に大きく変動することもあり、その動きに惑わされないためにも移動平均線の方向性を見ておくことが重要なのです。

 

 

有名なインジケーターである「MACD」「ボリンジャーバンド」などの計算にも移動平均線を応用していることから、とても大事なテクニカル指標となっていることが分かります

 

 

MT4のチャートへ移動平均線を表示する場合、多くの方は長期中期短期の3本のラインを色別に表示し見やすくしておきます。

 

1本ではなく3本表示させることによって、より確かな情報を次のように得られるのです。

 

ゴールデンクロス

短期の移動平均線が、長期の移動平均線が下から上へクロスすることを「ゴールデンクロス」と呼び相場が上昇することを示唆しています。

 

デットクロス

短期の移動平均線が、長期の移動平均線が上から下へクロスすることを「デットクロス」と呼び相場が下降することを示唆しています。

 

パーフェクトオーダー

3本のラインが上から短期、中期、長期の順番に並んでおり、しかも下から上に上昇している状態を「上昇トレンドパーフェクトオーダー」と呼び、強いトレンドが発生していることを示唆しています。

特に「ゴールデンクロス」や「デットクロス」はラインが交わる事で発生、投資家はチャートをみる時、このラインのクロスには敏感に反応することから、見逃してはいけない瞬間という訳なのです。

 

移動平均線だけでバイナリーオプションを攻略できるのか?

 

移動平均線だけでバイナリーオプションを攻略するのはとても難しいです。

 

難しい理由とは?

その理由として、移動平均線の弱点とも言えるのですが、平均値で表示される事から急な相場の動きに関しては、対応が遅れるという点があげられます。よって、短期勝負のバイナリーオプションでは、移動平均線だけで戦うには心許ない感じが否めません。

 

 

もし、どうしても移動平均線だけで勝負がしたいのならば、ゴールデンクロス発生と共にパーフェクトオーダーを形成したチャートを発見したら、30秒勝負でちょっと下がるたびにハイエントリーを繰り返す手法がいいでしょう。

これで大きく負け越すことはありません。

 

 

しかし、エントリー回数を増やすのはあまりお勧めとは言えませんので、デモ口座で試して移動平均線の凄さを体感してみてください。

 

移動平均線を利用した攻略法とは?

 

攻略するためには、移動平均線ボリンジャーバンドRSIの3つを表示しておきます。

 

攻略するためのエントリーポイント

ボリンジャーバンドの2σにローソク足がタッチ、合わせて移動平均線がパーフェクトオーダーを形成、RSIの状態も良ければ5分取引でハイエントリーを行います。エントリー中に3σにローソク足がタッチした場合は、状況をみて転売機能を利用し、必ず利益を出すようにしておきましょう。

 

また、移動平均線がゴールデンクロスを形成した際の、ボリンジャーバンドとの位置が離れていたとき、次のローソク足の出現まで待ちダマシじゃないことを確認したらエントリーしましょう。

 

これも高い勝率を見込めるエントリー方法です。

 

できればレンジ相場ではなく、トレンド相場を狙うのがコツとなっていますね。

 

移動平均線を利用する際の注意点とは?

 

移動平均線がクロスしたからと言って、すぐにエントリーしてはいけません。

 

投資家がクロスを好むというお話しをしましたが、全てのクロスへすぐに反応するわけでなくダマシの時も頻繁にあるからです。

 

移動平均線を利用する際の重要なポイント
大事なことは、移動平均線は相場の状況を確認するテクニカル指標であり、ボリンジャーバンドやRSIと同じ反応が確認できたときに、確かめとして使用することが良い利用方法といえます。

 

よく移動平均線がサポートラインになるという話も聞きますが、これも必ずではないのです。

 

つまり、移動平均線だけで判断するのではなく、他のインジケーターの確かめの為にに利用することを忘れてはいけません。

 

移動平均線に関するまとめ

 

移動平均線は、多くの投資家に利用されているということを最初に説明しました。

 

相場は集団心理で動くので、そのもととなっている移動平均線はバイナリーオプションを行うためには、理解しておかなければいけないテクニカル指標なのです。

 

 

また、とても説明のしやすい移動平均線は、バイナリーオプション業者との契約を導くためのアフェリエイトとしても使用されており、大げさに説明しているサイトもよく見かけます。

 

もし移動平均線を詳しく知りたいと思ったら、使用方法よりもまず、「どのようなラインなのか?」をじっくりと確認しておくようにしましょう。

 

 

私はどのチャートでも必ず移動平均線は表示させており、長期は、中期は、短期は赤、と信号機を意識して決め、赤がラインを突き破ったらクロスと分かりやすくしています

 

 

不慣れの時は、どのラインがどれなのか分からなくなってしまうことが多くありますので、自分の覚えやすい方法を決め、それをどのチャートでも変更しないように表示させるようにしましょう。

 

 

「移動平均線」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「移動平均線」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でも移動平均線はとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際に移動平均線だけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、移動平均線だけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、移動平均線だけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、移動平均線だけではなく、自作のオリジナルインジケーターを移動平均線と組み合わせて利用するようにしました。

 

 

特に、①移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーター「Mixsign」を利用し出してからは、勝率がどんどん上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

 

①サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

この時に私は、「移動平均線を利用する際は、移動平均線だけではなく、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができる「Mixsign」を利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、移動平均線を利用していく際には、「Mixsign」インジケーターを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「Mixsign」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

なぜなら・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「Mixsign」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

<引用URL:https://binary-inception.com/moving-average-342>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事