RSIとCCIインジケーターを組み合わせたバイナリー攻略法とは?勝率が上がる手法と注意点について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、巷で話題になっている「RSIとCCIを組み合わせた手法のメリットやRSIとCCIの設定方法、手法の攻略法、注意点」について説明します。

 

投資を始めて間のない

判定が簡単なインジケーターを使いたい

投資の知識として抑えておきたい

 

といった方などに、ぜひ読んでいただきたいです。

 

RSIとCCIを組み合わせてエントリーするメリットとは?

 

RSIとCCIを組み合わせてエントリーするメリットは2つあります。

 

メリットその1:勝率の安定性
第1に、「勝率の安定性」です。
初心者や経験者問わず勝率は、55%以上をキープできる。

バイナリーオプションで勝率が55%であれば、しっかりと利益は出てきます。

 

メリットその2:判定の容易さ
第2に、判定の容易さです。
条件は2つのみで、ひと目で誰でも判定ができます。
初心者向けの手法ではありますが、経験者の方でも満足いく取引が出来ます。

 

RSIのパラメーター設定について

 

 

RSI」はバイナリーオプションにおいて必須なインジケーターです。

 

いつどのタイミングで、どのようにエントリーするかを知ることができます。

また、エントリーポイントだけでなく、値動きの傾向も知ることができます

 

RSIの設定方法について
それではRSIの設定方法を説明します。
①まずMT4を開き、「挿入」から「インジケーター」、「オシレーター」、「RSI」という順で開いていってくだい。
②期間は「14」で設定してください。
③レベルは下から順に「85.75.15.25」と設定していってください。
④スタイルは見やすい色であれば何色でも構いません。
⑤設定が完了すると、サブウィンドウに「RSI」が表示されます。
⑥下から順に「0、15、25、75、85、100」と、表示されていることが確認できましたら、RSIの設定は以上となります。

 

CCIのパラメーター設定について

 

 

CCI」は、相場の買われすぎや売られすぎを判定するためにとても便利なインジケーターです。

 

また、CCI上の上下の動きのサイクルが相場で見られることがあるため、相場のパターンをも予測することが可能となります。

 

CCIの設定方法について
それではCCIの設定方法について説明します。
①まず、RSI同様に「挿入」から「インジケーター」、「オシレーター」と開いていってくだい。
②そこで「CCI」を選択し、サブウィンドウに表示させます。
③期間は「20」で設定してください。
④レベルは下から順に「200、-200」と設定してください。
⑤スタイルは見やすい色であれば何色でも構いません。

 

RSIとCCIはどちらも難しい設定はなく、MT4に常備されているため簡単に表示させることが出来ます。

 

そのため、MT4をはじめて使うという方や、投資を始めて間のない初心者の方でも、比較的簡単に表示させられます。

 

RSIとCCIを組み合わせた取引攻略法を解説!

 

 

まず、「HIGHエントリーのポイント」について説明します。

 

エントリーポイントの第1条件
RSI上の25と75の線に注意。
安定した相場または強いトレンドではない場合、この線で反発します。
HIGHエントリーの場合は、25の線だけに注意してください。
チャートが25付近にあることが、第1の条件です。

 

エントリーポイントの第2条件
次に、CCIの200と-200の線に注意してください。
HIGHエントリーの場合は、-200の線のみに注意してください。
チャートがこの線付近にあることが、第2の条件です。

 

これら2つの条件が合わさった時がHIGHエントリーのポイントとなります。

 

 

「LOWエントリーポイント」について

一方LOWエントリーの場合は、RSIが75付近、CCIが200付近にあるということが条件となります。

これら2つの条件が合わさった時がLOWエントリーのポイントとなります。

 

RSIとCCIを使う際の注意点とは?

 

RSIとCCIを使う際は、相場の動き方自己コントロールに特に注意してください。

 

適切な相場を選択しよう!
RSIとCCIを組み合わせた手法でも、相場が適切でなければ負けを出してしまいます。
より良い勝率を出すためには、これらのインジケーターに合った適切な相場で取引しなければなりません。
適切な相場とは、相場が荒れずに安定していることをいいます。
荒れている時間帯は誰でも知ることができます。
主に経済指標1時間前後や金曜日、月曜日、深夜、アメリカの祝日などが比較的荒れやすい傾向となります。
負けを取り戻そうとしてこれらの時間帯で取引するのは厳禁です。

 

 

自己コントロールを行うには?
また、自己コントロールもこれら2つのインジケーターを使う上で必要になってきます。
自己コントロールとは、自分自身の「メンタル管理」と「資金管理」のことをいいます。
これらが出来ていないと、いくら強い手法やツールを使っていたとしても利益はあまりでません。
メンタルや資金を管理できなければ、無理あるポイントでのエントリーや無理ある金額でのエントリーをしてしまいます。
負けを取り戻そうという気持ちや、一攫千金をしたいという気持ちはグッと堪えて、根拠あるポイントで無理のない金額でエントリーするよう心がけてください
初心者の方であればデモトレードでトレーニングを行ってください。

 

 

マイルールを設定しよう!

また、自分なりのルールを作ってそれに従ってデモトレードをしてみてください。

少しでもルールに反した行動がみられるうちは、ひたすらデモトレードで取引してください。

 

自分なりのルール通りに取引できるようになったら、実際にリアルトレードでエントリーしてみると良いです。

 

RSIとCCIインジケーターに関するまとめ

 

本記事では、「RSIとCCIを組み合わせた手法のメリットやRSIとCCIの設定方法、手法の攻略法、注意点」について説明しました。

 

RSIが25または75付近、CCIが200または-200であることがこの手法の条件となります。

 

誰でもひと目で確認することが出来るため、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

相場が荒れやすい時間帯等はエントリーを避け、自分をコントロールすることに注意して取引していってください。

 

 

「RSI」インジケーターを本格的に利用して利益を得たいと思ったら?

 

「RSI」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもRSIはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にRSIだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、RSIだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、RSIだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、RSIだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをRSIと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①RSIとストキャスティクスとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「SRC」を利用

②RSIとストキャスティクスの数値をMTFで表示できるインジケーター「Rsi-Sto-View」を利用

③RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①サインインジケーター「SRC」
「SRC」というインジケーターは、主に逆張りの時に活用できる、オリジナルのサインインジケーターなのですが、設定したパラメータでの勝率を自動計算して表示させてくれるものなので、エントリーサインだけでなく、どのくらい勝っているのかを一目で把握することができる、非常に便利で優れたインジケーターです。
②インジケーター「Rsi-Sto-View」
「Rsi-Sto-View」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターになるのですが、RSIとストキャスティクスの数値をMTFで表示させることができるので、上位足を確認せずとも、RSIとストキャスティクスの1分足と5分足の数値を、同時に一目で把握できるようになります。 ※MTFというのは、マルチフレーム分析といい、異なる時間足(上位足→下位足)のチャートを確認し、現在の相場状況を把握することで、エントリーポイントを探すといった分析方法です。
③インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

この時に私は、「RSIを利用する際は、RSIを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、RSIを利用していく際には、「SRC」、「Rsi-Sto-View」、「BS signal」の3つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「SRC」、「Rsi-Sto-View」、「BS signal」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「SRC」、②「Rsi-Sto-View」、③「BS signal」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

<引用元URL:https://binary-inception.com/binary-rsi-368>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事