RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターとは?使い方や設定方法、無料ダウンロード方法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

今回ご紹介するインジケーターは、「BS signal」というインジケーターなります!

 

この「BS signal」というインジケーターは、完全オリジナルで制作されたインジケーターになるわけですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターになります。

 

 

逆張りの時に有効的に使うことができ、サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています

 

それから、その他の機能としては・・・

①設定した日数の勝率を表示させることができる

②マーチン回数を設定することができる

といったところになります。

 

 

そして「BS signal」は、レンジ相場の中でボリンジャーバンド反発を狙いたい時に使用するインジケーターですので、トレンド相場では機能しません。

 

 

ですが、レンジ相場とトレンド相場の比率を考えると、1日を通せばかなり有効的に使えるインジケーターであると言えます。

 

それからは、プライスアクションで相場を読み取ったり、他のインジケーターと組み合わせることで、エントリーポイントを絞ることができ、最終的に取引勝率を上げることができるようになります。

 

 

「BS signal」はこんな方にオススメです!

・逆張りインジケーターを探しているという方

・チャートに元々ボリンジャーバンドを設定しているという方

・ボリンジャーバンドでの反発を1つエントリー条件にしているという方

・プライスアクションとサインインジケーターを組み合わせているという方

 

RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」の概要について

 

それではまず、インジケーター「BS signal」の概要について説明していきます。

 

 

「BS signal」がエントリーサインを出す条件に関してですが・・・

 

  • パラメーターで設定したボリンジャーバンド「σ」にタッチ(上記の画像では、条件シグマ±2σ)している
  • RSIの数値が、パラメーターで設定した数値以内を推移している

 

上記で示した2つの条件が同時に成立した時に、エントリーサインである矢印が表示されます。

 

 

また「BS signal」は、レンジ相場の中でのボリンジャーバンド反発を狙うのが主な使い方になります

 

そのため、「BS signal」を利用する際には、必ず「レンジ相場なのか?それとも、トレンド相場なのか?」を確認するようにしましょう!

 

インジケーター「BS signal」のチャートの見方について

 

それでは次に、インジケーター「BS signal」のチャートの見方について説明していきます。

 

 

上記の画像を見て頂くと番号があるわけですが、①番から順に説明していこうと思います。

 

①上から「設定通貨」、「HIGHエントリーでの勝負」、「LOWエントリーでの勝負」、「トータルの勝負」
※「設定通貨」に関しては、チャート上に開いている通貨が自動で表示されていき、「HIGH、LOW、トータルの勝負」は、パラメーターで設定した日数での勝負が、表示されてくようになります。

 

②矢印=「エントリー」、◯=「勝ち」、×=「負け」
※矢印はエントリーのサインになり、勝負が決まり次第、◯×が表示されるようになります。

 

③設定したマーチンでの矢印、勝負
※③に関しては、パラメーターでマーチン設定をした場合のみ表示されるようになり、上記の画像ですと、マーチンを一回行い、トータルで2回負けたということになります。

 

基本的なチャートの見方に関してはこのようになりますが、ボリンジャーバンド±2、3σは、インジケーター「BS signal」とは別で設定を行う必要がありますので、注意してください!

 

インジケーター「BS signal」のパラメーター設定について

 

それでは次に、インジケーター「BS signal」のパラメーター設定に関する説明をします。

 

 

上記の画像は、インジケーター「BS signal」のパラメーター設定の項目になるわけですが、覚えて頂きたいところは、①〜③のところになります。

 

 

①勝率表示期間

勝率表示期間は、「1日」、「1週間」、「1ヶ月」の3パターンを選択することができるので、好きなように期間を設定できます。

 

②マーチン回数

マーチン回数は、「0〜2回」を選択することができます。

 

③RSI・ボリバン設定(5項目)

エントリーサインを出す条件の設定を行うことができます。

 

 

RSI期間 → デフォルトのままで大丈夫です

RSI上ライン・下ライン → 数値を変えることでエントリーサインを出す上下ラインが変わり、条件を甘くしたり厳しくしたりすることができます。

 

その他の項目に関しては、各ラベルの設定になりますので、好きなように見やすい設定にして頂ければと思います。

 

 

それから、「停止ローソク足本数」の項目は、連続してエントリーサインが出てこないようにするために、エントリーストップ本数を設定することができます。

 

インジケーター「BS signal」に関するまとめ

 

 

サインインジケーター「BS signal」で組み合わせて使っている「RSI」と「ボリンジャーバンド」は、トレーダーの間でもとても人気のあるインジケーターです。

 

RSIとボリンジャーバンドが組み合わさったということは、より分かりやすくなったということでもあり、相場によってはかなり有効的に使えると思います。

 

※ただし、有効なのは「レンジ相場」であるということを忘れないでください。

 

サインインジケーター「BS signal」の無料ダウンロード方法とは?

 

ここまで、サインインジケーター「BS signal」に関する説明をしていきましたが、ここまで本質を捉えたサインインジケーターは他にはないでしょう。

 

是非この機会に、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」をGETにして、これからのバイナリーオプション取引に役立てて頂ければと思います。

 

 

サインインジケーター「BS signal」に興味があり、無料で取得したい方は、下記の項目を行うようにして下さい。

↓↓

①LINE@へ友達登録し、「インジケーター希望」というメッセージを送信

→LINE@への登録はこちらから

友だち追加

 

上記を行なって頂けた方は、確認が出来次第、順次配布させて頂いております!

ダウンロードに関しては、もちろん無料ですので、配布まで楽しみにお待ちください。

 

ダウンロード後の注意点

 

ダウンロードした後は、以下の内容を必ずご確認して下さい。

 

①ダウンロードしたインジケーターによって発生した、いかなる不具合に対しても、当方では何ら責任を負いません。

②プログラム改変等に関するお問い合わせは、一切受け付けておりません。

③今回ご紹介したインジケーターは、素人が個人的に使用する目的で作成したものです。不具合が起きる可能性があることを承知の上、ご利用下さい

 

以上に同意の上、ご利用下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

それでは、この辺で失礼致します。