どうもインベスターS.Tです。

 

RSIを応用した計算式で作られたRVIというインジケーターがありますが、やはり投資家は2本のラインの方が好みなのでしょうか?

 

RSI同様、オシレーター系のインジケーターとして人気があります。

 

 

そこで!

 

今回は「RVIの使い方や設定方法、それから攻略法」について解説していきたいと思います。

 

 

果たしてバイナリーオプションでの攻略法はあるのでしょうか?

 

RVIの概要と特徴について

 

RVIとはRelative Volatility Indexの略称で、

・「Relative」は相対的

・「Volatility」は価格変動率

・「Index」は指標

をそれぞれ意味しています。

 

 

つまり、「価格変動が拡大しているのか縮小しているのか?」を示してくれるのがRVIということです。

 

RVIの構成について
RVIの構成は、RVIラインとシグナルラインの二つのラインを使用し、ゼロラインを中心に相場の状況を判断していきます。
ゼロラインよりRVIラインが上にあるときは価格変動率が拡大していることを示唆し、下にあるときは縮小していることを示唆しています。

 

 

例えば、RVIラインがゼロラインより大きく上に離れているのが続けば上昇トレンドが発生していると考え、逆に下に離れるのが続けば下降トレンドが発生していると判断できるのです。

 

RVIの設定方法とは?

 

①MT4でRVIを設定する方法は、チャートを開いたら「挿入」をクリックします。
②インジケーターから「オシレーター」を選択します
そうすると「Relative Volatility Index」が表示され、これがクリック設定画面となります。
③パラメータの期間については「10日」、若しくは「14日」を選択するのが一般的です。
④自分の分かりやすいラインの色を選択したら「OK」をクリック
チャートの下に表示されたのが「RVI」となります。

 

 

もし、攻略法が「RVIラインが0.3を超えたら逆張りする」など取り決めがある場合は、レベル表示をクリック、ゼロライン以外にもラインを追加して見やすくすることもできます。

 

RVIの使い方や見方を解説!

 

RVIの使い方は簡単で、2本のラインが使用されているということは、やはり交わる点に注目が集まります。

 

RVIの使い方について
・RVIラインがシグナルラインを上から下に抜けた場合は「lowのサイン」、これから相場が下降する可能性が高くなります。
・RVIラインがシグナルラインを下から上に抜けた場合は「highのサイン」、これから相場が上昇する可能性が高くなります。
・RVIラインがゼロラインを下から上に抜けた場合は「highのサイン」、転換する可能性が高くなります。
・RVIラインがゼロラインを上から下に抜けた場合は「lowのサイン」、転換する可能性が高くなります。

 

 

エントリーをするタイミングは全部で4種類で、とても簡単ではあるのですが、それだけにダマしの回数も増えるので注意が必要です。

 

 

RVIの見方について
RVIは見方も簡単、RVIラインがゼロライン付近に張り付いた場合は、レンジ相場と判断することができます。
RVIラインがゼロラインより上に上昇し続ければ上昇トレンドが発生していると判断し、下に下降し続ければ下降トレンドが発生したと判断できます。

 

 

RVIを利用した攻略法とは?

 

 

 

先ほど使い方でエントリ―の判断できるポイントを説明しましたが、RVIだけでバイナリーオプションを勝負するのはとても危険です。

 

その理由は、投資家もRVIだけで分析する人は少なく、複数のインジケーターを組み合わせてエントリ―する方がほとんどとなるからです。

 

 

ただですね・・・・

 

バイナリーオプションは基本的には短期取引ですので、複数と言っても沢山のインジケーターを表示させたら何がどのラインなのか分からなくなることもあります。

 

 

そのため、できればRVIとあともう1つか2つ、チャートに表示するのは最高でも3つをお勧めしします。

 

 

そして、今回私がお勧めするインジケーターは「ボリンジャーバンド」です。

 

 

取引で使用する時間は5分、もちろん転売機能を利用することもあり得ます。

 

エントリーのタイミングについて
エントリ―のタイミングは、ボリンジャーバンドの2σへローソク足がタッチ、その時のRVIの状況で判断します。
ローソク足が+2σにタッチ
RVIラインがゼロライン付近
ローソク足が陽線で終わっている

以上の状況が揃ったら5分取引でハイエントリーをします。

 

 

もしエントリーしている途中にRVIラインがシグナルラインを下抜けたら、「転売機能」を利用しましょう。

 

また、ローソク足が上がり過ぎても良いタイミングで利用します。

 

もちろん利用する場合は、何度かデモ取引で試してからにしましょう。

 

RVIに関するまとめ

 

先ほど攻略法を紹介しましたが、RVIはどちらかというと「補助的なインジケーターというイメージがついたと思います。

 

メインで活躍することはできませんが、補助にまわったら最大限な力を発揮してくれるインジケーターであると、私は考えて利用しています。

 

 

RVIのラインが交差するだけで勝利できるなどと紹介しているサイトもありますが、それは大きな間違いだということを認識しておいてください。

 

 

注意点

もっと詳しく知るためには、交差している場所や相場の状況を理解しておく必要があります

RSIラインがゼロライン付近にあるからレンジ相場だと判断、しかしボリンジャーバンドを表示すると±シグマが緩やかな右肩上がりということもありえます。

 

特にゼロライン付近にあるRⅥラインとシグナルラインには注意が必要で、何回も交差を繰り返す傾向があります。

 

その都度エントリーしていたら、資金はあっという間に底をついてしまいます。

 

 

 

RVIと他のインジケーターを組み合わせ、自分独自のエントリ―ルールを作ってみるのもインジケーターを理解するうえでは大切なことです。

 

 

RVIを利用して色々な手法を試してみましょう。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事