MACDとZigzag(ジグザグ)インジケーターを組み合わせた攻略法とは?使い方やメリットを解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

バイナリーオプションで利益を得たいのであれば、様々なインジケーターを知る必要があります。

 

自分が欲しい情報を教えてくれるインジケーターを選んで組み合わせ、その勝率を試していきながら勝率を上げていくのです。

 

そこで!

今回は「人気の高いインジケーター、MACDとZigzag(ジグザグ)を組み合わせたらどんな攻略ができるのか?」について、解説していきます。

 

MACDとZigzag(ジグザグ)を組み合わせると?

 

 

MACDの概要と使い方について

「MACD」は、移動平均性を進化させ、売買シグナルを表示させるために開発されたインジケーターです。

基本的な見方は、「ゴールデンクロス」や「デットクロス」の発生による売買シグナルの確認と、「ダイバージェンス」によるトレンドの転換を確認することです。

さらに「ヒストグラム」により、相場のトレンド状況を把握することもできます。

 

 

Zigzagの概要について

「Zigzag」は、チャートの高値と安値が分かりやす表示されるインジケーターです。

Zigzagを利用することで、初心者にも分かりやすく、トレンド方向の判断をすることができます。

 

2つの特性を考えると、Zigzagでトレンドの状況を確認し、MACDでエントリーポイントを探るという手法を考える人が多くいるのではないでしょうか。

 

組み合わせた時の使い方やメリットを解説!

 

MACDとZigzagを利用するメリットについて

MACDとZigzagを組み合わせることで、よりトレンドの状況を確かにつかむことができるようになります。

MACDのヒストグラムの状態と、Zigzagのラインの状況から正確なトレンドを把握しましょう。

 

バイナリーオプションで利益を出るポイントはトレンド状況を間違いなく把握すること、この精度を上げられるのはメリットと言えるのではないでしょうか。

 

MACDとZigzag(ジグザグ)を組み合わせた攻略法とは?

 

MACDを使用するならば、何と言っても「ゴールデンクロス」と「デットクロス」を利用することがオススメです。

それぞれのクロスが発生することにより、トレンドの発生を示唆してくれます。

 

・ゴールデンクロス

MACDがシグナルを下から上に突き抜けたら「ハイエントリーポイント」、つまり上昇トレンドの発生を示唆しています。

 

・デットクロス

MACDがシグナルを上から下に突き抜けたら「ローエントリーポイント」、つまり下降トレンドの発生を示唆しています。

 

これらの発生を活かして、さらにZigzagを利用してトレンドの状況をより確かなものにするのです。

 

 

MACDとZigzagを組み合わせた攻略手法について

今回の手法は、MACDによりゴールデンクロスが発生したときに、Zigzagが右上がりに表示されていたらハイエントリー」を行います。

逆に、MACDにデットクロスが発生したとき、Zigzagが右下がり表示されていたらローエントリー」を行います。

取引時間は3分で、状況に応じて「転売機能」を利用するのも視野にいれておきます。

他にも、「ヒストグラム」による確認や、0ラインを利用してなどを考えれば、色々な利用方法が思いつくかもしれません。

 

ただ、あまりに条件を付けすぎると、エントリーすることができなくなるので、今回は上記の条件だけにしました。

 

チャートを見やすくするため、MACDのヒストグラムは表示せず、MACDラインとシグナルラインの表示で見やすくしていきます

 

勝率はどれぐらい上がるのか?

 

 

画像に表示された〇を確認して下さい。

赤丸は条件がそろったが「負けたとき
青丸は条件がそろい「勝ったとき
・黒丸はクロスしたが「Zigzagと条件が合わないとき」

結果は赤丸4つ、青丸5つとなり勝率55%という結果になりました。

 

やはり、エントリー回数をが多くなると勝率は下がってしまうようです。

 

ただ、「転売機能」を利用すれば、利益は上げることができるはず、状況に応じて利用すると良いでしょう。

 

 

0ラインを加えた場合のエントリー手法

それでは、先ほどの手法に0ラインをプラスしたらどうなるでしょうか

MACDにより「0ラインより上で」ゴールデンクロスが発生したとき、Zigzagが右上がりに表示されていたら「ハイエントリー」を行います。

MACDにより「0ラインより下で」デットクロスが発生したとき、Zigzagが右下がり表示されていたら「ローエントリー」を行います。

 

上記を条件に付けくわえてみましょう。

先ほどの画像から見ると、0ラインを付け加えた場合のエントリーポイントはわずか1度で、最初の青丸の時だけになります。

 

条件を増やせば勝率が上がるかもしれませんが、エントリー回数が減る可能性があるというわけです。

 

MACDとZigzag(ジグザグ)に関するまとめ

 

MACDに関するまとめ

MACDは、短い時間足だと機能がしにくいという特徴があります。

バイナリーオプションは短い取引時間が魅力的な投資ですが、インジケーターによっては短いチャート表示だと、ダマシが多くなるという傾向もあるのです。

MACDもその中の一つであり、本来の力を発揮するには、1日で表示するチャートが理想的といえるインジケーターです。

 

 

また、Zigzagに関しても、パラメータの数値によって、大分角度が変わった表示をすることができます

 

この点を踏まえたうえで、攻略方法を見つけていく必要があるので、今回の手法が絶対に良いというわけではありません。

 

攻略するカギとは?

色々な条件を試しながら一番良い方法を確認していくことが、攻略法を見つけるカギになります。

そのため、インジケーターの特徴を理解し、組み合わせる必要があるのです。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事