ボリンジャーバンドと陰陽足を組み合わせた攻略法とは?使い方や勝てる手法かを解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

ボリンジャーバンド」は、トレンドの強さや方向性を見るのにとても有効なインジケーターになります。

 

ほかのインジケーターとの組み合わせも自由自在であり、どんなものと組み合わせても相性がいいため使いやすく、初心者からプロの方まで幅広く人気があります。

 

陰陽足」に関しては、取り入れている方があまり多くはないようですが、ローソク足を元にしているので、計算式もわかりやすく性質もシンプルなので、初心者の方にも使いやすいインジケーターです。

 

 

そこで!

今回は、「そんな人気のボリンジャーバンドと陰陽足を組み合わせた攻略法、使い方や勝てる手法か?」を解説していきたいと思います。

 

ボリンジャーバンドと陰陽足を組み合わせると?

 

 

「ボリンジャーバンド」と「陰陽足」を組み合わせることにより、ボリンジャーバンドの欠点を補うことができます。

 

ボリンジャーバンドは、基本的にバンド内で数値が納まる確率が決まっているので、それを目安に逆張りする方が多いでしょう。

 

 

ダマしに合ってしまうことも

しかし、それを鵜呑みにしてしまうと「ダマシ」に合うのも多いということです。

±3σにタッチしたから反転するだろう」と逆張りしたらバンドウォークになってしまい、結局は大損を食らってしまった…、なんてパターンは大いにあります。

 

 

しかし、陰陽足と組み合わせることにより、バンドウォークの発生を見極め、順張りすることでダマシを回避することができるのです。

 

組み合わせた時の使い方やメリットを解説!

 

「陰陽足」は、短期・中期・長期の3本のラインで構成されおり、「現在のトレンド」と「勢い」を教えてくれます。

 

陰陽足の見方について

短期・中期・長期ライン全てが陽足となっていると「上昇トレンド発生中」と考えられ、反対に短期・中期・長期ライン全てが陰足となっている時は、「下降トレンド発生中」と判断することができます。

そして、

陰陽足の短期ラインが中期ラインを下から上抜けると、「下降トレンドから上昇トレンドへの転換」を示唆する
陰陽足の短期ラインが中期ラインを上から下抜けると、「上昇トレンドから下降トレンドへの転換」を示唆する
といったことになります。

 

これらを踏まえて、ボリンジャーバンドと陰陽足を組み合わせることによって、トレンドが終わり、新たなトレンドになるタイミングがわかるので、あとは「ボリンジャーバンドでトレンドの大きさ、そしてどこまでトレンドが続くのか?」を見極めていくことができます。

 

ボリンジャーバンドと陰陽足を組み合わせた攻略法とは?

 

 

ボリンジャーバンド使用時に見ておきたいところ

実際に「ボリンジャーバンド」と「陰陽足」でエントリーする場合、まずはボリンジャーバンドを見ます。

現在より前に「スクイーズ」しているかを確認します。

収縮する時間が長ければ、そのあと大きなトレンドになる可能性が高いからです。

そして現在は、「エクスパンション」になっていて、ローソク足が+2-3σにタッチしているかどうかです。

スクイーズのちのエクスパンションですと、このまま「バンドウォーク」に入ることが多いです。

そこで、ローソク足2-3本分がタッチしているあたりが望ましいです

 

 

陰陽足を利用したエントリーの仕方について

そうしたら、次は「陰陽足」を見ます。

陰陽足の短期線が中期線を下から上に抜けたのを確認できれば、これから上昇トレンドになると予測します。

 

そして、陰陽足の長期、中期、短期ラインすべてが陽足になれば、上昇トレンドになったということなので、ここまでのエントリー根拠を掴めたら「highエントリー」で、順張りすることができます。

反対に、ボリンジャーバンドがスクイーズからエクスパンションになり、−2-3σにタッチするのを確認し、そのあと陰陽足の短期線が中期線を上から下に抜けるのを確認後、長期、中期、短期ラインすべてが陰足になったらlowでエントリー」です。

 

勝率はどれぐらい上がるのか?

 

「陰陽足」は、過去の一定期間の終値平均値を算出したものなので、インジケーターとしての精度は高いものになりますが、これ単独ではエントリーポイントが難しいです。

陰陽足の転換サインがでたからといって、すぐエントリーしてしまったとしても、トレンドが小さいものであればすぐ終わってしまうので、利益も出ず、むしろマイナスになってしまう可能性もあります。

 

 

そのため、「トレンドがどれくらいのものなのか?」をボリンジャーバンドで予測することが大事です。

 

 

勝率を上げることは可能なのか?

ボリンジャーバンドも単独ではダマシに合うことが多いので、その点を陰陽足で補えばお互いの良いところを出し切ることができるでしょう。

この2つのインジケーターを組み合わせることによって、欠点を補え、エントリー根拠を作ることができますので、確実性も上がり、その分必ず勝率も上がります。

 

ボリンジャーバンドと陰陽足に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、「ボリンジャーバンドと陰陽足を組み合わせた攻略法、使い方や勝てる手法か?」を解説させていただきました。

 

 

ボリンジャーバンドは使用している方も多いですが、陰陽足は使ったことがない、という方が多いようです。

 

しかし、今回解説させてもらったように、陰陽足は見方も考え方もわかりやすいインジケーターになっており、ボリンジャーバンドとの組み合わせは相性がいいため、かなりオススメできます。

 

ボリンジャーバンドでよくダマシに合うので、なんとか回避したい方法を知りたい

という方は多いと思います。

 

そのような方は、陰陽足を使われてみてはいかがでしょう

 

初めてでも馴染みやすいインジケーターですので、一度試してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事