どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンションの概要についてや、それぞれの見極め方、取引の攻略法」について説明します。

 

 

ボリンジャーバンドについてもっと知りたい

投資をはじめて間もないです

投資に関する知識を身につけておきたい

勝率をもっと上げたい

勝率を上げて安定させたい

 

といった方に、ぜひ見ていただきたいです。

 

スクイーズとは?【ボリンジャーバンド使用時に現れる現象について】

 

 

「スクイーズ」とは、ボリンジャーバンド使用時に見られる現象のひとつです。

 

スクイーズの特徴について
ボリンジャーバンドの移動平均線が幅が狭まっている状態のことも「スクイーズ」と呼びます。
この幅が狭くなると、値動きが少ない「レンジ相場」になる傾向があります。
移動平均線が狭いかどうかの判断のみなので、初心者でも「スクイーズかどうか?」の判断がしやすくなっております。

 

エクスパンションとは何か?【ボリンジャーバンド使用時に現れる現象について】

 

 

「エクスパンション」とは、スクイーズ同様ボリンジャーバンド使用時に見られる現象のひとつです。

 

ボリンジャーバンドの移動平均線が広くなっている(拡張している)状態のことを「エクスパンション」と呼びます。

 

スクイーズとエクスパンションの見極め方とは?

 

スクイーズについて

スクイーズは先述した通り、値動きが少ないレンジ相場となる傾向があります。

スクイーズか発生している時、ボリンジャーバンドの移動平均線は内側に狭まっているか、横に平行に伸びています。

 

エクスパンションについて

一方、エクスパンションはボリンジャーバンドの移動平均線が外側に広がり、トレンド相場となる傾向があります。

 

 

エクスパンションで注意したいこと
ここで注意して欲しいことあります。
それは、移動平均線の広がり方です。
右斜めに進んでいるだけでは、「エクスパンション」とは言えません。
上下の線がそれぞれ反対の方向を向いていることを第1に確認してください。

 

 

バンドウォークとは?

また、エクスパンションでは「バンドウォーク」という現象が生じます。

バンドウォークというのは、一番下と上の線に沿ってローソク足が動いていっていることを意味しています。

 

ボリンジャーバンドを学んだ初心者の方の多くはこのバンドウォークに泣かされてしまいます。

これは、強いトレンドの場合に起こりやすい現象です。

 

 

「強いトレンドかどうか?」は、他のインジケーターを使うなどの工夫が必要となってきます。

しかし、トレンドの強弱を判断するために、オススできるインジケーターがひとつあります。

 

それは「MACD」です。

 

 

MACDの線の角度が急であればあるほど、「トレンドが強い」ことを意味しています。

一方、線の角度があまりなければ、「トレンドが弱い」ことを意味しています。

 

スクイーズとエクスパンションを活用した取引の攻略法とは?

 

スクイーズを活用したエントリー手法
スクイーズの場合、値動きが少ないレンジ相場のため、強い反発が生じます。
ここで見て欲しいポイントが、ボリンジャーバンドの1番上の線と下の線です。
スクイーズの状態でローソク足が1番上の線に達した際は「Lowでエントリー」。
スクイーズの状態でローソク足が1番下の線に達した際は「Highでエントリー」。

 

 

エクスパンションを活用したエントリーを行う場合
エクスパンションの場合は、値動きが大きいトレンド相場となります。
通常トレンド相場では順張りを適応させますが、ここではレンジ相場同様「逆張り」を適応させます。
1番上の線と下の線に注目してください。
ローソク足の半分がこの線を超えたことを確認してください。
1番上の線を超えた場合は「Lowでエントリー」、1番下の線を超えた場合は「Highでエントリー」するといった手法がありますね。

 

 

経済指標には注意しよう

ただし、相場はいつも一定に動いているわけではありません。

経済指標1時間前後や金曜日、月曜日、アメリカの祝日、深夜などは相場が荒れやすい傾向となります。

そのため、相場が不安定となり、いつも通りのエントリーが出来なくなってしまいます。

 

 

自己コントロールできるようにしよう

また、「資金管理」や「メンタル管理」などの自己コントロールが必要となってきます。

いくら強いインジケーターやツールを使っていても、自己コントロールが出来ていなければ余計な損失を生んでしまいます。

どこかの配信を受けて負けた時、負けた分を取り返そうと自分で無理なエントリーや、無理ある金額でのエントリーをしてしまう方も多いはずです。

 

バイナリーオプションは基礎知識だけでなく、自分との勝負でもあるのです。

デモトレードなどで無理あるエントリーをしないようトレーニングするなどの工夫が必要です。

 

 

また、エントリーをする上での「自分なりのルール」を作ることも安定した勝率に繋がってきます。

 

例えばですが、

マイルール作成の例
・エントリー回数は10回まで
・マーチンはなし
・エントリー金額は1000円に固定
など、自分にあったルールを作成してみてください。

 

ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンションに関するまとめ

 

本記事では、「ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンションの概要についてや、それぞれの見極め方、取引の攻略法」について説明しました。

 

・「スクイーズ」とは移動平均線が狭まっている状態

・「エクスパンション」とは移動平均線が拡散している状態

のことを指します。

 

どちらも一番上と下の線に注目し、ローソク足がその線を超えたら「逆側にエントリー」します。

 

 

トレンドの場合

トレンドの強い場合は、エントリーは控えてください。

トレンドが強い場合はバンドウォークが生じる場合がありますので、そのことを念頭に置いておく必要があります。

 

 

また、「自己コントロール」や「ボリンジャーバンドにあった適切な相場を選ぶ」ことも、勝率を上げる上でとても重要なことです。

 

特に初心者は、これら2つのことに注意してデモトレードなどでトレーニングし、リアルトレードをしてみましょう。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事