ドラゴンスキャルとは?インジケーターの運用方法や評判から検証結果について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

皆さんは、FXのシグナルインジケーターを使ったことがありますか?

 

FXといえば、EAというイメージが強いですが、今回紹介する「ドラゴンスキャル」というインジケーターは、初心者でも使いこなせて稼げるということで、今注目されています。

 

興味を持った方は、最後まで読んでみてください。

 

ドラゴンスキャルとはどんなインジケーター?

 

 

ドラゴンスキャルの概要

ドラゴンスキャルとは、4つの通貨ペア専用のシグナルインジケーターです。

トレンド相場を得意としたインジケーターで、「押し目買い」、「押し目売り」を中心にシグナルがなります。

 

 

基本的に、FXで使われるインジケーターです。バイナリーオプションとFXの大きな違いといえば、「決済があるかのか?、それとも決済がないのか?」です。

バイナリーオプションは、エントリーすればあとは判定時間が決められていますが、FXの場合は、自分で決済する必要があります

 

ドラゴンスキャルのメリット

ドラゴンスキャルは、エントリーポイントと決済ポイントをどちらもシグナルを出してくれます。

さらに、そのエントリーポイントと決済ポイントの時に、アラート、メール、プッシュ通知でお知らせしてくれるので、チャンスを逃したり、決済タイミングを間違えたりすることはなくなるでしょう。

 

ドラゴンスキャルの運用方法について

 

 

ドラゴンスキャルで使う基本的な通貨ペアは、「USD/JPY(ドル円)」、「EUR/USD(ユーロドル)」、「EUR/JPY(ユーロ円)」、「GBP/USD(ポンドドル)」の4通貨です。

 

ドラゴンスキャルの良いところは、チャートがシンプルなところです。

設置した時に、余計なインジケーターもなく、ローソク足だけしか表示されません。

 

青色の矢印が出た場合

青色の上向き矢印が出たら、それは「買いエントリー」のサインです。

つまり、FXでいう「ロング」です。

そこでエントリーできましたら、あとは放置します。

青色のチェックマークが出たら、それは「決済」のサインです。

そのため、このサインが出たら、持っているポジションを決済します。

 

 

赤色の矢印が出た場合

赤色の下向き矢印が出たら、それは「売りエントリー」のサインです。

つまり、FXでいう「ショート」です。

買いエントリーの時と同じで、売りエントリーを入れることができましたら放置します。

赤色のチェックマークが出たら、それは「決済」のサインです。

そのため、このサインが出たら、持っているポジションを決済します。

 

このように運用していきます。

これ以外は見る必要がありません。

 

矢印とチェックマークをしっかり見分けることができれば、初心者の方でも簡単に運用できます。

 

ドラゴンスキャルの評判はどうか?

 

ドラゴンスキャルのネットでの評判は、結構高いです。

その理由として、しっかりエビデンスを出しているからです。

 

バックテストのエビデンスについて

このような投資の商品を購入する際に大切なのが、「バックテストのエビデンス」です。

「そのインジケーターやシグナルが勝てるのか?」を証拠として見る必要があります。

販売者がどんなに勝てると言っても簡単に信じてはいけません。

いくらでも嘘がつけるものです。

それに対して「ドラゴンスキャル」は、13年分のバックテストのエビデンスを掲載しており、過去の相場で勝っているということがわかるので、購入者からの評判は高いようです。

 

また、ドラゴンスキャルは、サポート面もしっかりしています。

個人の販売者の場合、サポート面がしっかりしていないことが多いです。

 

そう考えると、サポート面がしっかりしているというのは、ドラゴンスキャルの評判が良い理由の一つかもしれません。

 

ドラゴンスキャルを検証してみると?

 

では、ドラゴンスキャルは実際に勝てるのでしょうか?

 

フォワードが良いことが大切?

仮にバックテストの結果が良くても、フォワードが悪ければ意味がありません。

フォワードとは、未来の結果のことです

過去の相場で勝率が高くても、未来の相場で勝てないなんてことは多くあります。

ドラゴンスキャルのバックテストの結果はプラスですが、フォワードでこれから先、ずっと勝ち続けるかはわかりません。

ですが、現時点では、使っている人は勝っている人が多いです。

 

ドラゴンスキャルは、自動で売買するEAでがないので、使用している人全員が同じように勝てるとは限りません。

トレードを補助してくれるインジケーターなので、エントリーするタイミング、決済するタイミングはしっかり守るようにする必要があります。

 

指示通りエントリーしないで負けるのは、自分の責任です

ドラゴンスキャルのバックテストの結果はプラスなので、しっかりエントリーするタイミング、決済するタイミングだけを意識しるようにしましょう。

 

ドラゴンスキャルインジケーターに関するまとめ

 

これまで、ドラゴンスキャルについて紹介してきました。

 

「ドラゴンスキャル」は、FXでは珍しいシグナルタイプのインジケーターです。

しっかりバックテストのエビデンスも掲載していますし、安心して購入してもいいかなと思います。

 

さらに、設置した時に、余計なインジケーターなどが表示されないので、チャートが非常に見やすくなっています

そして、矢印が出たらエントリーする、チェックマークが出たら決済をするというだけで、非常に簡単なので、初心者の方でも簡単にできるかなと思います。

 

また、サポート面もしっかりしているので、購入前も購入後もしっかり対応してくれます。

購入を考えている方は、ぜひ、お問い合わせしてみることをオススメします。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事