ADXワイルダーとは?MT4での入手方法や使い方や設定方法を解説!相性のいいインジケーターは?

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「ADXワイルダーについてやADXワイルダーのダウンロード方法、使い方、設定、相性の良いインジケーター」について説明します。

 

 

ダウンロードが少し難しい部分はありますが、インジケーターとしては判定や注意点はシンプルで簡単です。そのため、初心者の方でも比較的気軽にエントリーできます。

 

ダマしが少なインジケーターを使いたい

判定が楽にできて比較的有力なインジケーターを使ってみたい

といった方にもオススメできます。

 

経験者の方でも手法のひとつとして抑えてみると良いかもしれません。

 

ADXワイルダーの概要

 

ADXワイルダーとは、トレンドの方向や強さを見極めることが出来るインジケーターのことをいいます。

 

ADXワイルダーの特徴
ADX以外にも、トレンド系インジケーターでトレンドの方向や強さを判定できるものがありますが、このADXはチャートを見ただけで、トレンドの方向と強さを即座に判定できるのです。
このインジケーターは、サブウィンドウに3つの線が導入され、より性能の良いインジケーターとなります。

 

 

「トレンドの方向や強さが分からない」という初心者でも簡単に見極めることができます。

 

そのため、初心者にも良心的なインジケーターです。

 

ADXワイルダーの入手方法からMT4へのダウンロード方法

 

ADX自体はMT4からでも簡単に導入できます。

 

ADXワイルダーのダウンロード方法と設定
①「表示」から「ナビゲーター」を開き、「インジケーター トレンド」から「ADMI」をクリックしてください。
このADMIが「ADX」です。(しかし、このADX自体はダマしが多く、初心者には少々厳しい部分があります。)
因みに、最近できた「MT5」に、このADXの強化版であるADXワイルダーを導入出来るのです。
②まずは、サイト上にあるADXWのリンクをファイルにダウンロードしてください。
③それを解凍して、MT5上にある「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択します。
④「MQL5」→「indicators」という順に開いていき、この「indicators」にコピーしたAUDWを貼り付けてください。
⑤すると、ナビゲーターのExampleの欄に「ADXW」というものがあるので、サブウィンドウに表示させてください

 

ADXワイルダーのダウンロードと設定の説明は以上となります。

 

ADXワイルダーの使い方や設定について

 

 

 

ADXワイルダーの見方について
まず、ADXの実線に注目してください。
この実線が上の方にあればあるほど、トレンドが強いということを表しています。
次に、残りの+DIと-DIの点線に注目してください。
この2つの線の位置によって、トレンドの方向を判定することができます。
-DIが+DIより上にある場合は「下降トレンド」です。
一方、+DIが-DIよりも上にある場合は「上昇トレンド」です。

 

 

次に「ADXのパラメーター設定」について説明します。

 

ADXパラメーターの設定について

まず、レベルの値を「10」で設定してください。

次に「インプット」から、Periodの値を「14」で設定してください。

 

設定は以上となります。

 

 

それでは、エントリーのポイントの説明に移ります。

 

ADXワイルダー利用時のエントリーポイント
まず、実線(ADXW)が10以上であることを確認してください。
10以下であればエントリーは回避してください。
確認が出来ましたら次に点線-DIと+DIに注目してください。
+DIが-DIを上に抜けた時は「HIGHでエントリー」してください。
-DIが+DIを上に抜けた際は「LOWでエントリー」してください。
つまり、+DIが上に抜けていったらHIGHでエントリーし、-DIが上に抜けていったらLOWでエントリーするということです。

 

 

設定や複数の線があるという観点からすると難易度は高めですが、エントリーの条件はいたってシンプル、かつ簡単ですので、初心者の方でも十分に使うことができます。

 

 

ADXワイルダー利用時の注意点

注意点もADXWが10以上を確認するだけですので、予期せぬエントリーなどはあまりありません。

ただ、経済指標付近や夜、月金曜日の相場は荒れる傾向にあるので、いくらダマしが少ないADXでも予想が外れてしまう可能性があります。

 

安定した相場選びも勝率を高めるために必要なことなので、意識して取引してください。

 

ADXワイルダーと相性のいいインジケーターとは?

 

 

ADXワイルダーと相性のいいインジケーターは、ズバリ!「ストキャスティクス」です。

 

 

ストキャスティクスで確認すること
まず、エントリーをする前にストキャスティクスを確認してください。
Mainの線がSignalの線を80以上、もしくは20以下のポイントで下、もしくは上に抜けたことを確認してください
80以上で、Mainの線がSignalの線を下に抜けた場合ローエントリーが確定します。
一方、20以下で、Mainの線がSignalの線を上に抜けた場合は、ハイエントリーが確定します。

 

 

ADXワイルダーで確認すること
次にADXを確認します。
まず、ADXWが10以上であることを確認してください
次に、-DIもしくは+DIが上に抜けたポイントを確認してください

 

 

エントリーポイント攻略について

ストキャスティクスにて、80以上でMainの線がSignalの線を下に抜け、かつADXWが10以上で-DIの線が+DIの線を抜けたポイントで「LOWでエントリー」してください。

ストキャスティクスが20以下で、Mainの線がSignalの線を上に抜け、かつADXが10以上、+DIの線が-DIの線を上に抜けたポイントで「HIGHでエントリー」してください。

 

 

ストキャスティクスとADXを組み合わせた手法はやや難易度は高めですが、ダマしにも対応でき、二重管理体制でチャートを確認しているので、安定した勝率を出すことが出来ます。

 

ADXワイルダーに関するまとめ

 

本記事では、「ADXワイルダーについてやADXワイルダーのダウンロード方法、使い方、設定、相性の良いインジケーター」について説明しました。

 

ADXワイルダーは、レベル10以上であることを前提とし、-DIが+DIを抜けた場合「ローエントリー」、+DIが-DIを上に抜けていったら「ハイエントリー」をします。

 

 

※ストキャスティクスと使う場合は、先にストキャスティクスが80以上、または20以下でクロスしていることを確認してください。

 

 

それから、先述したADXワイルダーの判定をしてください。注意点などは少なく、判定も比較的容易にできます。

 

また、ダマしが少ないため初心者の方でも安心して取引できます。

 

 

 

「ストキャスティクス」インジケーターを利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ストキャスティクス」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもストキャスティクスはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にストキャスティクスだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ストキャスティクスだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ストキャスティクスだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ストキャスティクスだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをストキャスティクスと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①ストキャスティクスとRSIとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「SRC」を利用

②ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示できるインジケーター「Rsi-Sto-View」を利用

 

などといった、組み合わさったオリジナルインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、収益を大きく上げることができたんですよね。

 

 

 

①サインインジケーター「SRC」
「SRC」というインジケーターは、主に逆張りの時に活用できる、オリジナルのサインインジケーターなのですが、設定したパラメータでの勝率を自動計算して表示させてくれるものなので、エントリーサインだけでなく、どのくらい勝っているのかを一目で把握することができる、非常に便利で優れたインジケーターです。
②インジケーター「Rsi-Sto-View」
「Rsi-Sto-View」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターになるのですが、ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示させることができるので、上位足を確認せずとも、ストキャスティクスとRSIの1分足と5分足の数値を、同時に一目で把握できるようになります。 ※MTFというのは、マルチフレーム分析といい、異なる時間足(上位足→下位足)のチャートを確認し、現在の相場状況を把握することで、エントリーポイントを探すといった分析方法です。

 

この時に私は、「ストキャスティクスを利用する際は、ストキャスティクスを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

それから私は、RSIを利用していく際には、「SRC」、「Rsi-Sto-View」、の2つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「SRC」、「Rsi-Sto-View」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

なぜかというと・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね。

 

サインインジケーター①「SRC」、②「Rsi-Sto-View」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-stochastic-394>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事