不連続線(窓)とは何か?連続線との違いから不連続線(窓)の見方や注意点について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションを始めたばかりの方は、「不連続線(窓)」について気になっている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

不連続線(窓)は、しっかりと理解すればバイナリーオプションの取引に必ず役に立ちます。

 

 

そこで!

今回は、「不連続線(窓)とは何か?連続線との違いから不連続線(窓)の見方や注意点」について解説していきます。

 

これからバイナリーオプションを始められる方や、バイナリーオプション初心者の方は、ぜひ最後まで読んでいって下さいね!

 

不連続線(窓)の概要

 

不連続線(窓)とは、あるローソク足と次のローソク足の間に隙間ができている現象をいいます。

 

そのローソク足と次のローソク足の隙間自体のことを「窓」といい、不連続線と同じ意味でも用いられます。

 

不連続線(窓)の特徴
この不連続線は、レンジ相場(ボックス相場)から上か下へ「ブレイクアウト(放れ)」した場合に出現することが多いので、バイナリーオプションにおいての恰好のエントリーポイントになります。
また、下降段階で不連続線が出現すると「下放れ」や「ギャップダウン」などと呼び、上昇段階で不連続線が出現すると「上放れ」や「ギャップアップ」などと呼んでいます。

 

連続線の概要

 

連続線は、あるローソク足と次のローソク足が重なっている現象をいいます。

 

基本的にチャートはこの連続線からできており、大きな価格変動があったときのみ不連続線(窓)ができます。

 

 

エントリーポイントの探り方
連続線は、2つのローソク足の重なり方から、今後の値動きを予想し、エントリーポイントを探ることも可能です。
例えば、前日のローソク足より現在のローソク足が小さい陽線の「はらみ」が高値圏で出現すれば、「売り」のサイン。
前日のローソク足より現在のローソク足が大きい陰線の「つつみ」が安値圏で出現すれば、「買い」のサイン。

 

 

このように、「不連続線(窓)」と「連続線」を利用してバイナリーオプション取引に活用していきましょう!

 

不連続線(窓)の見方について!

 

実際にバイナリーオプション取引に不連続線(窓)を使用するために、見方を紹介していきたいと思います。

 

不連続線(窓)の見方は、基本的に発生するとトレンドが強い傾向にあるので、今後も継続すると考えてもいいでしょう!

 

買いパターンの場合
①例えば、陽線のローソク足から不連続線が発生し、次回のローソク足も陽線でした。これは上昇トレンドがとても強く、今後も継続していく可能性が非常に高いので「買い」と判断します。
②また、陽線のローソク足から不連続線が発生し、次回のローソク足は陰線でした。この場合でも終値が前日のローソク足の終値よりも高ければ、不連続線となるので上昇トレンドと判断できますので、「買い」でエントリーします。

 

 

陰線のローソク足の場合
①反対に、陰線のローソク足から不連続線が発生し、次回のローソク足も陰線でした。これは下降トレンドがとても強く、今後も継続していく可能性が非常に高いので「売り」と判断します。
②また、陰線のローソク足から不連続線が発生し、次回のローソク足は陽線でした。この場合でも終値が前日のローソク足の終値よりも安ければ、不連続線となるので下降トレンドと判断できますので、「売り」でエントリーします。

 

 

このように不連続線を見ると、バイナリーオプション取引でのエントリーポイントを決める判断材料に使用できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

不連続線(窓)を利用する際の注意点とは?

 

不連続線(窓)を利用する際の注意点としましては、「窓を埋める」といった、価格変動のパターンがあげられます。

 

不連続線(窓)が上昇トレンドとして発生すれば「買い」のサイン、下降トレンドとして発生すれば「売り」のサインとお話しましたが、ある一定の相場まで上昇や下降すると、開いた窓を埋めるかのように相場が反転するといった傾向もあります

 

 

このように不連続線(窓)には「窓を埋める」といったパターンがあるので、十分注意しておきましょう!

 

 

また、この「窓を埋める」パターンが完了すれば、様々な投資家たちが相場の調整が完了したと判断して、上昇や下降の価格変動のきっかけとなることもあります。

 

不連続線(窓)が起これば、必ず上昇したり下降したりするわけではないので、他の判断材料と照らし合わして使用してみてくださいね!

 

不連続線(窓)に関するまとめ

 

今回は、「不連続線(窓)とは何か?連続線との違いから不連続線(窓)の見方や注意点」について解説していきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

不連続線(窓)は、ローソク足と次のローソク足の隙間のことで、バイナリーオプション取引において良い判断材料になるものでしたね。

また、同時に連続線の概要についてもお判りいただけたのではないでしょうか?

 

 

連続線は不連続線(窓)とは異なるもので、2つのローソク足の重なり方から今後の値動きを予想できるものでした。

 

どちらもとても優れたチャート分析方法となっており、バイナリーオプションで勝率を上げるためには大活躍してくれることでしょう!

 

 

これからバイナリーオプションを始められる方や、バイナリーオプション初心者の方は、ぜひ今回ご紹介した不連続線(窓)を意識してトレードされてみてはいかがでしょうか?

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事