BBand Width Ratioとは?MT4インジケーター?ダウンロード方法から設定方法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

BBand Width Ratio」に関して、あまり聞いたことのないインジケーターですが、利用したことはあるでしょうか?

 

バイナリーオプションを始めたばかりの人ならば、たぶん見たことも聞いたこともないという返事になるはずです。

 

ただですね、この「BBand Width Ratio」というインジケーターは、実は有名なインジケーターを利用して作られたものです。

果たしてそのインジケーターとは一体なんでしょうか?

 

 

今回の記事では「BBand Width Ratioのダウンロード方法や設定方法」などについて解説していきます。

 

BBand Width Ratioとは何か?

 

 

「BBand Width Ratio」とは、有名なインジケーターであるボリンジャーバンドを1本のラインで表したものになります。

 

 

BBand Width Ratioの意味について

また、BBandと名付けられている理由が分かりました。

BBand Width Ratioを日本語に直訳すると「ボリンジャーバンド幅の比率」となります。

つまり、ボリンジャーバンドの標準偏差の幅を、1本のラインで表示したインジケーターとなっているわけです。

 

 

BBand Width Ratioの使い道とは?

ボリンジャーバンドとは違い、メイン画面に表示されるものではなく、サブ画面に表示されるのが「BBand Width Ratio」であり、つまりは、ローソク足がタッチしたからというエントリー方法で利用することはできません

そうではなく、相場の勢いを一目で見るインジケーターとなっています。

 

BBand Width Ratioのダウンロード方法について!

 

「BBand Width Ratio」は無料のインジケーター、そのまま検索サイトで探せば、すぐに無料でダウンロードができます。

 

 

BBand Width Ratioのダウンロード方法

①まず最初に「BBand Width Ratio 無料」と検索してみましょう。

②いくつか表示されたサイトから選び、クリックして表示させます。

③サイトを開くと「ダウンロードがこちら」など、分かりやすく表示がされているはずです。

④その場所をクリックし、データをデスクトップにダウンロードしましょう。

⑤ダウンロード方法は使用してるプラウザごとに違うので、普段ご自身がダウンロードしている方法で、デスクトップに保存できればOKです。

 

 

⑥「BBand Width Ratio.mq4」か「BBand Width Ratio.ex4」のどちらかで保存されるはずですので、そちらを自分が使用してるMT4へとセットアップしてください。

ダウンロード自体はとても簡単にできるはずです。

 

 

もし「BBandWidthRatio.zip」で保存された場合は、解凍してからMT4へセットアップするようにしてください

 

BBand Width Ratioのパラメーター設定について!

 

BBand Width RatioをMT4に反映させることができましたら、次は設定を行っていきます。

 

BBand Width Ratioの設定方法

①まずは、挿入から「インディーケータ」を選択し、一番下にカスタムが表示されますので、そちらをクリックしましょう。

②すると、インジケーターを選択する画面になるので「BBand Width Ratio」を選択します。

③次に、パラメーターの入力、表示されている「BB_Period」は期間を表し、「Deviation」は標準偏差です。

 

パラメーターの設定はデフォルト通りでも構いませんし、普段使用しているボリンジャーバンドに合わせても構いません。

自分の使いやすい設定をするようにしましょう。

 

BBand Width Ratioの計算式や使い方について!

 

BBand Width Ratioの計算式は、ほぼボリンジャーバンドと同様だと考えてください。

 

BBand Width Ratioの見方について

BBand Width Ratioはボリンジャーバンドが開いている、つまりエクスパンションしているトレンド発生中は、右上がりのラインになります。

トレンドが終息するにつれて、BBand Width Ratiomも右下がりのラインになり、最終的に下の方で、直線気味のラインとなります。

つまり、トレンドが発生しているかどうかを、一本のラインで視覚できるようにしたのが、BBand Width Ratioインジケーター」というわけです。

 

下降トレンドが発生しているからと言って、右下がりになるわけではないので注意してください。

あくまで、上昇でも下降でもトレンド相場になれば、ラインは上昇るするということです。

 

BBand Width Ratioの使い方

BBand Width Ratioを表示することで、MT4のチャートを開いたとたん、すぐにトレンドが発生しているかどうかを知ることができます。

バイナリーオプションで利益を得るのであれば、トレンド発生中を狙うのが良い方法です。

そして、それをすぐに察知できるインジケーターとなっているのです。

「BBand Width Ratio」を見て、トレンドが発生してれば、タイミング良く「順張り」をし、レンジ相場であれば、エントリーを見送るという使い方ができます。

 

BBand Width Ratioインジケーターに関するまとめ

 

為替を利用し投資を行うのであれば、現在の相場を瞬時に判断するのは大事なことです。

すぐに、「トレンド相場なのか?」、それとも「レンジ相場なのか?」を判断する必要があります。

 

 

ボリンジャーバンドをメイン画面に表示すると、他のインジケーターが見にくくなると思われている人には、「BBand Width Ratio」はちょうど良いインジケーターかもしれません。

「BBand Width Ratio」を利用して、相場の状況をいち早く察知するようにしましょう。

 

 

もちろん、他のインジケーターと組み合わせて使用することも可能です。

是非、色々試してみてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事