CCIとケルトナーチャネルを組み合わせた攻略法とは?使い方や勝てる手法かを解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

FXやバイナリーオプションで勝つためには、たくさんインジケーターが必要だよね。

 

と思っている方も多いですが・・・・

 

実は、実際に勝つために必要なインジケーターはそこまでありません。

 

 

トレード初心者の方ほど多くのインジケーターを使い、上級者・ベテラントレーダーの方ほど、シンプルなチャート・分析方法である傾向があります。

 

そのため、最初からいくつもインジケーターを組み合わせるのではなく、とりあえず2〜3つのインジケーターを組み合わせることをお勧めします。

 

 

そこで!

今回は「CCIとケルトナーチャネルというインジケーターを組み合わせた使い方や攻略法」について紹介します。

 

CCIとケルトナーチャネルを組み合わせると?

 

 

 

CCIの概要について

CCIというのは「Commodity Channel Index」の略であり、訳すと商品チャンネル指数という意味になります。

インジケーターは、「オシレーター系」と「トレンド系」の2種類に分けられますが、CCIはオシレーター系に分類されます

 

 

ケルトナーチャネルの概要について

もう一つの「ケルトナーチャネル」は、トレンド系として使われることが多いインジケーターです。

ケルトナーチャネルは、「移動平均線」とそれを挟む上下の2本のラインから構成されます。

 

 

CCIとケルトナーチャネル、つまりオシレーター系とトレンド系のインジケーターをそれぞれ1つずつに絞ることで、相場をよりシンプルに分析することができますので、非常にお勧めです

 

組み合わせた時の使い方やメリットを解説!

 

 

オシレーター系インジケーターの特徴

オシレーター系は、基本的に「買われ過ぎ・売られ過ぎ」を判断するためのインジケーターです。

買われ過ぎの場合は、下がる可能性が高くなり、売られ過ぎの場合は、その後上がる可能性が高いというわけです。

 

CCIがトレンド相場で機能しない?

ただし、CCIを含むオシレーター系インジケーターは、トレンド相場になると機能しません。

トレンド相場というのは、基本的に買われ過ぎ・売られ過ぎの相場ですので、オシレーター系のインジケーターは、トレンド方向に張り付いてしまうことが多いからです。

CCIの場合は、底や天井が見えないので、張り付くことは少ないですが、エントリータイミングがわかりにくいです。

 

 

組み合わせるメリットとは?

しかし、そこでケルトナーチャネルを組み合わせることで、より安定したトレードをすることができます。

 

CCIとケルトナーチャネルを組み合わせた攻略法とは?

 

 

それでは次に、具体的な攻略法をまとめていきます。

 

組み合わせて利用した時の攻略法

CCIは±100が基準となる線になります。

しかし、大きな値動きがあった場合は、±200まで伸びるということもザラにあるので注意が必要です。

基本的には、「±100ラインを抜けたらまた戻る」ということを頭に入れておきましょう。

ケルトナーチャネルは、上のバンドを抜けたら上昇トレンド、逆に下のバンドを下抜けたら下降トレンドと判断します。

狙い目としては、CCIの100ライン突破&ケルトナーチャネルの移動平均線を割るタイミングで「逆張り」です。

上昇トレンドの場合は、CCIが+100ラインを上抜けて、ケルトナーチャネルの移動平均線をローソク足が下抜けたら下へエントリーです。

FXでは、ほとんど値幅が取れない小さな動きとなることが多いですが、バイナリーオプションの場合は、少しでもエントリーしたポイントよりも高ければいいので、狙うことができます。

 

 

抵抗線がある場合は注意すべき!

ただし、レジスタンスラインやサポートラインなど抵抗線が見える場合は注意が必要です。

CCIとケルトナーチャネルでエントリーサインが出たとしても、抵抗線がある場合は、エントリーサインとともに動きが変わる可能性が高くなります。

 

勝率はどれぐらい上がるのか?

 

「CCI」と「ケルトナーチャネル」の2つのインジケーターだけを見ていればいいか?、というとそうではありません。

むしろ、インジケーターよりもチャート分析が重要になります。

 

そもそもインジケーターというのは、ローソク足の一部の要素を別の形で表しているに過ぎないので、「インジケーターがこう動いたから次にローソク足はこう動く」という根拠は何もないわけです。

 

インジケーターでサインが出たとしても、ローソク足が急激に逆方向へ動いてしまったら、インジケーターのサインも変わってしまいます。

 

 

しかし、そこで重要なのがチャート分析です。

 

ラインやフィボナッチを利用することが大切?

基本的なものを上げると「レジスタンスライン」や「サポートライン」、「フィボナッチ」を使った分析などです。

相場は人間の心理で動いているため、このように意識されているラインを発見することが、勝率を上げる上で必要不可欠です。

様々なラインを駆使したり、鉄板のチャートパターンを発見した上で、先ほど紹介したCCIとケルトナーチャネルを組み合わせることで、エントリータイミングを計りやすくなります。

 

CCIとケルトナーチャネルに関するまとめ

 

今回紹介した「CCI」と「ケルトナーチャネル」は、ほんの一例です。

FXやバイナリーオプションの分析に正解はなく、100人のトレーダーがいたら100通りの取引方法があります。

 

ただですね、初心者の方は、一体何をすればよいかわからないという方が多いと思いますので、まずは鉄板の分析方法を完璧にすることをお勧めします

 

 

ライン分析やMTF分析をしよう!

ライン分析」や「MTF分析」は、FXやバイナリーオプションで勝つためには必須ともいえる重要な分析方法なので、勉強してみてください。

そのうえで、インジケーターを使うとより確度の高い取引ができるようになります。

 

「CCI」と「ケルトナーチャネル」を使った結果わかりにくいという場合は、他のインジケーターに置き換えたり、設定を変えてみたりして試行錯誤してみてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事