どうもインベスターS.Tです。

 

 

バイナリーオプションを始めようと考えている方が、最初に選ばなければならないのは分析用のチャートです。

 

 

バイナリー業者が提供するチャートはとてもシンプルで、インジケーターなどは追加することができない場合が多いです。

 

 

そのため、バイナリーオプションを始める方は、分析用のチャートを1つ開設しておくことが必要になります。

 

 

チャートはFX口座を開設したり、デモ口座を開設したりすることで使うことができますが、代表的な無料チャートツールとしてMT4というソフトがあります

 

 

MT4は追加できるインジケーターやシグナルが多く、自分好みにカスタマイズすることができるので、初心者から熟練者まで多くの人に使われています。

 

 

この記事ではその「MT4で使えるインジケーターの一つにあるQQE」についてまとめました。

 

QQEの特徴と概要について

 

インジケーターには大きく分けて2種類あります。

1つはトレンド系、もう一つがオシレーター系です。

 

 

簡単に説明をすると、

トレンド系とオシレーター系の違い

・トレンド系はトレンド相場に強く、多くは順張りを狙う際に使うインジケーター

・オシレーター系は跳ね返るように移動するレンジ相場の時に力を発揮するインジケーター

 

 

 

そしてQQEはこのうちオシレーター系に含まれます。

 

 

代表的なオシレーター系インジケーターとして「RSI(Relative Strength Index)」が挙げられます。

つまりQQEは、このRSIをもとにしたインジケーターになっているわけですね。

 

QQEインジケーターの概要

QQEは「Qantitative Qualitative Estimation」の略で、和訳すると「定量定性評価」という意味になります。

役割自体はRSIと似ており、買われ過ぎ売られ過ぎを表すインジケーターです。

 

 

QQEインジケーターの使い方や見方について

 

QQEの基本的な使い方
QQEは2本のラインで表され、多くの場合は実線と点線で表示されます。

この2本の線の動きを見ながら、買われ過ぎ売られ過ぎを判断するのが主な使い方です。

 

 

QQEは0から100までの値の中で動き、低ければ低いほど売られ過ぎ、高ければ高いほど買われ過ぎということを示します。

さらに、2本の線がクロスするとより強いエントリー根拠になります

 

 

QQEを利用したエントリーの根拠
具体的には50以上で実線が点線を下に抜けた時は、LOWでエントリーをする根拠になります。
逆に50以下で実線が点線を下から上に抜けた時は、HIGHでエントリーをする根拠になります。

 

QQEは「2本の線が推移している場所」と「2本の位置関係(クロス)」を参考にします。

 

QQEインジケーターを利用するメリットとは?

 

先ほどQQEは、RSIをベースにしているインジケーターと書きましたが、2本の線を使うところであったり、クロスでエントリー根拠を見つける点においては、ストキャスティクスなどのインジケーターに似ています。

 

 

QQEを利用するメリットとは?
そのため、QQEを使うメリットはストキャスティクスやRSIと似ており、「相場の強弱を判断することができる」や「転換点を見つけるための参考になる」というメリットがあります。

 

 

RSI・QQE・ストキャスティクスなどは似ているので、全部使っても問題ありませんが、自分が使ってみて見やすかったり判断しやすいインジケーターを選ぶのがベストです。

 

QQEインジケーターを利用した攻略法とは?

 

QQEは先ほども書いたように、2本の線の推移している場所と2本の線の位置関係を見て相場の状態を判断します。

 

線の傾きが急激に変わった時は、相場が大きく動いていると判断できますし、2本の線がだんだん近づいてきて、今にもクロスしそうな時は、転換点になるかもしれないという根拠になります。

 

 

バイナリーオプションで活用する際は、主に転換点を狙うのがおすすめです。

 

QQEを利用した攻略法
FXとは違い、大きな相場の変動を狙う必要はないので、QQEで跳ね返りそうなポイントを見つけて逆張りでエントリーをするというのが鉄板の攻略法です。

 

 

QQEを利用する注意点
ただし、QQEだけを根拠にエントリーをするのは危ないので、その他のボリンジャーバンドやローソク足なども注視してエントリーを決めたほうが良いです

 

 

あくまでQQEは、相場の状態を見極めるための判断材料の1つと思っていた方が良いでしょう。

 

QQEインジケーターに関するまとめ

 

MT4では、たくさんのインジケーターやシグナルなどを使うことができるので、いろいろ試してみるのが良いと思います。

 

 

バイナリーオプション初心者の方は、マニアックなインジケーターを使うよりも、主流のインジケーターを使った方が勉強しやすいと思います。

 

 

QQEは比較的マニアックなインジケーターで、そのほかの「RSI」や「ストキャスティクス」の方が有名です。

 

なので、RSIなどを使ってみてから、QQEなどの少し変わったインジケーターを使うことをお勧めします。

 

勝率を上げるために
インジケーターの組み合わせはいくらでもできるので、使うインジケーターを変えながら、一番勝率が高くなる組み合わせを採用した方が良いでしょう。
バイナリーオプションは判定時間がとても短いので、ある程度反応が早いインジケーターを選んで使う必要があります。

 

 

しかし、バイナリーオプションはまだ日本ではあまり普及していないため、書籍などはほとんど販売されていません。

 

 

そのため、どのインジケーターが良いかわからない場合は、FXでよく使われているインジケーターから使ってみると、QQEなどのインジケーターの理解も早いと思います。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事