RD-Comboでバイナリー逆張り取引を攻略!勝率を上げる組み合わせ方やロジックを解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

インジケーターは、ローソク足を違う角度から見ることができるものです。

 

その中でも、オシレーター系のインジケーターは、ローソク足を違う角度から見て、上昇の勢いが強いか下降の勢いが強いかを判断するのに使います。

 

インジケーターと言っても、たくさん種類があるので、どれを使うのが良いのかわからない方も多いと思います。

 

 

そこで!

今回は「チャートとしてよく使われている、MT4で使うことができるRD-Comboというオシレーター系インジケーター」について紹介したいと思います。

 

RD-Comboインジケーターを利用するメリットとは?

 

「RD-Combo」は、オシレーター系インジケーターなので、相場の現在の状態が買われ過ぎか売られ過ぎかを判断することができます。

同じような役割として、RSIやスローストキャスティクスなどがありますが、RD-Comboは表示方法に少し違いがあります

 

RD-Comboの特徴と見方について

RD-Comboは、ヒストグラムとラインからなるインジケーターです。

上限は5、下限は‐5になっています。

さらにヒストグラムが上限下限に到達すると、ヒストグラムの色が変わるので、とても見やすいです。

RSIやスローストキャスティクスが見にくいという方は、RD-Comboを使ってみるのもいいかもしれません。

 

 

RD-Comboの効果的な使い方

RD-Comboをバイナリーオプションで活用するためには、レンジ相場を狙う必要があります。

レンジ相場で逆張りをする際に、RD-Comboはとても活躍するインジケーターになっています。

 

RD-Comboで勝率を上げるためのロジックとは?

 

 

RD-Comboの重要なシグナルとは?

RD-Comboは、緑と赤に色が変わった時がとても重要です。

下降傾向の時に、RD-Comboのヒストグラムが赤になれば、かなり強い下降であると判断できますし、逆に下降傾向の時なのにRD-Comboのヒストグラムが緑色になれば、反転を示唆しています。

 

 

RD-Comboを利用する際の注意点

ただし、RD-Comboを含む多くのオシレーター系インジケーターは、トレンド相場にとても弱いです

なぜかというと、強いトレンドが発生するとオシレーター系インジケーターは、トレンド方向に張り付いてしまうため、全く判断しようがなくなってしまうためです。

 

RD-Comboの場合も同じで、トレンド相場になるとヒストグラムが緑色連続になったり、赤色連続になったりします。

そうなってしまうと使うのは難しいので、他のインジケーターを組み合わせてトレンド相場を避ける必要があります。

 

RD-Comboで勝率を上げるためのインジケーター組み合わせ方とは?

 

RD-Comboが活躍しやすいのはレンジ相場ですので、トレンド相場は避けた方が無難です。

では、トレンド相場を避けるためにはどうすれば良いか?というと、それはボリンジャーバンドを使うことです。

 

ボリンジャーバンドの概要と見方について

ボリンジャーバンドは、トレンド系のインジケーターで初心者から上級者まで、幅広いトレーダーに使われているインジケーターです。

ローソク足の上下に表示され、相場の状況をレンジ・トレンド共にわかりやすく見ることができます。

ボリンジャーバンドの見方はとてもシンプルで、トレンド相場になるとボリンジャーバンドが開きます(エクスパンション)。

さらに、多くの場合はボリンジャーバンドが開く(トレンド相場になる)より前に、ボリンジャーバンドの先端の間隔が狭くなってきます(スクイーズ)。

 

つまり、ボリンジャーバンドの間隔が狭くなってきた場合は、トレンド相場になる可能性が高いということなので、RD-Comboを信用してトレードをするのは危ないと判断することができます。

 

RD-Comboで逆張りを攻略する具体的な手法とは?

 

 

続いては、RD-Comboを使って逆張りする手法をまとめました

大きなトレンドが起きていない時に使うことができる手法です。

 

RD-Comboを利用した逆張り手法とは?

やり方はとてもシンプルで、RD-Comboが2本連続同じ色になった後にローソク足が確定したら逆張りをします。

例えばですが、RD-Comboのヒストグラムが緑2本になった次のローソク足が確定したタイミングで逆張りです。

なぜこの手法かというと、大きなトレンドが開いていない、つまり、落ち着いたレンジ相場の時は、RD-Comboのヒストグラムが片方に張り付くということは少ないです。

つまり、ヒストグラムが緑3本4本や、赤が3本4本と連続することはとても少ないです。

そのため、ヒストグラムが2本出た時点で逆張りをすることで、高い確率で勝つことができます

 

このシグナルを識別すること自体はそこまで難しくないのですが、今の相場にその手法が通じるかどうかを判別するのが難しいです。

ひげが少なく、比較的落ち着いた動きをしている相場を狙って活用しましょう。

 

RD-Comboインジケーターに関するまとめ

 

最後に、RD-Comboのまとめです

 

MT4で使えるインジケーターですので、現在MT4を使ってバイナリーオプションをやっているという方は是非使ってみてください。

RSIやスローストキャスティクスなど、他のオシレーター系インジケーターもありますが、少し違ったオシレーター系インジケーターを使うことで、また別の気づきがあるかもしれません。

 

 

RD-Comboの場合は、上昇下降を色で判別できるので、パッと見るだけで相場がどういう動きをしているのかがわかります。

 

RD-Comboを使った手法自体もとてもシンプルなものなので、インジケーターでごちゃごちゃしていて見にくいという方は「RD-Combo」と「ボリンジャーバンド」に絞るというのもアリだと思います。

 

 

また、RD-Comboは落ち着いた相場で使いやすいです

落ち着いた相場になりやすいのは、夜中の1時以降もしくは午前10時〜午後2時くらいの時間帯です。

 

ひげが少なく、とてもきれいな動きをしている場合は狙い目です。

 

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

 

↓↓

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事