どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションを始め、勝率を上げるために調べていると必ず出てくるのがボリンジャーバントです。

 

 

FXでも多くの投資家がチャートを確認するときに利用しているほど信頼度が高く、トレンドの開始、買い過ぎや売られ過ぎのサインなどを判断するのにとても有効なテクニカル指標となっています。

 

バイナリーオプションで勝率を上げるためには、ボリンジャーバントの使い方を知っておくことはとても大事なことなのです。

 

ボリンジャーバンドとは何か?

 

ボリンジャーバンドは、移動平均の値を表す線の上下に、値動きの幅を表示させる指標です。

 

アメリカの投資家ジョン・ボリンジャーさんが、変動の大半がボリンジャーバントの幅内に収まるという統計学を応用し開発されました。

 

 

ボリンジャーバンドをチャートに設定する基本的な形は7本の線を使用し、上から

 

・+3σ

・+2σ

・+1σ

・移動平均線

・-1σ

・-2σ

・-3σ

 

となります。

 

 

中には、±1σは表示せず5本で行う方も多くいます。

 

 

それぞれボリンジャーバンド内に収まる確率が異なり「±1σは68.27%」、「±2σは95.45%」、「3σは99.73%」つまり、3σ内で収まる確率は100%近くの確率となるのです。

 

この確率を未来の相場予想に役立てるため、ボリンジャーバンドは活用されているのです。

 

 

ボリンジャーバンドの設定と使い方について

 

ボリンジャーバンドを設定するときは次の項目を入力します。

 

期間

 

移動平均線を定める期間の設定、何日間のデータを元に分析した線を表示するかで、9日、20日、25日のどれかを使用する方が多く、私もバイナリーオプションを行う際は20日を使用しています。

 

表示移動

 

数字を入れるごとに表示されるボリンジャーバンドが右へとずれていきます。

基本的には0を使用します。

 

偏差

 

この項目でσを決めます。

2を入力することで±2σ、3を入力すると±3σを表示し、私は2と3を使用しています。

 

色はローソクの色や他のインディケーターの色との兼ね合いもありますので、自分の見やすい色を使用するよようにしましょう。

ボリンジャーバンドには、幅の狭い所や広くなったところもありその状況から相場環境を見分けることができます。

 

スクイーズ

 

英語で搾るという意味で、ボリンジャーバンドが狭い時にこの言葉を用い相場の状態はレンジ相場、ローソク足が狭いボリンジャーバンド内を行ったり来たりしている状態です。

 

この時は値動きが小さく、30秒取引や1分取引などには向きません。

 

エクスパンション

 

英語で拡張という意味で、ボリンジャーバンドが両側に広がった時に使用し相場の状況はトレンドが発生していることになります。

 

幅が広ければ広い程トレンドの力が強く、ボリンジャーバンド内にローソク足を入れようとしているようにも見えます。

 

相場はこのスクイーズで力を溜め、エクスパンションで溜めた力を一気に解放、相場はこれの繰り返しとなっているのです。

 

ボリンジャーバンドを攻略する方法とは?

 

バイナリーオプションの購入方法は「順張り」か「逆張り」のどちらか、どちらの方法もボリンジャーバンドを使用することでエントリーポイントを見極め、勝率を高めることができるのです。

 

逆張り

 

これ以上相場は上がらないと予想したときに下でエントリー、またその逆に相場は下がらないと予想したときに上でエントリーすることを逆張りと言います。

 

逆張りに適している相場はレンジ相場です。

 

 

先ほど相場はスクイーズとエクスパンションの繰り返しという話をしましたが、エクスパンションの終わりを見極め逆張りする方法、又はレンジ相場時の行ったり来たりの際、どちらもボリンジャーバンドの3σに触れた時がエントリーポイントとなるのです

 

ここでの注意点はレンジ相場の時に3σへタッチ逆張りでエントリーをした場合に、エクスパンションへ移行することが多くあり負けてしまう事です。

 

順張り

 

相場はエクスパンション時にボリンジャーバンドの2σに沿って値動きをする、バンドウォークというとても強いトレンドを形成することがあります。

 

この時に、順張りを行う事で勝率を上げる方法になります。

 

 

私も順張り方法を利用しており3σにタッチをしないで階段のように上っていくローソク足、若しくはその逆で下がっていく際にエントリーをするようにしています。

 

つまり、ボリンジャーバンドが大きく広がっている状態のトレンド発生時に使える手法、続くと思えば短期間に何度でもエントリーポイントが発生するのでバイナリーオプションに適している手法と言えるのです。

 

ボリンジャーバンドの弱点について

 

もちろん、ボリンジャーバンドには弱点があります。

 

まず、経済指標が行われた際の異常相場では全く機能を発揮できないですので、この時はエントリーをしないことをオススメします。

 

 

次の弱点は、値が動くたびにボリンジャーバンドも向きが変更してしまい、そのためダマシを受けることも多くあり、相場状況の見極めを間違うこともあるのです。

 

つまり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを判断することは難しく、他のインジケーターを使用することが勝率を上げるポイントであり、ボリンジャーバンドを攻略するために絶対必要なことになります。

 

 

例えば、相場の方向を確認できる移動平均線ですが、この線に角度があるときはトレンドが発生する確率が高くなるので、エントリーポイントの見極めに活用することができます。

 

 

私は逆張りと順張り両方使用していたことがありましたが、あるとき勝率を確認してみると、順張りの勝率が高いことがわかりました。

 

 

人それそれぞれ趣味は変わります。

 

自分に合ったエントリー方法があると思いますので、それを見極める事も重要なポイント、自分を見極めるために勝率を確認することは必ず実施することが大事です。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

例えばですが

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

 

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事