チャネルラインとは?MT4でのラインの引き方や最適に引ける時間足について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

ローソク足チャートを見ていると、一定の値幅で上下しながら、強い上昇や下降を繰り返しているのがわかります。

 

これは「レンジ相場」でも、「トレンド相場」でも必ず起きている現象です。

 

 

これを見やすくし、戦略をたてるために利用するのが「チャネルライン」になります。

 

そこで!

今回は、「このチャネルラインの引き方や、時間足」について解説していきます。

 

チャネルラインの概要と特徴について

 

 

チャネルラインとは、トレンドラインに並行してして引いたラインのことで、上下に平行に引かれたラインのことを指しています。

 

トレンドラインと並行して引かれたラインのことを「アウトライン」と呼び、トレンドラインとアウトラインの組み合わせが「チャネルライン」というわけです。

 

チャネルラインの特徴
チャネルラインを引いたときに上昇しているラインになれば、「チャネルアップ」、下降しているラインになれば「チャネルダウン」となるのです。
チャネルラインを引くことにより、相場の強さを把握することができます。

 

チャネルラインを引くメリットとは?

 

チャネルラインを引くメリットは、いくつかあります。

 

その①:ローソクチャートを見やすくしてくれる
チャートにラインを引くことで戦略を立てやすくし、状況の判断がしやすくなります。
先ほどもお話したとおり、相場は必ず上下を繰り返しており、それを見やすくしてくれるのが「チャネルライン」なのです。
つまり、チャネルラインを引くことによって、相場の状況を素早く判断できるようになるというわけです。

 

 

その②:相場の強さを判断できる
2本のラインを引くことによって分かるのは「ラインの角度」、「2本のラインの幅」、「ラインの長さ」がそれぞれ確認できます。
それぞれの状況に応じて、トレンドの強さを測ることができるのです。
ラインの角度が急であれば、「強いトレンド」が発生していると判断できます
ラインの角度が緩やかであれば、「弱いトレンド」が発生していると判断できます
ラインの幅が広ければ「強いトレンド」で、長く続くという予想ができ、狭ければ「弱いトレンド」で短い可能性もあるという判断になります。

ラインが長くなれば、トレンドラインの力が強くなり、ブレイク後は大きな反発が予想できるというわけです。

 

さらにチャネルラインは、複数引くことにより、さらに詳しく分析することを可能としてくくれます。

 

もし、ブレイクを起こしたのであれば、新たなチャネルラインを引くようにしましょう。

 

MT4でのチャネルラインの引き方を解説!

 

 

チャネルラインを引くときは、「トレンドライン」から引いていきます。

トレンドラインを引いたあと、それを並行にコピーすれば、チャネルラインの完成です。

 

 

チャネルラインを簡単に作成しよう!
簡単に引く場合、MT4の「並行チャネルラインの作成」を利用すれば、2本のラインを作成することができますので、そちらを利用するようにしましょう。
まずは、トレンドラインの引き方になれることです。

 

 

初めての方は、

ラインをどのように引けばいいのか?

っと、試行錯誤してしまいがちです。

 

しかし、ラインの引き方に特に正解はありません。

 

過去のローソク足で色々試しながら引いてみると、慣れてくるはずなので、まずは色々と引いてみましょう。

 

 

ただですね、過去のローソク足で引けるのは当たり前のことです。

そのため、過去のラインが引けるようになったら、実際の動いている相場で行ってみましょう。

 

その時に、しっかりとラインで反発すれば、自信をもって大丈夫です。

 

あまり神経質にならずに、気楽に引いてしまうことがコツとなります。

 

チャネルラインを最適に引ける時間足とは?

 

 

できれば長い時間足、日足などで引くのがお勧めですが、そうしてしまうと、バイナリーオプションで活用するのは難しくなります

 

長い時間足に引いてしまうと・・・
バイナリーオプションの魅力は短時間取引ですので、日足で引いたチャネルラインが活躍するのを待っていたら、常にチャートを見ていなければいけません。
また、エントリーの機会を減らしてしまうのです。
そうしてしまうと、チャート見ているだけで疲れてしまいます。

 

 

短いローソク足になると引きにくくなりますが、やはり5分足や1分足で引きながら、バイナリーオプションでは活用するようにしましょう。

 

オススメの取引時間とは?
私のお勧めは、5分足で5分エントリーを行う方法になります。
できるだけ長い時間で、チャネルラインを活用するのが、お勧めの手法と考えました。
チャネルアップの場合、トレンドラインにローソク足がタッチしたら、逆張りでエントリーを行う手法が、5分取引で結果を出せるはずです。

 

デモ取引で色々試しながら、最適な利用方法を選んでみましょう。

 

チャネルラインに関するまとめ

 

チャネルラインを引けるようになると、何となく相場が分かるようになったと感じることができます

チャート分析に、ラインを利用するのはとても重要なことです。

 

そして、ほかのインジケーターと組み合わせれば、より高い精度のテクニカル分析を行うことができるのです。

 

 

チャネルラインは自分で引くラインになりますので、「バイナリーオプションではあまり利用したくない」という声も聴いたことがありますが、それは間違いではないでしょうか?

 

 

もちろん、自動で表示してくれるインジケーターで利益を上げることができれば、簡単かもしれませんが、自分でラインを引くという行為がさらに相場の理解度を増してくれるのです。

 

初めての投資がバイナリーオプションという人ならば、少しでも相場に慣れる必要があります。

 

ラインを引くことで相場の状況判断に慣れていくようにしましょう。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事