ゾーントレードとは?バイナリー取引を攻略するための手法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーでライントレードをしている人が多いですが、勝率が安定しない人が多いです。

 

その理由として、ラインの定義が決まっておらず、とりあえずラインを引いてラインにタッチするたびにエントリーするからだと思います。

 

そこで、もっとトレード効率を上げて、勝率を安定させるためにオススメなのが「ゾーントレード」です。

 

今回は、ゾーントレードについて紹介していきます。

 

ゾーントレードとはどんな意味?

 

 

ゾーントレードとは、バイナリーオプションでライントレードをやっている人が主に使う手法で、ラインを1本引いて待つのではなく、2本引いて、その2本のラインの間をゾーンとしてチャンスを待ちます。

 

ライントレードよりもゾーントレード?

ライントレードではなく、ゾーントレードをするには、様々な理由があります。

バイナリーで、ライントレードをしている人は非常に多いですが、ラインをどこに引くか正解はありません。

ほとんどの人が、とりあえず多くのラインを引いて、ラインに到達するたびにエントリーしていては、勝率が安定しません。

しかし、ゾーントレードにすれば、「レジスタンスのゾーン」と「サポートのゾーン」の2つだけでいいので、非常にシンプルなチャートになり、無駄なエントリーが少なくなるので、初心者の方にも非常にオススメのトレード手法になります。

 

ゾーントレードを利用するメリットとは?

 

1つ目のメリットについて

ゾーントレードを利用するメリットは、まず単純にエントリー回数が増えることです。

 

自分が待っていたラインの少し手前で反発してしまった。

 

という経験はありませんか?

そんな人は、ゾーントレードを使うとなくなります。

ラインではなく、ゾーンとしてチャンスを待つようになると、エントリー回数が増えます。

 

 

2つ目のメリットについて

また、ゾーンを決めておくと、資金管理が守れるというメリットがあります。

 

ライントレードをやっていると、ラインブレイクしてもマーチンやナンピンをし続けて、資金管理が崩れてしまう人が非常に多いです。

「ゾーンをあらかじめ決めておいて、このゾーンをブレイクしたら諦める」としておくと、マーチンやナンピンをむやみにやらなくなると思います。

 

 

3つ目のメリットについて

また、ゾーンを決めておくと、効率よくトレードすることができるというメリットもあります。

 

チャートを見て、上下にゾーンを作っておきます。

そのゾーンを作っておいて、あとはそのゾーンに来るまではチャートは見ずに放置しておけますので、別作業をすることもできます

そして、ゾーンに近づいたらチャートを見て、分析すればいいのです。

 

ゾーンに近づいてからチャートを見ればいいので、チャートに張り付く必要もないので、非常に効率よくトレードすることができます。

 

ゾーントレードでバイナリー取引を攻略する手法とは?

 

 

ゾーントレードでバイナリー取引で、使っていくには、まず条件として、

ライントレードをしている
逆張りトレードをしている
15分以上の取引をしている

という3つが条件になります。

 

 

Turbo取引はオススメできない?

ハイローオーストラリアのTurboでは、ゾーントレードはできません。

ゾーントレードは、ある程度反発幅が取れるようなところでエントリーしないと、普段のライントレードよりも勝率が悪くなってしまいます。

Turbo取引ですと時間が短いので、あまり反発する前に取引が終わってしまうことが多いので、あまりオススメ出来ません。

 

トレードは、ゾーンに入ったらエントリーするだけなのですが、ゾーンのどこでエントリーするかはその時の相場の勢いで異なると思います。

 

 

ゾーントレードを利用する際の注意点

ここで、気をつけて欲しいのが、ゾーンをブレイクしたら、絶対にエントリーはやめるということです。

ロスカットラインを守らないと、追い続けてすぐに資金がなくなってしまいます。絶対に資金管理は守りましょう。

 

ゾーントレードで勝率はどれくらい上がるのか?

 

では、ゾーントレードをするとどれくらい勝率が上がるのでしょうか?

実際には、人それぞれで異なると思います。

 

勝率が高くなる場合

まず、ゾーントレードに向いているノウハウとゾーントレードに向いていないノウハウがあります。

ゾーントレードに向いているノウハウは、平均獲得Pipsが高いノウハウのことです。

つまり、しっかりPips幅を取れるノウハウということです。

逆に、Pips幅が取れないノウハウは、ゾーントレードには向いていません。

そのため、レンジに強いノウハウより、トレンドに強いノウハウの方が勝率が高くなります。

 

 

エントリーしないことも大切?

また、勝率を上げるためには、上記でも述べましたが、ゾーンをブレイクしたらエントリーしないということです、

その1回のチャンスにこだわらなくても他のチャンスはいくらでもあります。

 

バイナリーでは、諦めることも大切です。

負けたら、感情的にならず、他のチャンスが来るまで待つようにすれば、自然と勝率が上がります。

 

ゾーントレードに関するまとめ

 

これまで、ゾーントレードについて紹介してきました。

 

バイナリーでライントレードをしている人は非常に多いですが、ライントレードに多いのが、マーチンやナンピンで根拠もないところでエントリーし続けて負け続けるという人が非常に多いです。

 

資金管理を守るためにも、ゾーントレードは非常にオススメです

 

また、ライントレードをしている方で、チャートにたくさんのラインを引いていている人は、ゾーントレードをやってみると無駄なエントリーが減ると思います。

このように、ゾーントレードはたくさんのメリットがあるので、ぜひ試してみてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事