バイナリーオプションの期待値とは?期待値の計算方法や考え方を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションでは、期待値を確認してから、投資をを行うことも必要です。

 

この手法で取引すると、いくら平均して稼ぐことができるのかを知っておけば、危ない投資も少なくなることでしょう。

 

そこで!

今回の記事は、「バイナリーオプションにおける期待値」について、解説していきます。

 

計算方法や考え方を確認していきましょう。

 

バイナリーオプションの期待値の意味は?

 

 

期待値とは「ある施行を行った時、その結果として得られる数値の平均値」です。

 

期待値が利用される例

よく利用されるのが、宝くじではないでしょうか

スクラッチは200円や300円で販売されるなど購入価格が違います。

そのうえ、当せん金額や本数も違うので、どれを購入するのは一番良いのか悩むものです。

まったく条件の違うスクラッチから、一番期待値の高いものを購入するのが、賢い買い方とも言われています。

 

バイナリーオプションでも同じ考え方です。

期待値をより高くする方法でエントリーするのが、利益を上げるために必要な投資方法と言えます。

 

 

期待値を算出するために必要なデータ

掛け金」「利用する手法による勝率」「ペイアウト率」から、バイナリーオプションにおける期待値を計算することで、1度で得られる金額の平均値を知るのです。

 

 

バイナリーオプションも取引する時間やペイアウト率が異なる投資なので、どれが一番利益が出る方法か一目では分かりません。

しかし、期待値を計算すれば、それが一目で分かるようになるというわけです。

 

期待値の計算方法について

 

バイナリーオプションにおける期待値の計算方法は、次のとおりです。

 

バイナリーの期待値算出方法

(掛け金×利益率×勝率)-(掛け金×負率)=期待値

・掛け金…1回のエントリー金額
・利益率…勝利したさいに得られる利益

ペイアウト率1.80の場合、1,000円でエントリーし勝利した場合の返金額は1,800円となり、掛け金を引くと800円の利益から、この場合の利益率は0.8です。

・勝率…利用する手法の勝てる確率
・負率…利用する手法の負ける確率

勝率65%の手法を利用する場合、負率は35%です。

自分の行う取引内容を、この計算式に当てはめれば期待値が分かります。

 

 

例えば、「勝率60%の手法」「掛け金10,000円」「ペイアウト率が1.88」で期待値を出してみましょう。

 

(10,000×0.88×60%)-(10,000×40%)=1,280円

上記の場合、期待値は「1,280円」です。

 

つまり、先ほどの状態で1度エントリーすると、1,280円の利益が出せる期待がり、この条件で10回取引を行えば、12,800円稼げる内容ということが分かります。

 

期待値を算出することのメリットとは?

 

バイナリーオプションで期待値を算出するメリットは、損益分岐点を意識するようになる点です。

 

勝率53%の場合

例えば、先ほどの条件で勝率が53%だったら期待値はどうなるでしょうか?

(10,000×0.88×53%)-(10,000×47%)=-36

期待値は「-36」となり、エントリーをすればするほど損をするということが分かります。

このような条件で取引をするのは、間違っていることがすぐに分かるのです。

 

こうした場合は、ペイアウト率か、もしくは手法の勝率を上げなければいけません。

この考え方から、バイナリーオプションはギャンブルではないと、自分に言い聞かせることができます。

 

バイナリーオプションをギャンブルにしたら冷静な判断を失い、損失がでる確率が高くなりることでしょう。

 

条件の異なった状況を統一した考え方にできるのが「期待値」です。

バイナリーオプションを投資として行うためにも、常に意識しておきましょう。

 

期待値からバイナリー取引の勝率を上げる考え方とは?

 

 

期待値を意識することで、バイナリー取引の勝率を上げることができます。

どちらかというと、期待値が勝率を上げるのではなく、勝率が期待値を上げることになるでしょう。

 

期待値を上げる要素

期待値を上げる要素は「勝率」と「ペイアウト率」です。

算出するときは、掛け金を一定にしなければ、期待値計算の意味が無くなりますので注意してください。

期待値が低いと感じれば、ペイアウト率か勝率を上げなければいけません。

 

勝率を上げるために意識して考えたいこと

しかしですね、ペイアウト率を上げるという行動は、勝ちにくくします。

すると、勝率が下がることになるので、あまりおすすめができません。

であれば、同じ条件で勝率を上げるべきです。

つまり、期待値の高さを意識することによって、勝率を上げる考え方をします。

そのためにも、まずは自分の中でルールを作るようにしましょう。

バックテストによる期待値が、最低でも〇〇円以上でなければ、その手法は利用しないという内容です。

このような考え方をするだけで、勝率を意識するようになり、結果的に、上げる考え方となることでしょう。

 

バイナリーオプションの期待値に関するまとめ

 

期待値が上がることを楽しめるようになると、自然に利益は上がっていきます。

 

バイナリー取引で必要なこと

バイナリーオプションで必要なのは、取引に際し根拠を持つことです。

期待値が高いから、これはバイナリーオプションで取引を行うときに、大切な根拠ではないでしょうか。

「ここでエントリーをしたのは、ローソク足がこの状態だったから」という根拠が勝率を上げてくれます。

常に根拠を見つけることで、投資に意味を持たしてくれるのです。

 

「期待値」を利用することで、根拠が示しやすくなるのではないでしょうか。

バイナリーオプションを投資で行うためにも、期待値を意識した手法を利用するようにしましょう。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事