HLバンドとストキャスティクスでバイナリー取引を攻略!逆張りで勝率を上げる手法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

HLバンドとストキャスティクスを利用して、バイナリー取引を逆張りします。

 

バイナリーオプションで勝利が上がらないと悩んでいる人は、「HLバンド」と「ストキャスティクス」を利用した逆張り手法を試してみてはいかがでしょうか。

 

今回の記事では、「HLバンドとストキャスティクスを組み合わせるメリットや、手法によりどれだけ勝率が上がるのか?」を解説していきます。

 

HLバンドとストキャスティクスを組み合わせるメリットとは?

 

HLバンドの概要

HLバンドは、アメリカの有名投資家であるリチャード・ドンチャン氏が開発したトレンドフォロー型のテクニカル指標です。

バンドの傾きと、ローソク足の位置から順張りにも、逆張りにも利用できる人気のテクニカル指標となっています。

 

 

ストキャスティクスの概要

一方のストキャスティクスは、売られすぎ、買われすぎを判断するオシレーター系のテクニカル指標です。

2本のラインが、ゴールデンクロスとデッドクロスを形成したときを売買ポイントとし、エントリーに役立てることもできます。

 

組み合わせて使うメリットとは?

ただですね、ダマしにあうこともよくあるテクニカル指標ですので、注意が必要です。

そのダマしを回避するために、HLバンドと組み合わせます。

HLバンドとストキャスティクスを組み合わせることによって、ダマしを回避する可能性が高まることが、2つを利用する最大のメリットです。

 

ストキャスティクスの設定について

 

 

ストキャスティクスは、MT4に標準装備されているテクニカル指標です。

設定をするために、ストキャスティクスのパラメーター内容を確認しておきましょう。

 

ストキャスティクスのパラメーターについて
%K期間…ローソク足を何本分を利用して計算をするか
%D期間…%Kを何本分利用して計算をするか
スローイング…%Dを何本分利用して計算をするか

 

スローイングの数値が1の場合は、ファストストキャスティクスになり、2以上ではスローストキャスティクスを表示してくれます。

 

バイナリーオプションで利用するトレーダーは、

・%K期間…14
・%D期間…3
・スローイング…3

の設定で利用する人もいるようですが、今回の手法はデフォルト通りで問題ありません。

 

レベル表示につきましても、20と80のラインを入れるデフォルト通りで大丈夫です。

ただですね、色は見ややくいのに変更した方がいいかもしれません。

 

HLバンドとストキャスティクスで逆張り取引を攻略する手法とは?

 

 

それではHLバンドとストキャスティクスを利用して、逆張りする取引手法を解説します。

 

具体的な逆張りエントリー手法

価格が上昇している状況として解説をしていきますので、下降の場合はその逆と考えてください。

1)ローソク足がHバンドとに触れながら上昇を開始する
2)ローソク足の終値が確実にバンドの内側にある場合もしくは、次のローソク足の出現が内側から開始されたことを確認する
3)その付近のストキャスティクスが80以上で、デットクロスを起こしている

この状態が確認できたとき、3分取引で逆張りエントリーを行います。

 

 

逆張り取引をする際の注意点について

注意するのは、HLバンドのタイミングです。

ローソク足がHLバンドの内側で終了するか、開始するかの見極めに注意をしてください。

また、ストキャスティクスが80を超えているか微妙な時も、エントリーを控えるようにしましょう。

さらに、ストキャスティクスは1本前までか直前のデッドクロスで確認し、それ以前に発生している場合は、エントリーを見送ります。

 

最初はデモ取引で練習し、慣れてから利用するようにしましょう。

 

組み合わせた際に勝率はどれぐらい上がるのか?

 

 

それでは、HLバンドとストキャスティクスを組み合わせる手法で、どれぐらい勝率は上がるのでしょうか。

 

実際に組み合わせて利用した勝率は?

今回の手法をバックテストにより確認をしていきましょう。

すると、エントリーをタイミングは全部で6回訪れ、5勝1敗の成績になると確認できました。

このときの勝率は83%ですので、バイナリーオプションの勝率にしたら非常に高い数値です。

勝率をもっと詳しく図るためには、最低でも1カ月分のバックテストを行う必要がありますが、それでも60%を切るような手法ではありません。

HLバンドの見間違いさえ起こさなければ、十分に勝率を上げられる手法と言えます。

 

もし、ストキャスティクスのゴールデンクロスやデッドクロスだけでエントリーをしていたらダマしにあい、負けることも多々あるのです。

エントリーが早すぎて、もうちょっと遅くにゴールしていれば勝てたのに・・・

 

という状況を何度も経験したことがある人はいませんか?

 

HLバンドとストキャスティクスを利用することで、その失敗を防ぐ可能性が高まります。

 

HLバンドとストキャスティクスの手法に関するまとめ

 

HLバンドとストキャスティクスは、非常に相性の良いテクニカル指標です。

そのため、エントリー方法を模索すれば、勝率を上げることは間違いありません。

 

バイナリー取引の初心者は、エントリータイミングが難しいと断念するかもしれませんが、基本はHLバンドの位置です。

そのためにもまずは、HLバンドとローソク足の位置を確認する練習をしましょう

そこを見分けられるようになれば、今回の手法は簡単に使えるようになるはずです。

 

 

エントリーする上で大切なこと

大切なのは、決められたルール通りに毎回エントリーできることエントリーするルールが守れるかどうかと言えます

自分にとって使いづらい手法は勝率が安定しません。

まずはデモ取引で練習し、エントリーするタイミングを自分のものにしてから、実践で利用するようにしましょう。

 

HLバンドとストキャスティクスを上手に組み合わせれば、勝率は確実に上がります。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事