Agimat(シグナルシステム)とは?バイナリーでの設定から使い方や攻略手法について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「Agimatの概要や設定方法、取引でのAgimatの使い方、Agimatを利用した攻略手法、Agimatの注意点」について説明していきます。

 

シグナルが表示されるツールを使いたい

勝率が高くてトレンドをすぐに確認できるツールが欲しい

エントリーポイントがすぐに確認出来る手法を取得したい

 

などといった方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

Agimatとはどんなシグナルシステム?

 

 

Agimatの概要と特徴について

Agimatとは、日本国外でメジャーとされているバイナリーオプションのツールです

このAgimatには、エントリー方向を示してくれる矢印やトレンドの向きを教えてくれる「Regression」、「タイマー」などが搭載されています。

「Regression」は、赤と青のゾーンがあります。

それぞれのゾーンで主に反発しますが、赤いゾーンの方が青いゾーンよりも反発しやすい傾向にあります。

 

裁量トレードとは違い、自分の判断があまり必要とされないので、投資を始めたばかりの方には特にオススメです。

 

メインウィンドウだけでなく、サブウィンドウにもトレンドの方向性も示すインジケータや「RCI」、「ボリンジャーバンド」が搭載されているため、あらゆる方法でトレンドの方向を把握することが出来ます。

トレンドの方向や強さが、分からなくなるという心配は一切必要ありません。

 

Agimat(シグナルシステム)の設定方法について

 

それでは次に、Againstの設定方法について説明していきます。

 

Againstの導入と設定方法

Againstは、インターネットからMT4にダウンロードすることが出来ます

特にパラメータを設定する必要もありませんが、あまり自分に合っていないと感じた場合は、パラメータをいじってみると良いです。このツールを試してみる際は、リアルトレードではなくデモトレードで試すことをオススメします。

 

Agimat(シグナルシステム)の使い方について

 

 

それでは次に、Againstを取引で活用する方法について説明します。

 

Againstのエントリー方法について

Againstでは、2種類のシグナルが表示されます。

黒いシグナルは相場の高値と安値を意味していますが、基本は通常の白いシグナルでエントリーします。

白いシグナルが上向きに表示されたら、次の足で「ハイエントリー」します。

白いシグナルが下向きに表示されたら、次の足で「ローエントリー」します。

このシグナルでは、赤と青ゾーン以外でも表示されます。

青いゾーンでも表示されますが、赤いゾーンでのシグナルの方が勝率は高いです。

そのため、赤いゾーンで矢印が出た時のみエントリーすることをオススメします。

 

また、このツールではトレンドをすぐに判定することが出来るため、トレンドに沿って順張りをすると良いです。

相場が上昇トレンドの場合は、下の赤いゾーンて上向きに表示されたらエントリーすると、より勝率を上げることができます。

一方、下降トレンドでは、上の赤いゾーンでシグナルが下向きに表示されてからエントリーすると良いです。

 

Regressionでトレンドの向きを判定するともいいですし、サブウィンドウのドットで確認したり、ボリンジャーバンドで確認するのもありですね。

 

ただですね、ドットではトレンドの強さが分からないので、基本はRegressionで確認すると良いです。

 

Agimat(シグナルシステム)を利用したバイナリー取引攻略手法とは?

 

それでは次に、Againstをバイナリー取引で活用する手法について説明します。

 

Againstをバイナリー取引で活用するためには、上記の条件が全て揃っているポイントでエントリーすると良いです。

 

高反発しやすいRegressionの赤ゾーンにローソク足の箱が達していること

シグナル(矢印)が表示されていること

これら条件が全て揃った次の足でエントリーします。

 

この条件通りにエントリーすることで勝率をより向上させ、安定した収入を得ることができるようになります。

 

Agimat(シグナルシステム)の注意点とは?

 

それでは最後に、Againstを使う上での注意点について説明します。

 

Againstはあくまで勝率が高いポイントを示してくれるものです。

そのため、必ずあたるというわけではありません。

 

無理なエントリーは控えよう!

また、相場が荒れている場合も勝率が下がってしまいますので、極力荒れている際は、取引しないよう心がけておく必要があります。

Regressionの赤いゾーン、及び青いゾーン以外でシグナルが表示される場合もありますが、そのポイントは全て勝率が格段に下がってしまうので、エントリーするのであれば、赤いゾーンのみでエントリーすると良いです

また、レンジ相場ですとトレンドに沿った順張りが出来なくなってしまいますので、トレンドが強い相場でエントリーすると良いです

 

Agimat(シグナルシステム)に関するまとめ

 

本記事では、「Againstの概要や設定方法、Againstの使い方、バイナリー取引での攻略法、注意点」について説明しました。

 

Againstの概要とエントリーまとめ

Againstとは、海外で有名なバイナリーオプションのシグナルツールです。

エントリーポイントは、Regressionの赤いゾーンでシグナルが表示された次の足となります。

この条件を満たしていることを確認してからエントリーしてください。

 

なお、Regressionやボリンジャーバンド、サブウィンドウのドットなどでトレンドの向きや強さを確認することが出来ます。

 

 

ボリンジャーバンドも利用しよう!

ただですね、ドットではトレンドの強さが十分に理解できないので、Regressionもしくはボリンジャーバンドで把握すると良いです。

このツールでは順張りを適用させることで、より勝率をあげることが出来ますので、Regressionやボリンジャーバンドでトレンドの方向や強さを確認してから、トレンドに沿ってエントリーすると良いです。

 

相場が荒れている時や、レンジ相場である時は勝率が格段に下がってしまうので、極力相場が安定しているトレンド相場でエントリーするよう心がけてください

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事