ローソク足が確定するまでの残り時間示すMT4インジケーターのインストール方法から使い方を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

バイナリーオプションで投資を行う場合、ほとんどの人がMT4を利用しているはずです。

 

MT4を確認せずにバイナリーオプションを行うのは、投資をしているとは言い難い状況であり、間違いなくギャンブルの状態と言えるでしょう。

 

このほとんどの人が使用されているのがMT4だと思いますが、バイナリーオプションで利用していると、ある動きに気付く人も多くいるのではないでしょうか

 

 

その動きとは、「ローソク足が切り替わるときに、値動きが若干大きくなる」という現象です。

 

であれば、MT4のローソク足が切り替わる時間が分かるインジケーターかあると便利だと思いませんか?

 

そこで!

今回は、「ローソク足が確定するまでの残り時間を示すインジケーター」について、解説していきます。

 

ローソク足が確定する時間はいつなのか?

 

為替市場は24時間どこかの市場が開いているので、1日という考え方ができません。

それでは、MT4の日足は何時に確定しているのでしょうか?

 

日足の確定時間はいつなのか?

実をいうと、日足の確定時間は、NY市場の最終値に合わせているのです。

NY市場の最終値の時間は、NY時間の午後5時です。

日本時間で言うと、「午前7時(サマータイムでは午前6時)」が日足の確定時間となるのです。

 

この時間帯はほとんどの人が、バイナリーオプションを行っていない時間帯なので、投資をバイナリーオプションから始めた人は、日足が確定するMT4を見たことがないのではないでしょうか?

 

そのため、

え、本当にその時間で切り替わるの?

 

と思われる人もいるかもしれませんね。

 

しかしその場合は、これから説明する残り時間を示すインジケーターを利用すれば、日足の切り替わる時間帯を確認することもできるのです。

 

残り時間示すMT4インジケーターとは?

 

 

残り時間を示すインジケーターの概要

バイナリーオプションには、残り時間をMT4のチャート上に、カウントダウンで表示してくれるインジケーターがあります。

これを利用することにより、先ほどの「日足時間の切り替わり時間がNY市場に合わしている」という事実を確認することができるのです。

 

ただですね、それだけのためにこのインジケーターを使用するのはもったいない使い方であると言えます。

最初に話した通り、ローソク足が確定する時間は値動きがしやすいわけですので、その点をバイナリーオプションで利用します。

 

 

約定拒否を受けてイライラすることはありませんか?

 

約定拒否が起きる理由として考えられるのは、

値動きが激しい

多くのひとがエントリーを行い、サーバーで処理に若干の時間がかかる

などの理由があります。

 

バイナリーオプションで投資を行うとき、「このローソク足が確定したらエントリーを行う」という手法を行っている人が多くいるので、約定拒否が起きてしまうと考えられます。

 

 

約定拒否を減らすためには?

しかし、残り時間を示すことにより、ローソク足が確定する前にエントリーが行えるようになるので、約定拒否でイライラする回数が格段に減ります。

残り時間を示すMT4インジケーターは、冷静な取引をするためにも利用できるのです。

 

RemainingTimeのインストール方法について

 

それでは「RemainingTime」のインストール方法を解説します。

 

残り時間を示してくれる「RemainingTime」は、MT4に最初から装備されていません。

そのため、サイトからダウンロードをして利用できるようにする必要があります

 

まずは検索サイトで「RemainingTime ダウンロード」と検索しましょう。

すると、ダウンロードできるサイトがいくつか表示されるので、ファイルをデスクトップにダウンロードします。

 

このデスクトップに保存した「RemainingTime」を、MT4へアップロードするのです。

 

それでは最初に、MT4を起動させましょう。

起動させたら「ファイル」→「データフォルダを開く」の順にクリックしていきます。

データフォルダが開いたら、一旦MT4を終了しておきましょう。

 

 

次に「MQL4」→「Indicators」の順にクリックしていき、このフォルダ内に先ほどインストールした「RemainingTime」をドラッグして入れれば完了です。

開いているフォルダを閉じ、再度MT4を起動させてください。

 

これで「RemainingTime」が、お持ちのMT4で利用できるようになっています。

 

RemainingTimeの設定から使い方を解説!

 

 

「RemainingTime」の設定方法について

それでは、MT4に「RemainingTime」を表示させましょう。

まずは「挿入」→「インディケータ」→「カスタム」の順に選択し、「RemainingTime」をクリックします。

すると、設定画面が表示されるので、自分が表示してるチャート画面の色によって、文字の色を変更しておきましょう。

最初は白で設定されているので、チャート画面の背景を白にしていると見えません。

パラメータの入力から「FontColor」を「Black」に変更すると、画面で見れるようになります。

これで左上にタイムが表示されるようになりました。

 

RemainingTimeインジケーターに関するまとめ

 

本気でバイナリーオプションを行っている人は、どうしても勝率を上げたいと色々試すはずです。

 

少しでも有利にエントリーするために、ローソク足が確定した瞬間にエントリーしたいな〜

 

という考えは、多くの人が考えるエントリー方法です。

 

 

ただその結果、「約定拒否」を連発した経験をされたこともあるのではないでしょうか?

 

私もそのことでイライラし、エントリーを連続クリックしたことにより、滑りが起きてしまい、自分の納得しない価格でエントリーしたという経験をしたことがあります。

 

 

「RemainingTime」は、そのような経験をしたことがある人には、ちょうどいいインジケーターです。

上手に利用することで、冷静な取引をするようにしましょう。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事