どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「仮想通貨バイナリーオプションの概要や取引で利用すべきインジケーターや、取引の攻略法、及びお勧めの通貨ペアや注意事項」について説明します。

 

 

・バイナリーオプションに興味がある方

・仮想通貨に興味がある方

・バイナリを始めて間もない方

・投資経験者

・バイナリーオプションについてもっと知りたい方

 

であれば、ぜひ読んでいただきたいです。

 

 

仮想通貨の1つであるビットコインは、一時期全国的に話題になりました。

それを機に、ビットコインに手を出したいと考えた方がほとんどだと思われます。

 

そんなビットコイン含む様々な仮想通貨が、このバイナリーオプションで取引可能となりました。

 

仮想通貨バイナリーオプションとは?

 

「仮想通貨バイナリーオプション」とは、ビットコインなどの仮想通貨を対象として取引する投資の1つであります。

 

この仮想通貨バイナリーオプションに対応している業者の中には、最も信頼性のある「ハイローオーストラリア」があります。

 

取引可能通貨はビットコインのほかに、リップル、ライトコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュがあります。

 

ペイアウト倍率は・・・・

 

取引方法 ペイアウト率
HIGHLOW 1.85%
HIGHLOWスプレッド 2.00%
Turbo 1.95%
Turboスプレッド 2.00%

 

仮想通貨バイナリーオプション取引で利用すべきインジケーターとは?

 

 

仮想通貨でもインジケーターは通用します。

ただ、仮想通貨に対応しているMT4の業者を使わなくてはなりません。

 

そして、仮想通貨に対応している業者は「FXTF」です。

 

 

FXTFのダウンロードとRSIの設定方法について
ダウンロード方法は、「FXTF」と検索してダウンロードするのみです。
①ダウンロードができたら左側にある通貨ペアの欄で右クリックし、「すべて表示」を押してください。

②そこで自分が取引したい仮想通貨ペアを導入して完了です。

仮想通貨も通常の通貨ペア同様インジケーターにも対応しています。
そこで、仮想通貨に使用するインジケーターは「RSI」です。
③メニューバーの上にある「挿入」から「インディケータ」→「オシレーター」→「RSI」という順番で設定してください。
④パラメーターは「期間14」で、レベルが下から「85、75、15、25」という順で設定してください。
⑤色に関しては、見やすい色であれば何色でも構いません。
これで、RSIの設定は完了です。

 

仮想通貨バイナリーオプション取引の攻略法とは?おすすめ通貨はどれか?

 

 

RSIの使い方は、通常の通貨ペアと同様の使用方法です。

そして注目すべき点は、レベル25と75の線です。

 

RSIを利用した逆張りの手法とは?
基本仮想通貨は順張りですが、RSIでは「逆張り」を利用します。
RSIの線が「25」または「75」の線に達しそうになった際か、もしくは触れた際に、逆側にエントリーします。
75の線に達したり、達しそうになった際は「LOWでエントリー」します。
一方、25の線に達したり、達しそうになった際は「HIGHでエントリー」します。

 

RSIの利用方法は変わらず、見方も単純なので、初心者の方でも安心して取引できます

 

 

利用する際の注意点について

しかし、極端に荒れた相場などのRSIに適さない相場では、思った通りの動きはなかなかしてくれません。

さらに、トレンドが強ければRSIの75と25の線を超えてしまい、15と85の線まで進んでいってしまう可能性があります。

 

トレンドの強弱や相場の動き方にも注意が必要になってきますので、抑えておきましょう。

 

仮想通貨バイナリーオプション取引をする際の注意点とは?

 

仮想通貨バイナリーオプション取引をする際は、通常の取引と同様に、「資金管理」や「メンタル管理」などの、自分をコントロールする能力」や「インジケーターにあった適切な相場を選ぶ能力」必要があります。

 

注意したいポイントとは?
「資金管理」や「メンタル管理」などを徹底するためには、デモトレードなどで実際にインジケーターを使って取引する必要があります。

「適切な相場を選ぶ」ためには、経済指標1時間前後や深夜、金曜日、月曜日、アメリカの祝日などの相場で取引すると良いです。

 

これらの相場では、比較的荒れる傾向にあります。荒れた相場ではいくら強いツールやインジケーターであっても、負けが連続する場合があります。

特に初心者は、これらの相場を前もって確認する必要があります。

 

 

また、負けが連続してしまうと「資金管理」や「メンタル管理」ができなくなってしまいます。

 

もし、負けが連続してしまった場合は、エントリーを極力控えてください

 

仮想通貨バイナリーオプション攻略に関するまとめ

 

本記事では、「仮想通貨バイナリーオプションの概要や取引で利用すべきインジケーターや、取引の攻略法、及びお勧めの通貨ペアや注意事項」について説明しました。

 

 

仮想通貨バイナリーオプションとは、ビットコインなどの仮想通貨ペアを対象とした取引です

 

この取引で利用すべきインジケーターは「RSI」です。

RSIの線がレベル25と75の線に達しそうになった際、もしくは触れた際が、「エントリーポイント」となります。

このレベル25と75の線は、分かりやすく言うと「反発ライン」です。

 

そのため、

・レベル75に触れた際もしくは達しそうになった際は「LOWエントリー

・レベル25の線に達した又は達しそうになった際は「HIGHでエントリー

するようにしましょう。

 

 

上手く利用して勝率を伸ばすためには、適切な相場を選ぶ必要もあります。

相場が荒れやすい時間帯等は極力避け、無理のない金額でエントリーするようにしてください。

 

 

また、「資金管理」や「メンタル管理」などといった、自己コントロールも勝率を安定させる上で重要なことです

デモトレードなどでインジケーターを使ってエントリーし、そのエントリーのやり方に慣れてからリアルトレードするよう心がけてください。

 

負けが連続すると、これらのことが出来なくなってしまう可能性があります。

そのため、負けが連続する場合や、嫌なことがあった日などは、エントリーを避けてみるのも良いです。

 

 

さらに、エントリーする上で、「自分なりのエントリールールを作る」といった工夫を行うことも、投資をやる上で大切なことです。

(初心者の方は特に必要です。)

 

是非、下準備にも力を入れつつ取引に臨んでみてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事