どうもインベスターS.Tです。

 

チャート分析をするために、様々なインジケーターが考案されています。

 

その中でもMT4には標準装備されておらず、MT5から装備されたインジケーターも数多くあり、「Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)」も、その中の1つです。

 

では、一体どのようなインジケーターなのでしょうか?

 

 

今回の記事では、「Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)の使い方」について解説をしていきます。

 

Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)の概要

 

Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)とは、ボリューム系インジケーターの「Accumulation/Distribution」を利用し、売られ過ぎ買われ過ぎを判断するオシレーターとなっています。

 

Chaikin Oscillatorの特徴
「Accumulation/Distribution」を利用しているということは、相場の出来高をインジケーターの計算に使用しているということです
つまり、出来高と前後の価格差から数値を導き出しているのです。

 

ただ、完璧なインジケーターは存在しません。

 

「Chaikin Oscillator」もダマしが発生するインジケーターなので、その点は注意するようにしましょう。

 

MT4での入手方法からダウンロード方法について

 

最初に説明しましたが、Chaikin OscillatorはMT4に標準装備されていないインジケーターなので、もし利用する場合はダウンロードが必要になります。

 

Chaikin Oscillatorのダウンロードと導入方法
①検索サイトで「Chaikin Oscillator ダウンロード」と検索すれば、無料でできるサイトを見つけることができます。
②ダウウンロードをしたら、ファイルをデスクトップに表示させるようにしましょう。
③次にMT4を開き、ファイルからデータフォルダを開くをクリックします。
④フォルダが開いたら、一旦MT4は閉じておきましょう。
⑤次にMQL4を開き、Indicatorsをクリックします。
⑥フォルダが開いたら、その中に、先ほどダウンロードしたファイルを入れれば完了です。
フォルダを閉じ、再度MT4を起動させてください。

 

Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)の設定方法

 

Chaikin Oscillatorの設定手順

①MT4を開き、「Chaikin Oscillator」を表示させたいチャートを開きます。

②「挿入」から「インジケーター」、「カスタム」を選択すると「Chaikin Oscillator」が表示されるのでクリックしましょう。

そうしますと、設定画面になります。

 

ボリュームや短期MA、長期MAなどを設定できますが、基本はデフォルト通りがお勧めです。

もし変更するのならば、ラインの色ぐらいにしておきましょう。

 

③最後に「OK」をクリックすれば、サブ画面に表示されます。

 

Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)の使い方を解説!

 

 

Chaikin Oscillatorの見方は簡単です。

 

中央の0より上にある場合は買いが強い状態

中央の0より下にある場合は売りが強い状態

ということを示唆しています。

 

 

エントリーポイントについて
バイナリーオプションでのエントリーポイントは、0ラインを下から上に突き抜けた時に、「ハイエントリー」を行うことができます。
また、逆に0ラインを上から下へ突き抜けた場合は、「ローエントリー」を行います。

 

 

その他、ダイバージェンスによるトレンドの転換点を読み取ることにも利用します。

 

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、「ローソク足」と「Chaikin Oscillator」が逆に動いている状態のことです。

 

例えば、ローソク足は下降しているのに「Chaikin Oscillator」が上昇していれば、相場の転換点であると言え、上昇相場になる可能性が高いという判断になります。

 

Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)で攻略できるのか?

 

 

「Chaikin Oscillator」だけでバイナリーオプションを攻略するのは、お勧めできません。

 

他のインジケーターと組み合わせよう!

他のインジケーターと組み合せ、勝率を高めるために利用するのが最適なインジケーターです。

つまり、Chaikin Oscillatorは、「本当にそこでエントリーして良いのか?」を判断するために利用するようにしましょう。

 

 

ボリンジャーバンドと併用した場合
チャートに表示するインジケーターは、「ボリンジャーバンドの偏差2と3」と、「Chaikin Oscillator」です。
エントリーポイントの判断は、ボリンジャーバンドを利用します。
例えばローソク足が+2σにタッチしたときに、「Chaikin Oscillator」が右上がりのラインを形成していたら「短期取引でハイエントリー」を行います。
このとき、ローソク足が+3σにタッチした時はエントリーを控えるようにしましょう。
「Chaikin Oscillator」が下がるか、+3σにローソク足がタッチするまでエントリ―を続けることができます。

 

この手法を使用した結果、10回のエントリーで7回勝利することができました。

回数を重ねると下がるかもしれませんが、65%以上はキープできるはずです

 

まずはデモ取引で試してみてください。

 

Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)に関するまとめ

 

MT4に標準装備されていないインジケーターも沢山あり、その中にはバイナリーオプションで勝率を上げられるものもあります。

MT5で利用できるインジケーターならば、無料でダウンロードができますので、色々と試してみましょう。

 

「Chaikin Oscillator」は、単体で利用できるインジケーターではありませんが、組合わせ次第では、頼れる相棒役のインジケーターです。

 

 

インジケーターに絶対はありません。組み合わせによって勝率を上げていくのです。

 

デモ取引を利用しながら色々と試し、Chaikin Oscillatorの魅了を最大限に引き出していきましょう。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事