ティックチャートでバイナリーオプションを攻略できる?30秒短期取引で勝つ手法を解説!

 

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

バイナリーオプションを始めるという方は、「どのようなインジケーターを使えばいいのか?」と迷ってしまうかと思います。

 

 

インジケーターには様々な種類があるわけですが、それぞれ特徴があるので試行錯誤をして決める必要があります。

 

 

しかし、インジケーターを決める前に考えなければならないのは、使うチャートの種類です。

 

 

FXトレーダーが一番使っているのは、ローソク足チャートと呼ばれるチャートです。

 

 

ローソク足は日本で作られたもので、江戸時代の時に日本人が発案したものです。

 

それだけ歴史が長いチャートで、しかも見やすさや、使いやすさが素晴らしいため、多くの人に使われているというわけです。

 

 

そして、ローソク足チャート以外にもティックチャートというものがあります。

 

 

ローソク足チャートとは全く違うチャートですが、相場によってはティックチャートの方が勝率が高いということがあります。

 

 

そこで!

 

今回はこの「ティックチャート」について解説します。

 

ティックチャートとは何か?概要について

 

まずティックとはどういう意味か?と言いますと、それは・・・

取引時間の最小単位のことを指します。

 

 

この最小単位というのは、1秒や1分のように決まった単位ではありません。

 

ティックチャートの特徴
ティックチャートというのは、取引がある度にその時の取引価格を示したものになります。
つまり頻繁に取引されるとティックチャートはとても激しく動き、まったく動きがない落ち着いた相場では全然更新されないということも起こり得ます。

 

 

ローソク足チャートと最も違う部分は”時間が経つたびに更新されるわけではない”ということです。

 

このティックチャートの性質を生かしてバイナリーオプションで勝率を上げることができます。

 

ティックチャートの使い方を解説!使うメリットはあるの?

 

 

続いては「ティックチャートの使い方」についてです。

 

ティックチャートはどこで役立つ?
ティックチャートは経過時間に関係なく、値動きがあった場合に動きます。
つまり、相場の変化にとても敏感なチャートなんですよね。
そのため、バイナリーオプションの短期取引やFXでスキャルピングをする際に、とても役に立つチャートになります。

 

 

ティックチャートは様々な業者が提供していますが、一応チャート分析用の口座を開設する際にティックチャートがあるかどうか確認してみましょう

 

 

デモ口座でティックチャートを見ることができる業者もあるので、必ずしも口座を開設しなければいけないというわけではありません。

 

 

FX業者の口座を開設する以外にも、最も有名なチャートソフトのMT4もおすすめです。

 

様々なインジケーターやシグナルを使えるので、初心者から上級者まで幅広く使っています。

 

 

このMT4でもティックチャートを使うことができます。

 

「どのFX業者が良いのか?」なかなか決めることができないという方は、MT4でティックチャートを活用しましょう。

 

ティックチャートで30秒短期取引を攻略する手法とは?

 

 

続いては、「具体的にティックチャートでどうやってバイナリーオプションを攻略するか?」についてです。

 

 

先ほども書いたように、ティックチャートはバイナリーオプションの短期取引(30秒〜2分)で活用しやすいです。

 

 

ただし、短期取引で活用しやすいといっても、ティックチャート単体で使うということはありません

 

中には、ティックチャートのみで取引しているという方もいますが、そういう方は長年取引をしてきたベテランの方なので初心者の方にとってはかなり難しいです。

 

 

そのため、バイナリーオプション初心者の方は、普段使っているローソク足チャートやインジケーターなどに加えて、ティックチャートを表示させましょう。

 

 

攻略する手法とは?
そして具体的な攻略法についてですが、基本的にはティックチャートにある程度動きがある時を狙います
まったく動きがない時や、急すぎる動きがある時は、1秒の差で負けることがあるバイナリーオプションでは少し危険です。
ティックチャートが明らかに下降している時、もしくは上昇している時の他のインジケーターやローソク足の形を見てみましょう。
それらも同じ方向に行くことを示していた場合は、30秒や1分でその方向にエントリーをすることで高確率で勝つことができます。

 

ティックチャートを使う際の注意点とは?

 

 

ティックチャートは価格が動いた時に更新されます。

 

更新されない時はしばらく動きはありませんが、値動きが激しい時はとても激しく動きます。

 

 

ローソク足チャートとは違い、時間経過によって形成されるチャートではないので常に見張る必要があります

 

また、大きく動いている時に反応することができるかなどの反射神経も必要です。

 

ティックチャートで重要なポイントは?
ティックチャートである程度の動きを確認したら、素早く他のインジケーターやチャートを見てエントリーできるポイントかどうかを確かめなければなりません。
この一連の行動をいかに素早く行うかが、ティックチャート活用の上で重要となります。

 

 

ティックチャートを使用する注意点
注意しなければならないのは、慣れていないうちにティックチャートだけを根拠に焦ってエントリーをしてしまうことです。
ティックチャート自体は値動きを表しているだけで、インジケーターと似たような役割です。
上か下か、どちらの圧力が強いかを判断するための材料にはなりますが、それだけでは少し根拠が弱いので、他のインジケーターなどを組み合わせてより強い根拠にする必要があります。

 

 

ティックチャートを使い慣れるまではデモ口座で取引することをお勧めします。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事