レッドシステム(RED SYSTEM)はバイナリー取引で勝てるの?使い方や設定から評判を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

レッドシステム(RED SYSTEM)をご存じでしょうか?

数年前に販売されていた高額サインツールです。

 

もしかすると購入を悩まれていた人もいるのではないでしょうか。

チャートに表示されるシグナル通りにエントリーするだけで勝てるのならば、始めたばかりの人は購入を悩むかもしれません。

 

ただ、本当に勝てるサインツールなのでしょうか?

 

そこで!

今回の記事では、「レッドシステム(RED SYSTEM)がバイナリーオプションで勝てるのか?」を解説していきます。

 

レッドシステム(RED SYSTEM)とはどんなツール?

 

 

レッドシステムツールの概要

レッドシステム(RED SYSTEM)は、だいぶ昔に販売されていたサインツールです

昔のサインツールなので、販売者がどなただったかは、今ではもう分かりません。

レッドシステム(RED SYSTEM)の関係者が販売しているサイトを探しましたが、閉鎖されてしまったようです。

当時の販売価格は「100,000円」程度だったと言われています。

 

追加システムなど、バージョンアップのようなツールが販売されていた形跡もインターネット上で確認できました。

 

バージョンアップにお金を取るのは、今では考えられないことなので、この時点で古いサインツールということが分かります。

もし現在レッドシステム(RED SYSTEM)が欲しいならば、300円から1,000円程度でオークションサイトを利用して購入できますので、検索してみてください。

 

レッドシステム(RED SYSTEM)の設定について

 

レッドシステム(RED SYSTEM)は、MT4に設置する際サインツールです。

購入すればレッドシステム(RED SYSTEM)のファイルが送られてくるので、設置をしましょう。

 

設定は特に必要ないようです

MT4に表示させれば、サインが表示される仕組みになっています。

 

レッドシステム(RED SYSTEM)の使い方について

 

レッドシステム(RED SYSTEM)は、サイン通りに購入します。

推奨される取引時間は、1分、3分、5分取引となっており、逆張りのタイミングでサインが表示されるようです。

マーチンゲール法を用いているので、その点は注意するようにしましょう。

 

 

マーチンゲール法の使う注意点

マーチンゲール法は、諸刃の剣と言われている資金管理方法です。

信頼できるサインツールで利用しなければ、あっと言う間に資金が底をつくことでしょう。

 

レッドシステムの使い方

↑矢印が表示されたら「ハイエントリー」を行い、↓矢印が表示されたら「ローエントリー」を行うだけなので、とても使い方は簡単になっています。

複数のロジックを使用しているため、表示される矢印の色が異なり、もし2つ同時に表示された時は信頼性が増しチャンスです。

ロジックごとの勝率も画面に表示されるので、勝率の良い矢印だけを購入する取引方法もあります。

 

サインツールは、とくに難しい使い方はありません。

表示される情報の通りにエントリーができるのが魅力です。

 

トレーダーがやることは、それを信頼していいかを考えるかどうかと言えます。

 

レッドシステム(RED SYSTEM)の勝ち方はあるの?

 

 

レッドシステム(RED SYSTEM)の勝ち方は、基本は逆張りで紹介されています。

当時の販売者は勝率90%と言われていたので、相当の自信があったのではないでしょうか。

 

ただ、昔の情報なので、勝率90%がマーチンゲール法を入れた勝率なのかは分かりませんでした。

マーチンゲール法を利用して勝率90%では信用できませんが、利用せず90%ならば魅力的なサインツールです。

 

 

レッドシステムを利用する際のポイント

基本が逆張りを利用するのならば、強いトレンド相場では利用しないことがおすすめです

レンジ相場に近い状況で利用するのが良いと判断できます。

 

レッドシステム(RED SYSTEM)の評判はどうか?

 

レッドシステム(RED SYSTEM)の評判を調べてみましたが、いい評価を見ることはできませんでした。

勝てない、資金を溶かしたなど、信じることができない言葉が散見されます。

 

しかも、「100,000円」で購入した人もいれば、「50,000円」で購入した人もいるようで、よくわからない状況です。

 

 

レッドシステムは色んな価格帯で販売されていた?

もう昔のサインツールなので、詳しい状況は調べようがないと感じました。

レッドシステム(RED SYSTEM)が販売されていた時期は、バイナリーオプション専用の高額サインツールが多く販売されていた時期です

販売者が管理を怠ると、購入者が再販をすることもありました。

その結果、いろいろな販売価格が出てしまったのではないかと推測できます。

 

販売価格が異なるものが販売されるのは、評価として良くありません。

一貫性のない商品は、悪い口コミを生みやすくします

 

レッドシステム(RED SYSTEM)に関するまとめ

 

レッドシステム(RED SYSTEM)は、現在は300円で売られているサイトもありました。

 

100,000円では購入する気はまったくおきませんが、

300円ならばサインツールってどんなの?

 

と興味を持っている人にはちょうどいい価格かもしれません。

 

 

まずはデモ口座で利用してみるべき?

試しに購入し、デモ口座で試してみてはいかがでしょうか?

レッドシステム(RED SYSTEM)の評判の中に、もう絶対に利用したくないツールという内容もありました。

そのため、実際の口座で利用するのは、必ずデモ口座を利用してからをおすすめします。

 

 

もしかすると、相場の状況が悪く大負けをした人の口コミかもしれません。

利用してみて、自分に合えば参考程度にチャートへ表示させておくのも一つの方法です。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事