どうもインベスターS.Tです。

 

オシレーター系のインジケーターとして知られている「ストキャスティクス」。

 

これは、通貨の買われ過ぎや売られ過ぎを教えてくれるものです。

 

 

この「ストキャスティクスを利用したエントリーポイント」について、今回は解説していきたいと思います。

 

 

ストキャスティクスの使い方や見方を解説!

 

為替を分析するときに使用されるのは「テクニカル分析」「ファンダメンタル分析」の2つです。

 

 

テクニカル分析も幾つかに枝分かれしますが、バイナリーオプションで主に使用するのは「トレンド系」「オシレーター系」の2つになります。

 

 

ストキャスティクスはこのオシレーター系の1つで、他には有名な「RSI」「ボリンジャーバンド」「MACD」などがあり、その中でもラインが交わる分析方法ができるのでという点から、多くの投資家に好まれているインジケーターとなります

 

ラインが交わった瞬間はトレンドが起こる可能性を秘めており、それを表示してくれるストキャスティクスに人気があるのも分かる気がします。

 

 

ストキャスティクスの使い方
MT4でストキャスティクスを表示すると、横線が2本あり20%のライン80%のラインとそれぞれなってます。
ストキャスティクスは2本のライン「%K」と「%D]から構成されており、さきほどの20%のラインから下を行けば売られ過ぎ、80%のラインより上に行けば買われ過ぎの判断をすることができる、非常に分かりやすいインジケーターとなっています。

 

 

二通りのストキャスティクス
また、ストキャスティクスの中にも「ファースト・ストキャスティクス」と「スロー・ストキャスティクス」の二通りがあり、今回のように1分取引という短期でエントリーするのならば、ファースト・ストキャスティクスがお勧めとなります。
※ただ、このファースト・ストキャスティクスの特徴として、ダマしが非常に多くなるという点だけは理解しておきましょう。

 

 

1分足チャートでストキャスティクスのパラメーター設定はどうすればいい?

 

基本的にはMT4に表示されたままで良いのですが、今回は「ファースト・ストキャスティクス」を利用するので、スローイングのみ「1」に変更して表示させるようにしましょう。

 

 

ファースト・ストキャスティクスとスロー・ストキャスティクスの違い
この時スローイングを「3」のままで表示させてみて、ファースト・ストキャスティクスとスロー・ストキャスティクスの違いを見ておくと良いかもしれません。
ファースト・ストキャスティクスの方が鋭く、何度も20%と80%を超えていることが分かります。

 

 

このことからもファースト・ストキャスティクスの方が、ダマしが多くなると気づかせてくれます。

 

ストキャスティクスで1分足を攻略する方法とは?

 

 

 

ストキャスティクスで1分取引を攻略するのは大変難しくなりますので、あまりお勧めできない方法ですが、エントリー回数を増やす方法が好ましくなります。

 

エントリー回数について

5回の取引で4勝1敗を目指すのではなく、10回の取引で6勝4敗を目指すイメージが良いかもしれません。1分取引のペイアウト率は1.9倍、毎回1,000円でエントリーした場合6勝4敗ならば1,400円の利益が発生します。

 

 

短期勝負は回数勝負がお勧めです。これぐらいの気持ちで勝負する方がメンタル面を保てますので、最終的に利益が出てればいいやぐらいの感覚で勝負するようにしましょう。

 

 

エントリー方法について
エントリー方法は簡単で、%Dのラインが0%か100%のラインにタッチしたとき、%Kが20%から80%の間にラインがあるときのみ逆張りでエントリーをしましょう。
もし、%Kラインがが%Dラインの近くにあるときはエントリーを控えます。
まずは、MT4に設定し過去の状況を確認してみてください。
そうすると、ある程度の確率で反転しているのが分かるので、6勝4敗はいけると確信できるはずです。

 

 

ただし、時間帯によってはエントリー回数が非常に増えてしまうので、メンタル面いだけは十分注意して行うようにしてください。

 

ストキャスティクスでエントリーポイントを見極めるポイントとは?

 

この方法で難しいのは、エントリーポイントの見極めです。

 

なぜなら、相場が非常に大きく動くので、最初は勝っていても最後に逆転されてしまう可能性がとても高いエントリー方法となっているからです。

 

 

バイナリーオプションを行っていると気づくはずですが、相場が急激に動くタイミングはローソク足の変わる瞬間です

 

 

先ほどの、ギリギリで逆転されたことを多く経験している方は、このローソク足の変わるタイミングでやられている可能性がとても高いです。

 

 

エントリーポイントの見極め方について
よってエントリーポイントの見極めは、0%か100%にタッチした時、次のローソク足がでる約10秒前ぐらいにエントリーするのがお勧めです。これがこの手法での一番のポイントになります。
%Dラインが0%か100%にタッチ、%Kが20%から80%の間に位置、次のローソク足が出現する10秒前、このタイミングがエントリーポイントとなります。

 

 

「ストキャスティクスならばゴールデンクロスやデッドクロスを活用しないの?」っと、思われる方もいるかもしれませんが、短期決戦の場合ならば回数勝負で行うことが重要になります

 

発生してもダマしの多い状況でクロスを待つのは得策ではありません

 

 

あまり多くを考えるのは面倒で、単純にエントリーしていきたいという方にお勧めできる方法になり、デモ取引で何回か練習すれば簡単にポイントが分かるはずです。

 

 

いくら面倒だからと言って、デモ取引もせずにエントリーするのだけはやめておきましょう。

 

 

必ず新しいエントリー方法を試すときは、自分で勝率を計算してから行うことを忘れないでください。

 

 

「ストキャスティクス」インジケーターを利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ストキャスティクス」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもストキャスティクスはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にストキャスティクスだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ストキャスティクスだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ストキャスティクスだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ストキャスティクスだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをストキャスティクスと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①ストキャスティクスとRSIとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「SRC」を利用

②ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示できるインジケーター「Rsi-Sto-View」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、収益を大きく上げることができたんですよね。

 

 

 

①サインインジケーター「SRC」
「SRC」というインジケーターは、主に逆張りの時に活用できる、オリジナルのサインインジケーターなのですが、設定したパラメータでの勝率を自動計算して表示させてくれるものなので、エントリーサインだけでなく、どのくらい勝っているのかを一目で把握することができる、非常に便利で優れたインジケーターです。
②インジケーター「Rsi-Sto-View」
「Rsi-Sto-View」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターになるのですが、ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示させることができるので、上位足を確認せずとも、ストキャスティクスとRSIの1分足と5分足の数値を、同時に一目で把握できるようになります。 ※MTFというのは、マルチフレーム分析といい、異なる時間足(上位足→下位足)のチャートを確認し、現在の相場状況を把握することで、エントリーポイントを探すといった分析方法です。

 

この時に私は、「ストキャスティクスを利用する際は、ストキャスティクスを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、RSIを利用していく際には、「SRC」、「Rsi-Sto-View」、の2つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「SRC」、「Rsi-Sto-View」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「SRC」、②「Rsi-Sto-View」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-stochastic-394>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事