アルーンオシレーターとケルトナーチャネルを組み合わせた攻略法とは?使い方や勝てる手法かを解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

インジケーターには「オシレーター系」と「トレンド系」の2種類があります。

 

簡単に説明すると、

・オシレーター系は、今の相場が買われ過ぎか?売られ過ぎか?を示すインジケーターです

・トレンド系は、その名の通りトレンドが発生しているのか、もしくはその方向性を示すインジケーターです

 

大きく分けるとオシレーター系とトレンド系の2種類ですが、それぞれに属するインジケーターの種類はとても多く、全てを覚えるのは大変です。

 

インジケーターを覚える必要性は全くないのですが、新しい分析法を見つけるという意味では、新しいインジケーターを学ぶことも必要になります。

 

 

そこで!

今回は「アルーンオシレーターとケルトナーチャネル」について紹介します。

 

あまり聞いたことがないインジケーターだと思いますが基本的なインジケーターを知っていれば、理解するのはそこまで難しくありません。

 

アルーンオシレーターとケルトナーチャネルを組み合わせると?

 

オシレーター系のアルーンオシレーターと、トレンド系のケルトナーチャネルを組み合わせることで、バランスの取れた分析をすることができます。

 

アルーンオシレーターの特徴

アルーンオシレーターは、トレンドの強弱や相場の方向性を示すインジケーターです。

 

 

ケルトナーチャネルの特徴

ケルトナーチャネルは、トレンド相場のタイミングを判断することができるインジケーターです。

 

 

アルーンオシレーターとケルトナーチャネルの組み合わせに限らず、オシレーター系とトレンド系のインジケーターを組み合わせて使っているトレーダーは多いので、トレンド系をたくさん使ったり、オシレーター系をたくさん使うよりは、トレンド系とオシレーター系を組み合わせるという方が、落ち着いて分析しやすいです

 

組み合わせた時の使い方やメリットを解説!

 

 

アルーンオシレーターの見方について

アルーンオシレーターの見方はとてもシンプルで、ラインが0を上抜けたら「HIGHエントリー」、ラインが0を下抜けたら「LOWエントリー」という見方になります。

もちろん、アルーンオシレーターのこのシグナルだけで判断すると負けてしまいます。

 

勝率が高いのは、トレンドが起きる時のアルーンオシレーターのライン抜けです。

つまりトレンド相場であること、もしくはトレンド相場が始まることを予想する必要があります。

 

トレンドが起きるタイミングを予想するために、ケルトナーチャネルを使います。

 

 

ケルトナーチャネルの見方について

ケルトナーチャネルは、「アッパーバンド」、「ロウワーバンド」、そして「単純移動平均線」の3本のラインで構成されています。

 

最もシンプルな分析方法は、

・ロウワーバンドを下抜けたら下降トレンド

・アッパーバンドを上抜けたら上昇トレンド

と判断する方法です。

 

実際にケルトナーチャネルのアッパーバンドや、ロウワーバンドを抜ける時というのは、ある程度相場に勢いがある時なので、バイナリーオプションのような判定時間が短い取引だったら、少し勢いがあるだけでも勝つことができます。

 

アルーンオシレーターとケルトナーチャネルを組み合わせた攻略法とは?

 

それでは、具体的な攻略法をまとめます。

 

ケルトナーチャネルで確認したいこと

まずは、ケルトナーチャネルとローソク足の位置関係を把握します。

アッパーバンド付近をローソク足が推移している場合は、上昇傾向でロウワーバンド付近をローソク足が推移している時は下降傾向が強いです。

そして、アッパーバンドもしくはロウワーバンドを完全に抜けた(ローソク足実体が抜けた)ら、その方向にトレンドになる可能性が高いです。

※ただし、レジスタンスライン・サポートラインやフィボナッチのラインが引ける時は注意しましょう。

 

 

アルーンオシレーターで確認したいこと

そして、アッパーバンド・ロウワーバンドを抜けたのを確認したら、次はアルーンオシレーターを見ます。

アルーンオシレーターを見た時、ケルトナーチャネルの抜けた方向と同じ方向へ0ラインを突破していたら、そこで順張りエントリーです。

つまり、ケルトナーチャネルのアッパーバンドを抜けた時、アルーンオシレーターも0ラインを上抜けた時にHIHGへ順張りということになります。

LOWの場合は逆になります。

 

ケルトナーチャネルとアルーンオシレーターの方向が違ったり、シグナルが出ていない場合は取引をしません。

 

勝率はどれぐらい上がるのか?

 

順張りする場合

アルーンオシレーターとケルトナーチャネルを組み合わせて使うことで、勢いのある相場を判断しやすくなるため、バイナリーオプションの場合は順張りしやすくなります。とても判定時間が短い取引では、1分や2分があるので、5分10分くらいのトレンドでも順張りで勝つことが可能です。

 

 

逆張りする場合

バイナリーオプションで逆張りをする場合は、マーチンゲール手法が必要になったり、ある程度長い時間が必要な場合が多いです。

「このラインで反発する!」という予想が当たっていたとしても「”いつ”そこで反発するか」がわからないからです。

1分で逆張りしても、2分後にやっと反発するようでは負けです。

その点、順張りは大きな波に乗るだけなので、比較的安定した勝率を保ちやすいです。

 

もちろんこれらのシグナルだけでは負けてしまう相場も多いので、「レジスタンスライン」、「サポートライン」、「トレンドライン」、「フィボナッチリトレースメント」などを自分で引いて、反発するラインはないか?を確認しつつ、今回紹介したシグナルを確認しましょう。

 

アルーンオシレーターとケルトナーチャネルに関するまとめ

 

アルーンオシレーターとケルトナーチャネルは、比較的わかりやすいインジケーターなので、バイナリーオプション初心者の方でも使いやすいインジケーターだと思います。

 

ただし、レンジ相場にはあまり対応していないため、レンジ相場で逆張りを狙いたいという方は、別のインジケーターを追加して分析する必要があります。

 

 

今回紹介した「アルーンオシレーター」と「ケルトナーチャネル」は、どちらもトレンド系の要素が強いインジケーターなので、レンジ相場の場合は機能しません。

 

必ずしも、レンジ相場に対応したインジケーターを追加しなければいけないわけではなく、自分でラインを引いて分析することができれば、インジケーターがなくとも逆張りは可能になります。

 

 

ライン分析以外にも、「MTF分析(マルチタイムフレーム分析)」などを駆使して、大局を把握して細かいところまで分析をしていくことで大きな流れを把握して順張り・逆張りともに行いやすくなります。

→MTF分析に関する概要はこちらから確認できます

 

 

今回紹介したインジケーターを使う以外の分析法も、いろいろ試すことで相場を分析する力が付きます。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事