どうもインベスターS.Tです。

 

FXとは違いバイナリーオプションはバイナリー会社との勝負です。

 

そのため、どの企業で取引するかがとても重要になります。

 

 

そして、特に気を付けなければならないのが詐欺業者と呼ばれる会社ですね。

 

そこで!

 

この記事では「詐欺業者?と噂されている”トレード200”というバイナリー会社」について調査してみました。

 

 

トレード200の概要と特徴について

 

まずはトレード200の特徴についてです。

 

最初に口座開設を行いますが、これは無料で行うことができます。

 

 

FXや証券会社を含めても口座開設自体が有料という会社はあまり聞きません。

 

なので、無料で口座開設できるということは、バイナリー会社を選ぶ際の最低ラインとも言えるのではないでしょうか。

 

 

最低入金額は20,000円と安くも高くもない金額になっています。

 

 

大手バイナリー会社のハイローオーストラリアは最低入金額5000円なので、それと比べると若干高いです。

 

その代わりトレード200では最低投資額は200円とかなり小さい額から取引を始めることができます。

 

いきなり大きい金額で取引するのが怖いと感じている人にとっては、とても良心的な額です。

 

 

それから、ペイアウト率は1.75〜2.00倍となっているわけですが、これらは取引方法で変わりますね。

 

 

トレード200でできる取引は「ハイ&ロー」「短期取引」「リターン200」の3つです。

 

 

ハイ&ロー取引

 

 

それでは早速、1つずつ解説しますね。

 

まずはハイ&ローについてですが、トレード200のハイ&ローでは10分・15分・20分などを選択して取引することが可能です。

 

初心者の方のためにハイ&ローについて簡単に説明すると「あらかじめ決められた時刻の為替レートよりも〇分後上がるか下がるかを決める」という取引です。

 

 

例えば、7時の時点での為替レートが100だとします。

そして10分後、100よりも上がるか下がるかを予想しハイかローにエントリーするという取引になっています。

 

 

トレード200の場合、ハイ&ローのペイアウト率は判断時間にかかわらず1.76倍で固定となっています。自分が得意な時間を選んで取引できます。

 

 

短期取引

 

続いては短期取引についてです。

 

トレード200の短期取引は1分と2分の2種類があるわけですが、ハイ&ローと違うところは「判定時間が短いこと」と「エントリー時点の為替レートが基準となること」です。

 

 

例えば、7時18分に1分でエントリーをすれば、7時18分時点での為替レートを基準として1分後、7時19分の時上がっているか下がっているかを予想する取引です。

 

こちらの取引もペイアウト率は1.74倍で固定となっています。

 

 

リターン200取引

 

最後はトレード200の目玉、リターン200という取引方法です。

 

リターン200はその名の通り、予想を当てればペイアウト率2倍、つまり1万円でエントリーすれば2万円になって戻ってくるということです。

 

肝心のリターン200のルールについてですが、大まかなルールは短期取引と同じです。

 

 

ただ、リターン200の場合はレンジと呼ばれる幅より上がるか?、下がるか?を予想する取引となっております。

 

 

実際にやってみるとすぐわかると思いますが、簡単に説明すると「短期取引よりも”負け”の範囲が広がった」というイメージです。

 

そのため、僅差で勝つということは短期取引よりも難しくなっています。

 

 

その難易度に応じてペイアウト率も2倍になっているということです。

 

 

トレード200の評価や評判を調査してみた結果は?

 

 

続いてはトレード200の評価と評判についてです。

 

 

評価については中間、5段階で評価すると3.3ほどになっております。

 

 

先ほど解説したペイアウト率200%のリターン200や最低入金額など、トレード200の特徴が評価されていると思われます。

 

 

他にも最低投資額が200円からなので、バイナリーオプション初心者の方でも始めやすいという特徴があります。

 

しかし、中には低い評価をした方や「トレード200は詐欺業者!」と意見する方もいらっしゃいます。

 

 

では、トレード200が低評価・詐欺業者と呼ばれる理由についてもまとめました。

 

 

トレード200がネット上で詐欺業者と言われる理由とは?

 

トレード200が詐欺業者と噂されているのはなぜか。考えられる理由は2つあります。

 

1つ目はボーナス制度

2つ目は銀行手数料です。

 

それでは、1つずつ解説していきますね。

 

 

ボーナス制度が問題である理由とは?

 

ボーナス制度というのはトレード200独自のサービスです。

 

これは初回入金額に応じて+アルファでボーナスがもらえます。最低入金額の2万円の場合はボーナス付与率は20%なので、口座には2万4千円入ることになります。

 

 

ボーナス付与率は最高60%なのでバイナリーオプションを始めたばかりの方にとってはとても魅力的なサービスです。

 

 

しかしですね・・・

このボーナス制度は出金をする時に足かせになってしまいます

 

 

どういうことかというとボーナス出金条件は(入金額+ボーナス額)の15倍の取引となっています。

 

つまり2万円入金し、ボーナスを4千円もらった場合は2万4千円の15倍、36万円分の取引が必要です。

 

 

数か月間トレード200で取引をしていれば知らぬ間に出金条件をクリアしていると思いますが、初心者で取引が慎重な方にとってこの出金条件はかなり厳しめのものだと思います。

 

 

これは「入金してボーナスを受け取った瞬間に全額出金」ということをさせないための出金条件なので、当然といえば当然なのですが、この条件を確認せずにボーナスを受け取ってしまい「出金できない!詐欺業者だ!」という方が多いようです。

 

 

もしこの出金条件が嫌であればボーナスは受け取らないこともできるので、ボーナスを受け取りたくないという方はトレード200に問い合わせてみましょう。

 

 

このボーナス以外にも各キャンペーン毎に出金条件は変わるので、入金をする際は出金条件を確認し慎重に行うことが重要です。

 

 

銀行手数料に問題がある理由とは?

 

そしてトレード200が詐欺業者と呼ばれるもう一つの理由が”銀行の手数料”です。

 

 

トレード200では海外の口座から送金されるため手数料が必要となります。

 

最低でも手数料3000円は引かれるため、1万円を出金しようとしてもそのまま1万円を受け取ることはできないということです。

 

 

この手数料の部分も確認せずに取引を始めてしまうと「ほとんど取引していないのに出金したらお金が減ってしまった」ということになりかねませんので事前に確認しておきましょう。

 

 

トレード200に関するまとめ

 

 

最後にトレード200についてのまとめです。

 

低評価・高評価など様々ですが、規約やルールを事前に確認しておけば安全に使えるバイナリー会社だと思います。

 

 

トレード200は入金額や取引額などは低い方なので初めてバイナリーオプションをやる方にとっては敷居が低いです。

 

 

しかし、出金をする際につまずいてしまうことも多いようなのでバイナリーオプションを始める際は入金・取引・出金まで全て確認してから始めるようにすると安全です。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事