どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションを初めて色々なテクニカル指標を試したけれど、どうも言われた通りにならない…。

と感じている方も居るのではないでしょうか?

 

 

その場合、もしかするとダマしに惑わされている可能性も十分に考えられます。

 

 

そこで!

 

今回は「ボリンジャーバンドとATRを利用してダマしを回避する方法」を記事にしていきます。

 

ボリンジャーバンドの特徴について

 

ボリンジャーバンドとは、ローソク足がその中に収まる確率を表しており、±1σ内に収まる確率は68.26%、±2σ内に収まる確率は95.44%、±3σ内に収まる確率は99.73%となっているのです。

 

また、ボリンジャーバンドの状態には、次の3つのパターンがあることを覚えておいてください。

 

スクイーズ

ボリンジャーバンドが水平で幅がない状態、±σを往復する動きのため値動きが狭いレンジ相場

 

エクスパンション

ボリンジャーバンドが幅を広げ拡大し始める状態、値動きが大きくなり始めたトレンド相場

 

バンドウォーク

エクスパンションを起こしたボリンジャーバンドに沿ってロウソク足が動く状態で、強いトレンド相場

 

 

以上のことから、ボリンジャーバンドは「トレンド相場とレンジ相場を知らせてくれるインジケーター」ということが理解できます。

 

ATRの特徴について

 

ATRは日本ではあまり使用されていないイメージですが、海外では多くの投資家が一般的に使用しているインジケーターです。

 

 

難しい計算は省き簡単に言うと、指定した期間の値動きがどれぐらいの平均だったのかを知ることができる指標となっています。

 

これにより現在の相場が加熱しているかを示してくれトレンド相場なのか、レンジ相場なのかの判断がしやすくなるのです。

 

ATRが示唆する内容について
ATRが上昇していると相場が過熱しており、売り買いが多く行われることからトレンドの発生を示唆してくれます
ATRが下降していれば相場が閑散としており、売り買いが減少していることからトレンド終了や転換を示唆しているのです

 

ATRは単体で利用しても、バイナリーオプションで効果を発揮することはできず、別のテクニカル指標を組み合わせることで効果を発揮するインジケーターとも言えるでしょう。

 

ボリンジャーバンドとATRを利用した攻略法とは?

 

 

ボリンジャーバンドによる2σでのバンドウォークで攻略するのが一番のお勧めです。

 

攻略方法について
バンドウォークが起こる前のスクイーズ状態、この時ATRは下降を続けているはずです。
このスクイーズの状態からローソク足の拡大、ATRの上昇、2σへのタッチ(3σにタッチしてはダメです)を確認したら順張りでの5分取引エントリー、これで勝率を上げることは十分に可能です。
必ずスクイーズの状態から以降したときに使用するようにしましょう。

 

 

個々の判断を間違うと、ダマしに合う可能性が高くなってしまいます。

 

この状況は、お昼によくバイナリーオプションをやられている方には起きる可能性が低い状況です。

 

 

できれば、海外市場が開いた頃がお勧めの時間帯ですので、バイナリーオプションでは勝負する時間帯にも気を配るようにしましょう。

 

ボリンジャーバンドとATRを利用するメリットとは?

 

ボリンジャーバンドにはダマしが多く、2σにタッチしてバンドウォークになるかと思いきや、内側に入っていき逆側のボリンジャーバンドを目指してしまう、そんな事も多々あります。

 

最大のメリットとは?
このダマしをボリンジャーバンドとATRという二つのテクニカル指標から少なくすることが最大のメリットです。

 

 

バイナリーオプションを始めてみると、解説通りの相場にならないと感じている方もいるかもしれませんが、それはチャートを見ることに慣れていないだけかもしれません。

 

 

若しくは上級者向けのテクイカル指標を用いており、理解されないまま同じ場面が来るのを待っている可能性も考えられます。

 

 

このような時に面倒となって、でたらめのエントリーを起こしてしまうと、損を重ねてしまうということになり、最終的にバイナリーオプション業者の餌食となってしまうのです。

 

 

ボリンジャーバンドとATRの利用方法はとても簡単なテクニカル指標ですので、こういったインジケーターから始めるのもメリットの一つではあると言えるでしょう。

 

ボリンジャーバンドとATRに関するまとめ

 

ボリンジャーバンドに相性の良いインジケーターを探すことも大事です。

 

ATRはその中の一つで、ボリンジャーバンドの弱点であるダマしの回避に一役買ってくれています。

 

ボリンジャーバンドとATRを利用した取引方法は勝率が高い?
ボリンジャーバンドとATRを利用して攻略ポイントを解説しましたが、このタイミングは1日に何回も訪れるものではありません。
だからこそ、訪れた時の勝率が高いといえるのです。
エントリーチャンスが一日に何度も訪れる手法は、どうしても勝率が下がり気味になってしまいます。
色々なテクニカル指標を試してみるのが大事なのですが、その中にボリンジャーバンドとATRの組み合わせを入れられてみてはいかがでしょうか?

 

 

それを繰り返すことによって、確実にチャートを分析する力が養われ、もし負けた時も自分で理由を見つけられる、そんな状態になれるはずです。

 

この状態が、バイナリーオプションを行うにあたり一番理想的な状態と言えるのではないでしょうか。

 

ボリンジャーバンドとATRを組み合わせたテクニカル指標が、そのきかっけになるかもしれません。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事