キリ番(ゼロライン)を狙ってバイナリー取引を攻略する手法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

世界中のトレーダーが意識しているポイント、それが「サポートライン」で有り、「レジスタンスライン」になります。

 

そして、サポートラインやレジスタンスラインにもなり得る場所、それが「キリ番(ゼロライン)」です。

末尾の数字が「00」と続く事から、ダブルオーとも言われています。

 

 

そこで!

今回は、「バイナリーでもキリ番は意識され、攻略の手段になるのかを検証し、手法について」も紹介いたします。

 

キリ番とは何か?どんな意味?

 

キリ番は、通貨のレート末尾が「00」となる値です。

 

キリ番の特徴とメリットについて

インジケーターがエントリーポイントを知らせるサインは、トレーダーによって使っているソフトも異なるため、世界中のトレーダーが同じポイントを注目するとはなり得ません。

その点、キリ番は通貨のレート末尾が「00」と、誰もがハッキリと認識出来る、分かり易いポイントの為、キリ番では多くのトレーダーがアクションを起こし易い場所となります。

 

その節目として、世界中のトレーダーに意識されている、キリ番を狙ってバイナリー取引をするメリットを考えて行きます。

 

キリ番を狙ってバイナリー取引するメリットとは?

 

キリ番は「ラウンドナンバー」とも呼ばれ、海外のトレーダーもやはり切の良い数値は、意識する為、心理的な影響力が非常に高いポイントになります。

 

人間は近場に切の良い数値が見えると、

その位置で決済しよう

その位置でポジションを持とう

と無意識の内にも行動してしまいます。

 

その人間の心理的影響で、決済やポジション取りを多くのトレーダーが急激にアクションを起こすことで取引量が増え、それが、チャートに現れ値動きが激しくなる傾向が有ります。

それを事前に織り込んで、上手に流れに乗れますと、大きく勝てます。

 

キリ番を狙ってバイナリー取引を攻略する手法とは?

 

攻略方法は、キリ番はサポートラインやレジスタンスラインになるので、反転を見越して逆張りを仕掛ける方法となります。

 

 

「黄色〇」がキリ番です。

チャートは5分足で、ランダムに選んだ時間軸にキリ番ラインを引いてみました。

思った以上に、キリ番を境に反転するケースが多いのが分かると思います。

 

エントリーの仕方について

反転を想定する場合は、キリ番ラインに向かうローソク足が、上昇中の場合は、キリ番位置に「Low」チケットを購入します。

逆に、ローソク足が下落してキリ番ラインに向かう場合は、キリ番位置で「High」チケットを購入します。

 

キリ番を狙って取引する際の注意点とは?

 

では、チャートを見ながら、エントリーポイントの検証と注意点を記載いたします

 

 

キリ番を検証してみました

1分足チャートのキリ番に赤いラインを引きました。

HighLow1分ターボ」に合わせて使う前提です。

チャート左から①はキリ番位置が頂点になり、見事に反転をしています。

これは、勝ちになります。

 

次の下落中に大陰線が出て、勢いに流されキリ番位置は無視されてしまいました(黄色の×印)。

レートが戻って来て②のキリ番位置でまた、反転となり、勝ちになります。

 

③位置で上昇して来たローソク足はキリ番ラインで反転しました。

勝ちになります。

 

一ローソク足だけ下落し後、上昇して来まして、再度④のキリ番で上昇を止められ下落しました。

ここも勝ちになります。

 

大きく下落の途中で、大陰線がキリ番を超え、ここは、無視されました。

その後、レートは上昇を始めますが⑤のキリ番位置で一旦、ローソク足は下落します。

ここは、勝ちになります。

 

その後、中陰線が2回キリ番を跨ぎ、キリ番位置でレンジ状態になりました。

そして、ローソク足は⑥で上昇してきて、キリ番位置に向かいますが、反転せず次の足は上え抜けました。

ここは、負けになります。

 

大陰線のローソク足でキリ番をスルーしたのと、明らかな⑥の負を含めますと、5勝5敗になってしまいました。

戦績としては全然、駄目ですね。

特に⑥のキリ番位置の対策を考えないとなりません。

 

 

キリ番を攻略する際の対策法

それでは、対応方法を考えてみます。

まず、大陽線や大陰線が現れ、チャートに勢いが有るローソク足がキリ番を跨ぐ場合は、キリ番効果は無いと憶えておきましょう。

次に、⑥の様に一旦止まるかに見えて、次の足が継続して上昇するケース。

 

 

前回チャートに「ボリンジャーバンド2σ」を足しました。

キリ番のラインを今回は白色に変更しました。

 

⑥のキリ番位置をご覧ください。

推進方向の直ぐ傍に、ボリンジャーバンド2σのラインが有るのが分かります

このケースは、2σタッチまで待ちましょう。

ボリンジャーバンド2σタッチ後のローソク足は、下落をしております。

しかし、そのままバンドウォークしていますので、2σタッチで反転するとは決められませんので、ご注意ください。

あくまでも、キリ番の補助としての役目とお考え下さい。

 

キリ番(ゼロライン)に関するまとめ

 

キリ番の概要まとめ

世界中のトレーダーが意識、無意識に関わらず値幅に変動が現れる位置、それがキリ番ですね。

人間の心理はおかしなもので、割り切れる数値が好きなのです。

その効果を見る為に、今回はチャートに「00」位置にラインを引いて、検証を試みました。

 

 

充分に効果が現れる場所

大陽線、大陰線等のローソク足では全く効果は見られず無視をされる状態

反転しそうなローソク足の形にも関わらず、そのまま継続するケース

色々なパターンがあることが分かりました。

 

様々なケースを想定しよう!

相場の状況は、大手機関投資家、無数のトレーダーによりチャートのパターンが形作られていきます。

バイナリーオプションにおいても、様々なケースを想定してHighLowを決めなければ勝率のアップは望めません。

例えばですが、今回の1分ターボに絡ませて、5分単位取引も同時に視野に入れてチケットを購入するなど、幅を持たせてバイナリーオプションを楽しむことをお薦めいたします。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事