FX初心者の方がFXを始める時にお金はいくら必要か?FXの資金管理について解説しよう

 

FXをまだやったことがない人にとって、FXは未知の領域であり、

 

  • 始めるにあたって、どれだけの資金がいるのだろうか
  • どのくらいの資金であれば、リスクなく取引することができるのだろうか

 

 

などと、資金管理に関して不安な気持ちを持っている方も多いかと思います。

 

 

確かに私自身も、FXを始める前は、どのくらいの資金が必要なのかを把握することができず、今思えば危険な資金管理の中、取引を行っていましたね。

 

 

FXは口座を開設するだけで、簡単に始めることができる投資ですが、その分お金の出入りがとても激しく、資金管理能力がかなり問われるものです。

 

 

そのため、ここからは「FX初心者の方はどのくらいの資金から始めた方がいいのか?資金管理をする上で大切なことな何か?」について、お話していきます。

 

 

そもそもFXはいくらから始めることができるのか?

 

FXは、他の投資と比べて、少ない資金で始められるところがメリットとして挙げられます。

 

 

例えばですが、1ドルが100円の場合、1万ドルを買うには100万円もの大金が本来必要となってきます。

 

 

しかし、FXではレバレッジをかけることができるため、取引額と全く同じ資金を、始める前から用意する必要はないんですよね。

 

それどころか、資金の何倍ものポジションを持つことが可能になるので、資金が少なかったとしても、多額の金額を得ることが可能になるわけです。

 

 

FXは証拠金を担保として、何倍もの取引が行えるわけですが、なぜこうした取引が可能になるかわかるでしょうか?

 

 

それは、FXが売りと買いの差額だけをやり取りする「差金決済」だからです。

 

つまり、少額の投資が可能になっているのは、損失が証拠金の一定割合に達した時に、ポジションが強制的に決済される仕組みがあるからなんですよね。

 

 

基本的にFX会社では、1万通貨単位ごとに拘束する証拠金を定めているわけですが、具体例を用いて説明すると、1万ドルのポジションを持つには、最低4万円の証拠金が必要になるといったところになるということですね

 

 

また、1000通貨から取引できるFX会社であれば、必要となる証拠金の額も10分の1程度で済ませることができ、4000円から取引を行うことが可能になるということです。

 

※証拠金が必要となる額は、FX会社が法令の範囲内で独自に定めています。

 

 

資金管理の前にFXのレバレッジについて具体的に解説

 

次に「FXのレバレッジ」について具体的にみていこうと思います。

 

 

例えばですが、1万ドルの取引に必要な証拠金の額が4万円の場合、4万円の資金があれば、1万ドルのポジションを持つことは可能です。

 

というのも、FXの場合、最大25倍までレバレッジをかけることができるからですね。

 

 

ですので、この例で言えば、証拠金の額の25倍のポジションを持っているということになるので、かけているレバレッジは最大の25倍ということになります。

 

 

FXではギリギリの資金で取引をしてはならない?

 

 

先ほど、FXのレバレッジは最大25倍までかけることができるとお話しましたが、だからと言って、安易に最小限の証拠金でめいっぱいのポジションを持つことは、非常に危険な取引であると言えます。

 

 

なぜなら、証拠金に余裕がほとんどないわけで、仮に少しでも予想したことと真逆の方向に相場が動くようなことがあれば、必要な証拠金の額が足りなくなってしまい、取引を強制的に終了させられることになるからですね。

 

 

 

では逆に、口座に必要以上の証拠金の額を入れておければどうでしょう?

 

必要となる証拠金を上回る額を入れておくことができれば、相場変動を受け入れる余裕が生まれるわけなので、証拠金の額が多いほど、含み損が出たとしても、長期的に取引を行うことができると言えますよね。

 

 

 

ただし、注意したい点としては、資金の額の大小が全てではないということです。

 

 

基本的にFXで投資を行う際は、最低でも4〜5万円程度の資金があれば始めることができると言われているが、人によっては、4〜5万円が大金であると捉えているわけで、そういった人たちがFXをやるとなれば、リスクの適切な管理が難しいと考えられます。

 

 

では、4〜5万円が大金であると捉えている人たちは、FXを諦めるしかないのかと言うと、そういうわけではありません。

 

最近では、1000通貨単位で取引できるFX会社が増えているので、4000円程度で取引を行うことができるんですよね。

 

 

ですので、こうしたところを利用すれば、ポジション量を抑えることができ、同時にリスクを最小限に抑えた取引も可能になってくると言えるでしょう。

 

 

 

FXを始めるにあたっての資金管理で一番重要なことは、レバレッジの倍率の大小ではなく、「許容できる損失額はどのくらいで、その額であれば、どれだけのポジションを持って、相場がどのくらい動いた結果に相当するか?」を、始める前にしっかりとシミュレーションするということです。

 

 

確かに、レバレッジの倍率が低ければ、多額の資金を投入してもいいと考えてしまいがちですが、そこだけを見てしまえば、予想以上の額を損失してしまうことになりかねないです。

 

 

適切に資金を管理するには、必ず資金とポジション量と損益のバランスを適切に見極めることが重要ですので、是非頭に入れておいて下さい。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事