マーチンゲール法と逆張り手法を組み合わせた攻略法を解説!勝率はどれぐらい?

 

どうもインベスターS.Tです。

 

マーチンゲール法」はカジノを行う際に、最終的に勝てば必ず利益を出すとして有名な掛け金の方法です。

 

ハイアンドローという投資から、マーチンゲール法をバイナリーオプションで利用する人もいます。

 

また、逆張りもバイナリーオプションでは人気の手法であり、サイトを見ると逆張りを進めているものが多いことから、順張りよりも利用しているトレーダー多いかもしれません。

 

そこで!

今回は、「マーチンゲール法と逆張りを合わせたときの勝率」について解説していきます。

 

マーチンゲール法を利用するメリットとは?

 

 

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法は主に、勝率が50%で用いられる賭け方であり、配当も2倍のギャンブルで使用します。

ただ単に負けた場合、2倍にしていくという分かりやすい賭け方であり、これがマーチンゲール法を利用するメリットです。

 

負けた場合は、前回賭けた金額の2倍を掛け金にしていくだけですので、1,000円、2,000円、4,000円、8,000円と、負ければ倍にするという、とても簡単な計算になります。

 

 

マーチンゲール最大のメリット

そして、マーチンゲール法の最大のメリットは、最後に勝てば利益が出るという点です。

一度勝てば、すべてをチャラにすることができます。

理論上では必ず利益が出せる手法で、たとえ1勝5敗で勝率が20%の手法であろうとも、5連敗後で最後に1勝したのであれば、結果的には必ず利益が出ています。

5回目の掛け金は16,000円、勝てば32,000円で払い戻しされ、それまでの使用金額の累計が31,000円となり、必ず1,000円の利益が出ていることになるのです。

理論上は、途中で止めることが無ければ、絶対に負けない手法です。

それが、マーチンゲール法の最大のメリットで言えるでしょう

 

逆張り手法を利用するメリットとは?

 

逆張りは、「上がってきたから、そろそろ下がりそうと考えてエントリーを行う」という手法であり、バイナリーオプションでは人気の取引手段となっています。

為替は一方通行に動かず、必ず上下に揺れながら大きく動くことから、そのタイミングをはかりエントリーを行うのです。

 

 

逆張りのメリット

逆張りのメリットは、エントリーポイントが分かりやすいという点です。

逆張りがあるからこそ、初めて投資を始める人もいるくらい、手軽にバイナリーオプションを開始することができます。

 

おすすめの相場とは?

また、逆張りがおすすめの相場は「レンジ相場」です。

為替の値動きの7割が「レンジ相場」と言われていることから、数秒間で勝敗が決まるバイナリーオプションには、多くのエントリーチャンスが訪れるとも言えるでしょう。

この点が、逆張り手法を利用するメリットとなっています。

 

マーチンゲール法と逆張り手法を組み合わせた攻略手法とは?

 

 

マーチンゲール法を最後まで利用すると決めたのであれば、細かい手法にとらわれてはいけません。

 

細かい手法にとらわれてはいけない理由とは?

バイナリーオプションは、ハイかローを決めるだけの投資です

理論上は、必ず負けないマーチンゲール法を利用するのですから、細かい手法を考えて、取引する回数が減る方が問題ではなく、逆張り手法はある程度の方法で十分問題ありません。

本来バイナリーオプションを行う場合は、いかにエントリー回数を減らして負けないことを考えることが大事ですが、そのためには取引回数が減ることになります。

しかし、これはマーチンゲール法には不要の考え方です。

 

 

カジノのルーレットを思い浮かべて考えると?

マーチンゲール法を利用する「カジノのルーレット」を思いうかべてください。

次から次に行われるルーレットで難しい予想をしていると思われますか?

逆に、勝負の場を選んでいては、マーチンゲール法を利用する意味がありません。

ほとんどか確率で勝負をされているはず、それと同じで手法にこだわるあまり、エントリー回数を減らすほうが、マーチンゲール法を活かせないことになるのです。

そのため、逆張りの手法は簡単なものでOKです。

 

 

おすすめのエントリー手法とは?

おすすめの手法は、ボリンジャーバンドの2σにタッチした場合に、逆張りを行うという手法です。

ただし、レンジ相場であることが条件ですので、この点だけ注意してください。

マーチンゲール法とボリンジャーバンドのσタッチで攻略を行いましょう。

 

組み合わせたら勝率はどのくらい上がるのか?

 

理論上は絶対に負けることの無いマーチンゲール法を利用するのですから、勝率はなかなかです。

資金が底をつかなければ、必ず最終的には利益が出ます。

 

逆張り手法でマーチンゲール法を行った場合の勝率は?

ボリンジャーバンドの2σタッチから逆張りを行う手法は、レンジ相場で行えば、勝率50%以上は必ず保てるはずです。

勝率50%以上の手法で5連敗する確率は「3.13%」になります。

さらに、10連敗する確率は0.098%と1%を切る確率となり、ほぼ起こることは考えられません。

これがマーチンゲール法の勝率です。

 

理論上最後に勝てば、利益は必ず出ることから、勝利が下がることがありません。

勝つまで止めない」という考え方こそが、「マーチンゲール法」です。

 

マーチンゲール法でエントリーする際の注意点

ただし、もし途中で止めしまった場合、大きな損失となります。

マーチンゲール法は負けてる間に絶対に中で止めてはいけない手法ですが、しっかりと守りきることができれば、勝率は100です。

 

マーチンゲール法と逆張り手法に関するまとめ

 

マーチンゲール法は、たとえ逆張りで10連敗していても、最後に勝てば、それで1戦1勝0敗と考えます。

 

最初に勝負を始めたときから勝利するまでが1戦」という考え方ですので、つまりは、最後に勝利した箇所が勝負の終了です。

こう考えますと、負けない手法というのが分かります。

ゆえに、勝率が100%なのです。

 

負けを認め途中で止めなければ、理論通りとなります。

途中で止めた時点で、それはマーチンゲール法と言えなくなるのです。

 

ただし、バイナリーオプションではペイアウト率があり、2倍の返金となりませんので、その点は掛け金を少し変更するようにしましょう。

 

 

掛け金の計算方法について

バイナリーオプションでマーチンゲール法を行う際の掛け金の計算方法は、

(1,000円+前回までの累計損益)÷(ペイアウト率-1)となります。

 

これで勝利すれば、必ず1,000円の利益がでますので、参考にしてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事