バイナリーオプション取引で勝率上げるにはボラティリティを理解すべき?勝率を上げるためには?

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションで勝率を上げるには、「ボラティリティ」を理解するのが重要と言われる人がいます。

 

ただ始めて間もない人は、

そもそもボラティリティって何?

まだそこまで分かってないよ

と思われる、それは仕方ないことです。

 

バイナリーオプションを学ぼうとすると、どうしてもインジケーターやローソク足の状態に目がいってしまい、ボラティリティを後回しにしている傾向があります。

 

重要なポイントならば、しっかりと理解し実践で利用できなければ、勝率を上げることなどできません。

 

そこで今回の記事では、「バイナリーオプションで重要な、ボラティリティ」について解説していきます。

 

ボラティリティとはどんな意味か?

 

 

ボラティリティとは、為替相場における価格変動の変動幅の大きさを示す「変動率」のことになります。

 

ボラティリティの高い低いについて

為替の変動幅が大きくなるとボラティリティが高いと言え、変動幅が狭くなれば、ボラティリティは低いと判断するのです。

簡単に言うとチャートを見ているとき、

・ローソク足がどんどん動いている状態であり、これが「ボラティリティが高い状態」と言えます。

・逆に、まったくローソク足が動かない状態が「ボラティリティが低い状態」となります。

 

ボラティリティが高い」ということは、多くの売買が行われているということであり、つまりは、何かしらのきっかけがあった状態であると考えられます。

(例えば、要人発言や経済指標発表などが考えられるのです。)

 

また、「ボラティリティが低い」ということは、市場の参加者が少ないということや、どっちの価格に行くのかトレーダーも様子見をしている状況というのが分かります。

 

バイナリー取引ではボラティリティを理解することが重要?

 

バイナリーオプションでは、ボラティリティは重要です。

先ほど説明しましたが、ボラティリティが低い状態というのは、ローソク足が動いていない状況です。

 

同値は負けになってしまう?

たとえ動いたとしても、同じ価格帯を行ったり来たりする状態ということであり、これはバイナリーオプションにおいては、取引を行うのを控えた方が良いと判断できます。

なぜなら、バイナリーオプション業者では、ほとんどがペイアウト率を高くするため、同値はトレーダーの負けになるからですね。

掛け金没収として取引を行っているのです。

もし、30秒取引でエントリーをしたとき、まったく動かずに終了を迎えたらどうでしょう?

はっきりと言って、腹が立ち、冷静な判断ができなくなります。

 

 

ボラティリティが低い時にエントリーを控えるべき理由①

また、ボラティリティが低い時は、ちょっと上がったと思ったら、すぐに元の価格に戻ることがあるのです。

30秒や1分取引の間に、自分のエントリーした方へ動いてたとしても、最終的に同値にもどり引き分け没収となる可能性も高くなります。

 

 

ボラティリティが低い時にエントリーを控えるべき理由②

さらに言えば、ボラティリティが低いと、トレーダーも悩んでいると考えられることから、予想がしづらくなり、テクニカル分析が役に立たなくなることもあるのです。

「動いていないものがいつ動くか?」を当てるよりも、「動きがあるものがどちらに行くのか?」を当てる方が楽だと思いませんがか?

 

動いていないものを左右どちらかに行くかを予想するのは、

動き出すタイミング

右に行くのか

左に行くのか

と3点考えなければいけません。

 

動いているのであれば、

右に行くのか

左に行くのかの

の2点を予測するだけで済むのです。

 

これが、ボラティリティがある方が有利をとなる理由になります

 

バイナリーオプションで大事なこと

バイナリーオプションは勝つことを求めるより、負けないようにするのが大事ですので、そのためにもボラティリティの高い相場で勝負することを意識するのが大切になります

 

ボラティリティを把握して勝率を上げる手法とは?

 

 

ボラティリティを把握しておくと、手法も変わってきます。

 

・ボラティリティが低

バイナリーオプションにおける取引を行ってはいけません。

 

・ボラティリティが中

「レンジ相場」と考え、逆張り手法で取引を行う。

 

・ボラティリティが高

「トレント相場」と考え、順張り手法で取引を行う。

 

このようにボラティリティの高さにより、その時の取引手法にあったものを利用すると、勝率は上がってくるはずです。

 

 

ボラティリティが把握できると得られるメリット

ボラティリティは、市場の開いたばかりのときや、経済指標発表などがあると、高くなる傾向があります。

逆に、価格も最安値や最高値に近くなく、動く要素がない時は低くなるのです。

ファンダメンタル面や、ローソク足の位置からボラティリティを把握することも可能で、その時の動きによって手法を変えれば、勝率も上がってきます。

また、自分が順張りよりも逆張りに強いのであれば、レンジ相場のみで勝負を行い、負けそうなトレンド相場では控えるという方法もでき、これにより負ける回数を減らせ勝率が上がることになるのです。

ボラティリティを把握することにより、勝率を上げることができます。

 

バイナリー取引とボラティリティに関するまとめ

 

FXでボラティリティが低い時は、勝っても負けても利益や損失は低いと言えます

逆に、ボラティリティの高い状態で取引を行えば、利益や損失も高くなるのです

 

バイナリーオプションでは、ボラティリティが低いと負ける可能性が高くなります。

 

ボラティリティが高くても、1回のエントリー金額を変更しなければ、利益や損失が変わることはありませんが、少なくとも引き分けの可能性が無くなるため、利益を得るチャンスが高くなることが分かります。

 

ボラティリティの高さに関して言えば、FXでは利益、バイナリーオプションでは、勝率に深く関わってくるのです。

 

 

バイナリーオプションで利益を上げるために

バイナリーオプションでは、取引の勝率が上がっていく場合、エントリー金額を変えさえしなければ利益は上がります。

ですので、バイナリーオプションで投資を行うときは、必ずボラティリティを意識するようにしましょう。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事