ローソク足の組み合わせを分析してバイナリーを攻略するには?勝率が上がる組み合わせを解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

為替を分析する上で最も大切なのは「ローソク足」です。

 

 

ローソク足を理解せずにFXを始めるのは無謀です。

 

つまり、バイナリーオプションを始める方もローソク足に精通していなければいけないのです。

 

 

多くのインジケーターもローソク足の値を元に作成されているのですから、その理由もうなずけます。

 

 

ローソク足を理解し、インジケーターを補助的に使用できればバイナリーオプションでの勝率もしっかりとあげていくことが出来るのです。

 

そこで!

今回は「ローソク足の組み合わせで勝率を上げる手法」を解説していきます。

 

 

ローソク足シグナルを紹介!

 

 

実はローソク足は日本で発祥し、海外の投資家に見やすいという理由から浸透したものなのです。

 

1本のローソク足から分かる情報は次の4つになります。

 

ローソク足から分かる情報
始値…ローソク足出現の最初についた価格
終値…最後についた価格
高値…最も高い価格
安値…最も低い価格

 

始値よりも終値が高い価格で終了した場合は「陽線」、安い場合は「陰線」と呼ばれています。

 

 

ローソク足の構成は「上ヒゲ」、「実体」、「下ヒゲ」から表示されているのです。

 

この陽線、陰線、上ヒゲ、実体、下ヒゲからシグナルを読み取るという訳なのです。

 

 

これを踏まえたうえでシグナルを確認していきましょう。

 

シグナル種類一覧
大陽線…実体が大きく陽線で表示されたローソク足、買いの勢いが強く継続する可能性がある買いシグナルです。
大陰線…実体が大きく陽線で表示されたローソク足、売りの勢いが強く継続する可能性がある売りシグナルです。
丸坊主
陽の丸坊主…上下のヒゲがなく陽線の実体のみのローソク足、最も買いが強く継続する可能性がある買いシグナルです。
陰の丸坊主…上下のヒゲがなく陰線の実体のみのローソク足、最も売りが強く継続する可能性がある売りシグナルです。
影線
上影陽線…上ヒゲが長く実態は短い陽線、一旦は上昇したものの売りが強く下がり、最後にちょっと上昇した売りシグナルです。
上影陰線…上ヒゲが長く実態は短い陰線、一旦は上昇したものの売りが強く下がった売りシグナルです。
下影陽線…下ヒゲが長く実態は短い陽線、一旦は下降したものの買いが強く上がった買いシグナルです。
下影陰線…下ヒゲが長く実態は短い陰線、一旦は下降したものの買いが強く上がり、最後にちょっと下降した買いシグナルです。
トンボ…下ヒゲが長く実態が上でほとんどないローソク足、始値から一旦は下降したが、戻りの強さが非常にある買いシグナルです。
トウバ…上ヒゲが長く実態が下でほとんどないローソク足、始値から一旦は上昇したが、戻りの強さが非常にある売りシグナルです。
十字線…上下のヒゲが均等で実態が中心でほとんどなローソク足、トレンドの転換シグナルです。

 

 

16酒類ほどローソク足にはシグナルがありますが、分かりやすく大事なローソン足をご紹介しました。

 

エントリーの参考となるローソク足の組み合わせはいくつある?

 

それでは次に、ローソク足の組み合わせを紹介していきます。

 

ローソク足の主な組み合わせ一覧

  • 「包み」
  • 「はらみ」
  • 「かぶせ」
  • 「あて首」
  • 「入り首、差し込み」
  • 「切り込み」
  • 「出会い」
  • 「毛抜き底」
  • 「毛抜き天井」

などがあります。

 

以上が実際に参考となるローソク足の組み合わせになります。

 

 

全てを最初に覚えようとすると訳が分からなくなり、見るのも嫌となる可能性がありますので、デモ取引をしながら楽しく学ぶようにしてみましょう。

 

実際に動いているチャートを見ながら、シグナル通りに行くのかを確認することが早く理解するコツとなります。

 

バイナリーが攻略できる!一番オススメのローソク足の組み合わせとは?

 

 

バイナリーオプションで最もお勧めなローソン足の組み合わせは「包み」です。

 

包みとは?
包みとは、1つ前の足をローソン足をすっぽりと包むように現れた2つのローソク足の組合わせのことです。
これは前のローソク足の強さを打ち消すほどの力が次のローソク足に備わったということ、つまりこの包みが出現したら、見ているチャートの時間と同じ取引分数で順張りエントリーをする手法となります。

 

この手法のお勧め点は、とても分かりやすいということです。

 

 

ローソク足には色々な組み合わせがあり、中には分かりにくいものもあったりするので、出現したとしても理解するのに時間がかかる可能性もあります。

 

そのためにも、分かりやすい組み合わせと勝率の高いものを選ぶのです

 

 

他にも組み合わせとは少々違うかもしれませんが、実体の長い陽線が3本続いたら順張りエントリ―など、分かりやすい手法ではないでしょうか。

 

ローソク足で攻略するポイントは、間違いなく「理解してエントリーしているかどうか?」というところになります。

 

 

必ず図解通りにローソク足が出現する訳ではありません。

 

図解で覚えるのではなく、内容をしっかりと理解しておく必要があるのです。

 

ローソク足の組み合わせからエントリーする際の注意点とは?

 

例えば、ローソク足の組み合わせを理解するのに、1分かかるとしたらどうでしょうか?

 

バイナリーオプションは、決められた時間の未来チャートを予想し勝負するものです。

 

つまり、1分後のローソク足を予想するのに1分かかっていたら、それはもう予想ではなく結果が表れている状態なのです。

 

自分の得意な組み合わせを見つけることが大切!
バイナリーオプションは短期取引が魅力ですので、いちいちローソク足の組合わせを確認しながらチャートを見ていたら、追いつかない勝負となります。
全ての組み合わせを理解し実戦で試そうとすると、エントリ―に間に合わないこともあります。
自分の得意な組み合わせを見つけ、それを何度か実戦し段々と増やしていくこれの繰り返しが重要なのです。

 

 

ローソク足の図解を見て理解を深めようとするのではなく、生きたチャートを見ながらデモ取引で学んでいくようにしましょう。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事