買いオペと売りオペとは何か?意味をわかりやすく解説!使い方やバイナリーとの関係性は?

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

経済に関係するニュースで「買いオペ」と「売りオペ」という言葉を耳にすることがありますか?

 

ただ聞いてるだけで、「この言葉には誰のどのような行動を表しているか?」をご存知でしょうか。

 

 

そのため!

今回の記事では、「買いオペと売りオペについて解説、バイナリーオプションとの関係性」について考えていきます。

 

買いオペの意味とは?

 

買いオペとは、買いオペレーションの略語で、日銀が市場から国債を買うことを言います。

 

買いオペの概要

日銀のサイトを確認すると、「資金供給オペレーション」という呼び方が使用しれていました。

日銀が民間の金融機関から国債を買うという行為は、日銀の保有しているお金が市場に出回ることになります。

市場に出回るということは、通貨が増えるということであり、つまり通貨の価値が下がるこになり、その結果、金利が下がるということにつながるのです。

 

 

買いオペを行うとどうなるのか?

買いオペを行うということは、金利を下げお金を借りやすくすることになります

お金を借りる人が増えれば、個人ならば住宅の購入、企業ならば設備に投資を行うようになります。

その結果、企業の生産量が増え、そのために雇用を行い、個人の購買意欲が増し経済が活性化していくというわけです。

 

売りオペの意味とは?

 

売りオペとは、売りオペレーションの略語で、買いオペの逆を意味しています。

 

売りオペの概要

日銀のサイトでは、「資金吸収オペレーション」という呼び方が使用されていました。

資金吸収と言われる通り、市場に出回った通貨を吸収すること、市場から通貨を減らす行動になります。

これは買いオペとは逆で、日銀が民間の金融機関に国債を買ってもらい、多くで回った通貨を回収していく行動になります。

 

 

売りオペを行うとどうなるのか?

売りオペを行えば、買いオペと逆の状況が発生します

通貨の価値が上がることで金利が上昇、お金が借りにくくなるのです。

その結果、お金がたぶつくことを減少させ、経済を引き締める効果につながります。

 

 

買いオペと売りオペの両方を行うと?

この買いオペと売りオペを行うことで、景気や物価を日銀がコントロールしているというわけです。

買いオペを行った方が経済が活性化するならば、ずっと買いオペを行うほうがいいと考える人もいるかもしれません。

ただ、買いオペを続けるということは、円の価値を下げていく行為になるので、輸入業者に影響を与えてしまいます。

さらに、日銀が通貨を保有していないという状況は、さらに経済が悪化したときの手立てがなくなってしまうのです。

そのため、景気が回復傾向になった場合は、必ず売りオペを実施し、次の緊急時に備えておくという大事な行動なのです。

 

為替はどう動いていくのか?

 

 

買いオペと売りオペを日銀が実施すると、為替にも影響が現れます

 

買いオペを行うと為替はどうなる?

買いオペを行うということは先ほども説明したとおり、市場に円が多く投入されることであり、つまりは、円の価値が下がることです。

円の価値が下がれば金利が下がることから、投資家は円ではなく別の通貨に投資しようと考えます

その方が金利が高く、利益を多く見込めるというわけです。

その結果、円安方向に進んでいくということになります。

 

 

売りオペを行うと為替はどうなる?

では、売りオペが行われたらどうなるでしょうか?

円を保有したほうが利益が多く得られると考えれば、円を購入する投資家が増えてきます

先ほも説明したとおり、買いオペと逆の状況になることから、円高方向に為替は動いていくことになるのです。

 

バイナリーオプションとの関係性はあるのか?使い方は?

 

 

「買いオペ」と「売りオペ」が実施されれば、為替が動くことから、バイナリーオプションにも関係してくるのは間違いありません。

日銀が買いオペを行うと金利が下がり、為替が円安方向に進むというのが昔からの流れでした。

 

ただ最近は、「金利の低下を待たずに、日銀が予定通り買いオペを行うとなれば、為替が円安方向に進んでいく」という現象も起きているようです。

 

 

「買いオペ=円安」とはならない?

日銀の買いオペオファー日には、すでに円安方向に為替が進んでいるのです。

ただ、このような状況から、「買いオペ=円安という考え方ができなくなってきてます。

 

 

「買いオペだから」と決めるけることは危険?

日銀が途中で、買いオペ金額を予定よりも減額すれば、円安方向から円高方向に切り替わるときもあります。

買いオペを実施する前から円安方向に動いているため、急遽減額となれば、逆に円高に動くこともあるのです

つまり、買いオペだからと言って、必ず円安になると決めつけることはできません。

もしそれができれば、投資は簡単で、だれもが利益を出すことができるようになります。

また、ファンダメンタル分析には、ほかの国際情勢も関係してきます

日銀の買いオペオファー日に、他国でそれ以上の出来事が起これば円安に進まず、円高になることもあるのです。

買いオペだから必ずこうなる」と、決めつけることはできないというわけです。

 

「様々な経済指標から、投資家の心理を読み取り、為替がどちらに進んでいくか?」を分析しバイナリーオプションへ活用していきましょう。

 

買いオペと売りオペに関するまとめ

 

「買いオペ」と「売りオペ」は、経済に大きな影響を与えます。

そのため、為替にも影響が現れることになるのです

 

ただ、買いオペだから為替がこう動くと決めつけることはできません。

どれくらいの金額でそれは予定通りなのかなど、調べないといけないは沢山あります。

 

 

バイナリーオプションで利用する場合

ファンダメンタル分析を行い、「今の為替がどちらの方向に進みやすいのか?」を把握しておくと、エントリーがしやすくなります。

バイナリーオプションを行う日は、必ず経済指標がないか確認をするようにしておきましょう。

「買いオペ」と「売りオペ」が原因で、テクニカル分析と逆方向に動くことも考えることができるのです。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事