【UrbanTowers】バイナリー無料サインツールの使い方や評判から攻略法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「Urban Towersの概要や取引での使い方、Urban Towersの評判、UrbanTowersの攻略法、検証結果」について説明していきます。

 

無料で精度が良いツールを使いたい

トレンドの見極めが容易にできるツールを求めている

順張りを適用するツールで取引したい

 

などといった方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

UrbanTowersとはどんなサインツール?

 

Urban Towers」とは、無料でMT4及びMT5にダウンロードできるシグナルツールのことをいいます。

 

シグナルツールの特徴

シグナルツールとは、シグナル(矢印)がチャート上に表示され、その矢印に従ってエントリーするツールのことです。

シグナルツールは基本有料なものが多く、その多くが高額なものとなります。

しかし、高額な分しっかりと稼げるのかというと、必ずしもそうとも限りません

そのため、ツールを買うだけでもリスクを負うことになり、その金額分まずは稼がないといけないという心情に陥ってしまいます。

 

Urban Towersの特徴

ただですね、このツールは有料ではなく無料ですぐにダウンロードすることが出来るので、買った分のお金が無駄になったというリスクを未然に防ぐことが出来ます。

なお、このツールではトレンドに沿った順張りを適応させるので、トレンドが強い時にエントリーするとより勝率が良くなります。

トレンドの強さがわからないという方でも、6つの移動平均線が自動的に引かれるので、それを元にしてトレンドの強さを判定することが出来るようになります。

 

UrbanTowersの使い方について

 

 

Urban Towersの使い方は、とても簡単です。

 

裁量トレードでは、自分の判断だけでエントリーポイントを見つけなければなりません

そのため、取引をする際は常にチャートを見ておかなければなりませんし、投資を始めたばかりの初心者の方が、裁量トレードをしてしまうとかなりの確率で負けてしまい、十分に稼ぐことが出来なくなってしまいます。

 

Urban Towersを利用するメリット

裁量トレードを身につけるためにはかなりの時間と場数が必要となります。

しかしですね、このUrban Towersは裁量トレードではなく、矢印が表示されるシステムトレードですので、自分でエントリーポイントを探す必要がなくなります。

矢印に従ってエントリーするだけですので、あまり経験値は必要なく、投資を始めたばかりの初心者でもすぐにエントリーすることができ、利益をしっかりと出すことができます。

 

 

エントリーポイントについて

矢印が下向きになっていれば次の足で「ローエントリー」をし、上向きになっていたら次の足で「ハイエントリー」をします。

矢印の向きを確認するという作業だけで、高勝率を出すことが出来るのです。

 

UrbanTowersの評判はどうか?

 

Urban Towersの口コミをインターネットにて検索しましたが、無料ダウンロードツールですのでコメント欄等はなく、確認することは出来ませんでした。

 

Urban Towersの設定について

ダウンロードする際は、インターネットにて「Urban Towers バイナリーオプション」と検索してファイルをコピーします。

コピーしたものをMT4もしくはMT5の「挿入」から「インジケーター」に貼り付け、再起動させた後ナビゲーターからチャートに移せばダウンロード完了となります。

パラメータは特にいじらなくても大丈夫ですが、自分にあまり合わないパラメータであれば、自分で調整できるので好みのものに仕上げられます。

 

UrbanTowersを利用したバイナリー攻略法とは?

 

 

Urban Towersには、6つの移動平均線が表示されます

レンジ相場時は、6つの移動平均線が混じりあってしまいますが、トレンド相場であれば、6つの移動平均線が一定の幅を持ちながら上下に向かって伸びていきます。

 

Urban Towersはトレンド相場で利用すべき?

Urban Towersを使った取引では、順張りを適応させるため、「トレンド相場」でエントリーすると勝率が良くなります。

この6つの移動平均線が混じりあっている状態ではなく、上下どちらかに向かっていて、1本1本の線の幅がある程度広い状態でエントリーすることが理想とされます。

レンジ相場なのにサインが出てしまった場合は、個人でスルーをする必要があります

予めデモトレードを用いて練習しておくと良いです。

 

UrbanTowersの勝率を検証してみると?

 

実際にUrban Towersを使って取引してみた結果、勝率はマーチン込みで「85%」ほどとなりました。

やはりレンジ相場での勝率は悪く、トレンド相場、特に強いトレンド時にかなり勝率が良くなります。

 

全てのサインに従ってエントリーするのではなく、エントリーする前に「今の相場がトレンド相場であるかどうかを確認し、トレンド相場の状態でサインが出たらエントリーする」ということを心がけておく必要があります。

 

 

勝率を上げるポイント

勝率を大きく左右させるのは、レンジ相場でのサインの回避です。

このツールに関して十分に理解せず、条件を無視してエントリーしてしまうと勝率は大きく下がってしまいます。

 

特に初心者の方は、一つ一つの確認を入念にこなす必要があります。

 

UrbanTowersバイナリーサインツールに関するまとめ

 

本記事では、「UrbanTowersバイナリーオプションツールの概要や使い方、UrbanTowersの評判及び攻略法、実際に取引で使ってみた結果」について説明しました。

 

UrbanTowersの概要まとめ

UrbanTowersとは、無料のシグナルツールです

無料の分精度が落ちるわけでもなく、条件通りエントリーすらばかなり高い勝率を出すことができます。

エントリー条件としては、まず1つ目にトレンド相場であることです。

特に強いトレンド時にはより高い勝率を出すことができます。

そして2つ目に、サインが出たことです。

この2つの条件を満たしていれば高勝率を出すことができるようになります。

 

 

UrbanTowersで勝率を上げるポイントまとめ

UrbanTowersには、サイン以外にも6つの移動平均線が表示されます

この6つの移動平均線が上下どちらかに向かって伸びており、なおかつ6つの移動平均線の幅が広ければ広いほど勝率が伸びます。

サインが出たらがむしゃらにエントリーするのではなく、相場がトレンド相場かどうかを確認するという作業を行う必要があります。

 

このツールを最大限に生かすためには相場の見極めが不可欠となります。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事