ドルインデックスとは?MT4チャートの見方やバイナリー取引での使い方について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

FXやバイナリーオプションをやっている方、もしくは、これから始めようと考えている方に是非覚えてもらいたいのが「ドルインデックス」です。

 

まったく聞いたことがないという方も、聞いたことはあるけれども、なんのことかわからないという方は参考にしてみてください。

 

今回は「ドルインデックスについてや、ドルインデックスを用いてチャートをどう見るのか?、バイナリーのトレードでどのように活用するのか?」をまとめました。

 

ドルインデックスとは?意味を解説!

 

 

まずは「ドルインデックス」がどういうものか解説します。

 

ドルインデックス(またはドル指数)というのは、米ドルそのものの価値を示すものです。

 

 

ドルインデックスの概要について

FXやバイナリーオプションを見てみるとわかりますが、普段は通貨ペアというものを選んで取引します。

例えばですが、「USD/JPY」や「EUD/USD」など、2つの通貨を比べた時の価値を示しています

 

一番身近な「USD/JPY」を例にとりますと、米ドルの価値が下がると「USD/JPY」は下がります。

1ドルあたりの円が減るためです。

 

そして、円の価値が上がっても同じく1ドルあたりの円が減ります。

これは、2つの通貨をペアとして見ているため、「片方が上がる、もう片方が下がる」など、どちらの動きに対しても反応します。

 

 

しかし、「ドルインデックス」というのは米ドル単体の価値なので、純粋に米ドルの価値がどれほどかということを示します

 

ドルインデックスの種類とは?

 

では、「どうやって総合的な米ドルの価値を示すのか?」というと、複数の通貨と米ドルを組み合わせて価値を算出します。

 

しかしこの算出方法、具体的には通貨の構成比が違うため「ドルインデックス」にも種類があります。

 

 

ドルインデックスの算出種類について
ドルインデックスは様々な機関で算出されていますが、ポピュラーなのは「ニューヨーク証券取引所」と「FRB」の2種類です。
ニューヨーク証券取引所」のドルインデックスの特徴は通貨数が少なく、ユーロの比率が高いということです。
つまりユーロや円、ポンドが大きく動いた場合はニューヨーク証券取引所のドルインデックスも大きく動く可能性が高いです。
そしてもう一つの「FRB(Federal Reserve Board)」、連邦準備制度理事会が算出するドルインデックスの特徴は通貨数の多さです。
26種類の通貨から算出しており、元やユーロ、カナダドルの構成比が多いのが特徴です。

 

ドルインデックスをMT4チャートで表示させる方法とは?

 

 

「ドルインデックスをMT4で表示したい!」という場合には、主に2種類方法があります

 

「DXY Dollar Index」を使う
1つは「DXY Dollar Index」というインジケーターを使う方法です。
このインジケーターの特徴はドルインデックスの推移をラインで示すという点です。
また、ドルインデックスの表示に加えてSMA(単純移動平均線)が表示されるので、ドルインデックスが今どのくらいの位置にあるのかを確認したい場合は活用するといいでしょう。

 

 

「USDX candle indicator」を使う
もう一つの方法は、「USDX candle indicator」というインジケーターを使う方法です。
先ほどの「DXY Dollar Index」と大きく違う点はローソク足でドルインデックスを表示するという点です。
「ラインよりもローソク足で細かい動きを見たい!」という方はこちらの方法をお勧めします。

 

 

これらのインジケーターはインターネットで検索すると、ダウンロードできるサイトがすぐに見つかるので、そちらからダウンロードしMT4に適用することで簡単に使用することができます。

 

ドルインデックスの見方とは?

 

 

ドルインデックスはテクニカル分析とは違う?

ドルインデックスは、他のインジケーターやテクニカル分析とは違い、あくまで大局的な動きを把握したい時に活躍する指数です。

そのため、「ドルインデックスがこう動いたからHIGHでエントリー」ではなく、「ドルインデックスがこう動いているから、どちらかというと、上昇の傾向があるかもしれない」くらいの感覚で見るのが良いです。

 

 

さらに、先ほど紹介した2種類のドルインデックスでも通貨の構成比が違うため、自分がよく使う通貨と関係が深い「ドルインデックス」を選ぶことが重要です。

 

 

他にも、ドルインデックスの更新頻度を確認しておく必要があります。

 

ニューヨーク証券取引所のドルインデックスはリアルタイム更新ですが、FRBのドルインデックスは1日毎に更新されます。

そのため、「どれくらいの頻度で見たいのか?」についても考えてドルインデックスを選ぶ必要があります。

 

ドルインデックスとバイナリーオプションとの関係性や使い方は?

 

バイナリーオプションでどのようにドルインデックスを活用するのかということに関してですが、一番最初に確認するくらいがちょうど良いでしょう。

 

どのように分析で使えばいいのか?
バイナリーに限らず、FXにおいても、まずは長期の足を確認して分析し、それから少しずつ短期の足を分析していきます。

その長期の足を確認・分析する段階でドルインデックスも確認しておくことで、流れを掴みやすくなります。

 

 

また、バイナリーオプションでは、取引できる通貨の種類がかなり少なくなるので、「どの通貨がどれくらいの構成比で設定され算出されているドルインデックスか?」がとても重要になります。

 

ニューヨーク証券取引所のドルインデックスの場合はユーロが半分以上の構成比なので、ユーロや米ドルをバイナリーの取引で使う時に使いやすいです。

 

ドルインデックスに関するまとめ

 

バイナリー初心者の方は、1分や5分の短時間勝負だからといって、短期の足しか見ないという方が多いです。

 

しかし、短期の足は中期の足、中期の足は長期の足に必ず引っ張られます。

つまり、1分足でどれだけ上昇トレンドでも5分足が下降トレンドなら、1分の上昇トレンドは長く続かないと判断することができます。

 

そのため、1分や5分の短い勝負だとしても、大局を捉えておくことがとても重要です。

 

 

大局を把握するための1つの手段として、今回解説したドルインデックスを取り入れてみると、相場を違った見方で見ることができるでしょう。是非試してみてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事